ホーム > 特集 > アプリ特集 > Androidケータイを買ったら・・・この5アプリをインストール!:005 【設定アプリ編】
総合設定アプリから専門設定アプリまで取り揃え!

総合設定アプリから専門設定アプリまで取り揃え!

第5回目を迎えた本特集、今回は【設定アプリ編】です。Android端末は現在、Wi-FiやGPSから画面の明るさといった細かな部分まで、各種設定を環境に応じてユーザー自身で行わなければならない状況です。


そこで、 時にわずらわしい設定の数々を手助けしてくれる優秀なアプリを5つ厳選しました。どれも無料でリリースされているアプリです!


  1. Toggle Settings
  2. Quick Settings
  3. AudioManager Widget
  4. 音量設定[cVolume] Free
  5. Button shortcut


全体の設定を手助けしてくれるアプリを2つ、音量設定に特化したアプリを2つ、最後に端末の基本設定自体を変えてしまう超特殊なアプリを1つご紹介します!それでは、早速Let’s go together now!


-1. Toggle Settings-


日本国内で設定アプリの代名詞ともなっているのが『Toggle Settings』です。私の感覚だと、総合設定アプリの総本山的位置づけで君臨しています。それもそのはず、「この設定アプリには設定できない事などないのではないか?」というほど多機能です。そして今回注目したいもう1つの魅力は、扱いやすいインターフェイスです。


Toggle Settings: 本アプリのメインをなす2つのタブ

Toggle Settings: 本アプリのメインをなす2つのタブ


『Toggle Settings』の画面はデフォルトで2つのタブから構成されています。基本的にはこのタブを切り替えながら、設定を変更したい項目のアイコンをタッチするだけで切り替えが可能です。ONになっているアイコンには色味がついています。アイコン自体も分かりやすく、このタブに表示されている設定の切り替えだけで大体の設定はまかなえるのではないでしょうか。


Toggle Settings: 上部から引き出すとタスクの状況まで分かるようになっている。

Toggle Settings: 上部から引き出すとタスクの状況まで分かるようになっている。

また、タブの表示画面の上部にある「▼」の部分をタップすれば、バッテリーの情報から現在活動しているアプリまでが表示されます。起動中のアプリはここから終了させることもできて便利。タスクマネージャの要素まで用意されていることには驚きますね!


Toggle Settings: 「Settings」のメイン画面。これはまだまだ入り口にすぎない。

Toggle Settings: 「Settings」のメイン画面。これはまだまだ入り口にすぎない。

加えて、メニューボタン>「Settings」でさらに複雑な設定をすることができます。これらの機能を駆使することで、例えば、


  • 「会社にいる時は、着信音が鳴らないように配慮した設定にする。」
  • 「バッテリーが〇%以下になったら、省電力設定に自動でスイッチする。」


といった設定が可能になります。この「Settings」の詳細については過去のレビュー記事で詳しく紹介していますので、是非ご覧ください!


アプリレビュー&ダウンロードはこちら

『Toggle settings』設定コントロールアプリ~こちらAndroid管制塔!~



-2. Quick Settings-


Quick Settings: メイン画面。基本操作に迷うことはないと思います。

Quick Settings: メイン画面。基本操作に迷うことはないと思います。

『Toggle Settings』は間違いなく多機能で便利です。しかし、多機能がゆえに上級者向けの部分もあり、使いこなすのはそれなりに大変だと思います。そこで、おすすめしたいのが私も愛用している設定アプリ、『Quick Settings』です。『Toggle Settings』が総本山なら『Quick Settings』はコンビニのような感覚で使える設定アプリです。


『Quick Settings』は、ON/OFFの切り替えボタンを押すことによって各項目の設定を切り替えます。このシンプルかつはっきりとした表示の作りが、本アプリの魅力でもあると思います。


また項目によっては、ON/OFFの切り替えだけではなく設定状態の選択も出来る他、項目の英語表記文字部分をタップすることで、端末設定画面内の当該部分を表示してくれます。これによって、Wi-FiやGPS等の根本的な設定自体も素早く行えるようになっているので、「あの設定は、どこから進めば良かったかな・・・?」というわずらわしさからも開放されると思います。このあたりはアプリ名に偽り無し!ですね。


Quick Settings: 左:ON/OFFの項目だけではなく状態を選べるものも多い。 右:端末の設定画面の対応する場所にすぐに移動できる。

Quick Settings: 左:ON/OFFの項目だけではなく状態を選べるものも多い。 右:端末の設定画面の対応する場所にすぐに移動できる。


ああああ

Quick Settings: 「Customize」画面で設定項目「Unlock pattern」をメイン画面表示に移しているところ。

カスタマイズの範囲も限定的かつ容易で、メニューボタン>「Customize」と進んだ画面で、メイン画面に表示したい項目を指でドラッグ&ドロップするだけです。自分が必要とする設定項目だけをさっぱりとメイン画面に表示できます。


また、「若干動作が重くなってしまう」というコメントもある『Toggle Settings』に比べ、そのようなことは経験的にないように感じます。驚くほど多機能!というわけではありませんが、必要な設定項目や機能を不自由なく扱える設定アプリ、それが『Quick Settings』です!


