機能拡張できるプラグインが豊富!タイムラインが見やすい大人気の国産Twitterアプリ『twicca』

2011年09月14日 14:00 by プーペ
twicca

twicca

読みやすさ抜群の細部まで計算されたタイムラインをはじめ、表示機能、通知機能、さらには機能拡張用のプラグインまで備えた高機能Twitterクライアント『twicca』。BETAが外れて本格始動を開始しました。


ついっぷる for Android』や『HootSuite』のようなPCへの展開はありませんが、Androidスマートフォンに勝負の場所を絞った製作者の熱意がこもったアプリです。


追記:2011年9月14日に記事を追記しました。


twicca:タイムラインが閲覧しやすい

twicca:タイムラインが閲覧しやすい

とにかく見やすいタイムライン

Twitterクライアントの要ともいえるのが、タイムラインの見やすさ。ここが見にくいといくら便利でも使いませんよね。ほかのTwitterクライアントにはない独自の閲覧サポート機能も搭載し、タイムラインがとても閲覧しやすくなっています


メイン画面ではタイムラインが表示されますが、下部のアイコン切り替えで@返信やDMの閲覧もできます。


タイムラインを使いこなすコツ


  • カラーラベルフォロワーごとにカラーラベルを付けて、タイムラインで目立つようにできます。フォロワーが多くなってくるとタイムラインを追うだけでも大変なので、気になるフォロワーをカテゴリごとに色分けしておけば、見落とす心配もなくなります。カラーラベルの設定は設定したいフォロワーのツイートをタップして「カラーラベルを設定する」から行えます。設定できるカラーラベルは9色です。


  • リツイート公式リツイートされたツイートには、現在のリツイート人数も表示されます。人数の多さでツイートへの注目度もひと目でわかります。また、リツイートされたツイートをタップすると「リツイートしたユーザー一覧」も表示できるので、趣味嗜好の近いユーザを見つけてフォローの輪を広げましょう


  • デザイン外観設定でテーマを標準(黒)から白へ変更できます。暗いのが気になる方は白へ。その他、タイムラインやツイートの入力画面の文字サイズも変更できるので、見やすいデザインへカスタマイズしましょう。


  • スクロールタイムラインは上下のフリック操作以外に、ボリュームボタンの+・-でも移動できます。感覚的に操作してTwitterを楽しみましょう。


twicca:投稿機能ももちろん充実

twicca:投稿機能ももちろん充実

充実した投稿機能

タイムラインを眺めるだけがTwitterの楽しみではないですよね。自分でもどんどんつぶやいて情報を発信していきましょう。新規の投稿は下部の左にある「吹き出しアイコン」から行います。基本的なことですが、投稿できる文字数は全部で140文字。URLや画像を添付した場合、その文字も含めた文字数です。


投稿をサポートする便利機能


  • ハッシュタグ:過去に使ったハッシュタグの履歴を表示。毎回入力しなくても、ここからワンタップで入力画面へ反映できます。


  • 画像・動画添付:端末内に保存されている画像や動画の添付が行えるほか、その場で直接撮影して添付もできます。添付するファイルを選んだら「アップロード」で添付完了。


  • 位置情報:GPSを使ってツイートに位置情報を添付できます。位置情報の種類は「緯度経度」「住所」「GoogleマップURL」から選べます。


  • URLの短縮:ツイートの文字数が限られているので、URLは短縮機能を使って文字数を減らして投稿しましょう。


twicca:通知条件を細かく設定

twicca:通知条件を細かく設定

条件に合わせて通知設定できる

タイムラインが更新されるたびに通知していると、ステータスバーへの通知が止まらなくなります。通知設定から自分宛の@返信やDMがあったときにだけ通知することもできます


通知設定は「MENU」→「設定」の「通知設定」から行います。設定する項目は大きく分けて3つ。ステータスバーへの通知を設定する「表示設定」、定期的に新着ツイートの確認をする「定期新着チェック」、新着ツイートの通知方法を設定する「定期チェック時の新着通知方法」です。ほかにも通知に関する設定があるので、いろいろ設定してみましょう。


検索機能で話題のツイートをチェック

「MENU」→「検索」から気になるワードでツイート検索ができます。ただ、どんなワードが今話題になっているのかはなかなかわからないですよね。そんな時は話題のトピックから、今一番ホットなワードをチェックしましょう。


話題のトピックは、検索画面下部の右から2番目のグラフアイコンから探せます。デフォルトのままだと海外のトピックスも含まれるので「MENU」→「設定」の「検索/話題のトピック設定」で「地域の話題を使用する」を選択して、地域の選択を「Japan」にしましょう。設定が完了するとトピック欄に「Japanの話題」が追加されます。もし、そのほかの国のトピックが気になる場合は、その国名を設定すればOKです。


twicca:ホーム画面からもラクラク投稿

twicca:ホーム画面からもラクラク投稿

ウィジェットを使って簡単投稿

『twicca』にはウィジェット機能も付いています。ホーム画面に設置しておけば、ツイートしたいときに投稿画面をワンタップで起動して投稿できます。ほかにも@返信やDM、検索にも直接移動できるので、アプリを最初から起動する手間が省けて便利です。


twicca:専用プラグインが充実

twicca:専用プラグインが充実

プラグインアプリでさらに機能拡大!

『twicca』にはプラグインを追加して機能を拡大できる特徴があります。プラグインのカテゴリは大きく分けて「メディアアップロード」「検索キーワード」「ユーザー」「ツイート表示」「ツイート編集」の5つになっています。さらに追加できる機能によってプラグインは細分化され、2011年8月の時点でプラグインの種類は50を超えます。ここではオススメのプラグインをちょっとだけ紹介しておきます。


<総括>

Androidスマートフォンが登場してからTwitterクライアントアプリの最前線を走ってきた『twicca』のBETAが外れていよいよ本格始動を開始。タイムラインをはじめ、表示機能、通知機能、さらには機能拡張用のプラグインまで追加できる高機能さと使いやすさが魅力です。

twicca
Tetsuya Aoyama twicca 無料

『twicca』~機能拡張できるプラグインが豊富!タイムラインが見やすい大人気の国産Twitterアプリ~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