-3. AudioManager Widget-


次にご紹介するのは音量専門の設定アプリ、『AudioManager Widget』です。このアプリはその名の通り、ウィジェットのカッコよさがウリのアプリです。音量に関する設定は、もちろん『Toggle Settings』ならびに『Quick Settings』にもあるものの、携帯端末で最も頻繁に変更を行う設定の1つが音量関係であることを考えると、このような専門的アプリを入れておくのも便利でクールだと思います。


AudioManager Widget: メイン画面。音量に関する設定は一通り揃っている。

AudioManager Widget: メイン画面。音量に関する設定は一通り揃っている。

メイン画面では、以下の音量の設定が可能です。


  • Alarm Volume ⇒ アラーム音量
  • Music Volume ⇒ メディア再生音量
  • Alerts Volume ⇒ アラート音量
  • Ringer Volume ⇒ 着信音量
  • System Volume ⇒ システム音量
  • Voice call Volume ⇒ 通話音量


それにしてもこのホーム画面、デジタル調でカッコいいですよね!これだけでもこのアプリを使う価値があるように感じますが、ウィジェットはもっとカッコイイですよ!


ウィジェットは「Large」と「Small」の2種類から選択できます。好みやホーム画面上のスペースにもよると思いますが、私は断然、「Large」がおすすめです。「Large」は4×1のサイズなので、すっぽりと端末の横幅に納まってくれますし、少し大きい分だけ表示が豊かです。ウィジェットを設置する時には、ウィジェットの自動更新の間隔「Refresh Rate」を決めることが出来ます。この間隔を狭くすれば音量設定を変えたときに早くウィジェットに反映されることになりますが、その分、バッテリーを消費することになるのでバランスを考えて時間を設定してください。


AudioManager Widget: 左:「Refresh Rate」設定画面。 右:上がウィジェット「Small」、下がウィジェット「Large」

AudioManager Widget: 左:「Refresh Rate」設定画面。 右:上がウィジェット「Small」、下がウィジェット「Large」


設置したウィジェットをタップすればメインの画像が開くので、そこから設定を変更することが出来ます。


アプリレビュー&ダウンロードはこちら

『AudioManager Widget』~音量問題はアプリで解決~


-4. 音量設定[cVolume] Free-


同じく音量の専門設定アプリで忘れていけないと思うのが、『音量設定[cVolume] Free』です。この音量設定アプリのポイントは3つあります。


  • 表記が日本語
  • バイブレーションモード・サイレントモード等に応じた音量の設定・認識が簡単
  • 生活シーンに合わせた音量設定のサンプルを準備


日本語表記は言わずもがな使いやすさに一役買いますが、後の2つがこのアプリを非常に実用的にしていると思います。


本アプリのメイン画面では『AudioManager Widget』と同じく、標準状態での音量の設定をスライダーを動かして調節します。また、画面の下に配置されたそれぞれ「バイブ」「サイレント」のボタ ンを押すことで、標準状態の設定を引き継いだ場合のバイブレーションモード時とサイレントモード時の音量設定の確認を素早く取ることが出来ます。


音量設定[cVolume] Free: 左:標準時の音量設定 右:標準時の設定を変えずにサイレントモードにした場合の音量設定

音量設定cVolume Free: 左:標準時の音量設定 右:標準時の設定を変えずにサイレントモードにした場合の音量設定

設定項目の下段にある「まとめて音量変更」は、本アプリ独自の機能で「設定」から表示することが出来ます。これは文字通り「まとめて各項目の音量を上げ下げする」機能です。例えば、この「まとめて音量変更」と「メディア音量」「システム音量」を連動させるようにすると、「まとめて音量変更」を動かすだけで、それらのスライダーも同じ割合だけ動くようになります。音量を個別に管理をするのが面倒だと思う方におすすめの機能といえそうです。


また、このアプリには生活シーンに応じた音量設定のサンプルリストが用意されています。そのリストのボタン、「NIGHT」や「TRAIN」を押すことで、そのま ま音量設定として利用できる他、様々なシーンにおける音量を調節する際の参考にもなります。また、このリストを自分用に編集することも可能です。


音量設定cVolume Free: 左:生活シーンに合わせた音量設定が用意されているのは嬉しい。 右:リストはより自分にあった音量バランスに編集できる。

音量設定cVolume Free: 左:生活シーンに合わせた音量設定が用意されているのは嬉しい。 右:リストはより自分にあった音量バランスに編集できる。


『AudioManager Widget』ほどカッコイイとはいえませんが、本アプリにもウィジェットが準備してあります。「サイレント>バイブ>標準」がタッチするごとに切り替わる非常にシンプルなウィジェットです。このウィジェットは大変使い勝手が良いと思うので、是非お試しください。


-5. Button shortcut-


最後にご紹介するアプリは、広義において設定アプリ、狭義においてはショートカットアプリに近いような特殊アプリ、『Button shortcut』です。


突然ですが、HT-03Aをお使いの方は、端末右下の「検索ボタン」を頻繁にお使いでしょうか?Xperiaユーザーの方は、端末右側面にある「カメラボタン」を押して頻繁に写真撮影していますか?同じ携帯端末であっても使い方は人によって千差万別、「そのボタン、あまり使っていない」という方も少なくなのでは?


Button shortcut: Xperiaの方はカメラボタン用へ、HT-03Aの方は検索ボタン用へお進みください。

Button shortcut: Xperiaの方はカメラボタン用へ、HT-03Aの方は検索ボタン用へお進みください。

そんな方におすすめアプリの『Button shortcut』は、端末内の細かな設定を変更するのではなく、これらの物理ボタンによって起動するアプリを変えてしまうアプリです。つまり検索ボタンやカメラボタンで起動するアプリを任意のアプリに設定できます。検索ボタンやカメラボタンをあまり使っていないという方は、よく使うアプリのクイック起動ボタンに変えてしまうというのはどうでしょうか?


設定は実に簡単です。端末の構成上、Xperiaユーザーの方はカメラボタンのみなので、メイン画面上の「Camera Button Long press」の下にある「Select an application」を押します。HT-03Aユーザーの方は、検索ボタンのみなのでメイン画面下の「Search Button Long press」の下にある「Select an application」を押します。


すると、インストールしてあるアプリの一覧が表示されるので、ここから代わりに起動させたい任意のアプリを選んでください。例えば写真撮影よりも電車の時刻の方が日々大切な方は、乗換案内などのアプリに置き換えるのはいかがでしょうか?


Button shortcut: 左:ショートカット設定できるアプリの一覧。 右: アプリを選んでアイコン等が表示されたら設定完了。

Button shortcut: 左:ショートカット設定できるアプリの一覧。 右: アプリを選んでアイコン等が表示されたら設定完了。


起動したいアプリを選択したら、それで設定は終了です。実際にボタンを長押ししてみると、Xperiaのカメラ起動ボタンが乗換案内ボタンに変わっています。実に面白くて実用的な設定変更アプリだと思います。尚、このアプリで起動するアプリの設定を変えると、デフォルト設定であった検索やカメラは起動しなくなります。これを戻したい場合は、本アプリのメイン画面で、「Select an application」を「Default」にすることなどで対応できます。


Button shortcut: 左:設定前は通常通りカメラボタン。 右:設定後は乗換案内起動ボタン!

Button shortcut: 左:設定前は通常通りカメラボタン。 右:設定後は乗換案内起動ボタン!


【設定アプリ編】と題してお送りした今回の特集、いかがでしたでしょうか?設定を行うのは時に面倒ですが、これを楽しめるようになったらAndroidライフは充実したものになると思います。また今回は、無料版のアプリをご紹介しましたが、現在『Toggle Settings』『AudioManager Widget』『音量設定[cVolume] Free』の各アプリは、有料版もリリースされています。無料版を試してみて気に入ったらそちらを使ってみるのも良いと思います。


尚、今回の特集のアプリは全てXperiaを使用してご紹介しまし た。お持ちの端末により、アプリが上手く使えない場合もあるかもしれないのでご注意ください。それでは次回の特集でお会いしましょう。ご案内はオクトバでした!See you next time!Bye!




記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。
アプリは端末の機種や設定により、正しく動作しない場合があります。

オクトバ

Androidアプリ紹介専門サイト「Androidアプリおすすめサイト オクトバ(octoba)」より、「Androidを盛り上げたい!」ということで出張レビューをしています。 是非、私達のサイトにも遊びに来てください!スタンダードから掘り出しものアプリのレビューまで、沢山ご用意してお待ちしております。

andronavi一押しグッズ

最新スマホグッズレビュー

Xperia Z2 ケース販売中! iPhone6ケース
ブルートゥースイヤホン

オクトバ

Androidアプリ紹介専門サイト「Androidアプリおすすめサイト オクトバ(octoba)」より、「Androidを盛り上げたい!」ということで出張レビューをしています。 是非、私達のサイトにも遊びに来てください!スタンダードから掘り出しものアプリのレビューまで、沢山ご用意してお待ちしております。