至高のカメラアプリが日本語に対応!多彩なエフェクトで遊ぼう『Camera360 Ultimate』

2012年06月04日 16:00 by capelito
Camera360 Ultimate

Camera360 Ultimate

Androidで人気のカメラアプリ『Camera 360』がアップデートを重ね、『Camera360 Ultimate』としてリニューアル!インターフェイスやフィルタ・エフェクトがパワーアップしました。

 

これまでも機能が豊富でしたが、より便利に、使いやすく、楽しいカメラアプリになりましたので、改めてレビューをお届けします。

 

※本アプリは、Android2.2以上の対応です。

 

更新:2012年6月4日に記事を更新しました。

 

基本的な操作はパネルから行う
Camera360 Ultimate:撮影画面

Camera360 Ultimate:撮影画面

撮影の前に、基本的な操作方法を説明します。

 

最上部には選択中のエフェクトの名称が表示され、その下には「フラッシュ」(対応機種のみ)、「撮影設定」(コントラストやホワイトバランスなど)、「アウト/インカメラ切り替え」の各種ボタンが配置されています。

 

下部には「撮影した写真(アルバム)の表示」、「撮影モードの切り替え」、「シャッター」、「エフェクト選択」、「その他設定」ボタンが並んでいます。

 

「撮影モード」は連射(バースト)、手振れ補正、セルフタイマーのいずれかを選択することが可能です。

 

「その他の設定」からはタッチフォーカスやオートフォーカスのON/OFF、さらに撮影サイズや画質、オリジナル画像の保存の有無、GPSによりジオタグを付与するか等を設定することもできます。

 

 

エフェクトが豊富で飽きずに楽しめる!

本アプリには全18種類のエフェクトが用意されています。それぞれに異なる色合いのフィルタを切り替えることができます。主要なエフェクトは下記の通りです。

 

  • ロモ:トイカメラ風の独特な色合いに加工
  • 風景(HDR):ハイダイナミックレンジ合成風に加工
  • スケッチ:手描き風に加工
  • カラフル:虹色など色合い豊かに加工
  • 1839へ:1839年当時に撮影されたような、昔の新聞風の効果
  • ファニー:魚眼レンズや色反転などの特殊効果
  • 幽霊:心霊写真を作れる
  • 魔法色:特定の色以外をモノクロ化
  • モノクロ:白黒に加工
  • チルトシフト:ぼかし効果を与え、ミニチュア風に仕上がる

 

好みのエフェクトを選択後、撮影しましょう。撮影後、下部に様々なフィルタが表示されるので、好みのものをタップして反映させてください。

 

画像以外の部分をタップすると、元の写真に表示が切り替わるので見比べてみると違いがよくわかっておもしろいです。

 

Camera360 Ultimate:保存、共有も簡単

Camera360 Ultimate:保存、共有も簡単

下部のメニューから「共有」、「保存」ができ、「変更」からは他のエフェクトに変えることができます。撮影後に別のエフェクトに切り替えられるのはうれしいですね。

 

とりあえずノーマルで撮っておいて、あとから色々な効果を試してみるのも良いかもしれません。撮影後に保存せずにキャンセルもできます(オートセーブを設定していない場合)。

 

また、エフェクト選択画面の上部「シーン」では、おもしろい写真を撮影できる多彩なフレームが用意されています。こちらもぜひ試してみてください。

 

 

ここまで読んで気になったら、ダウンロード

アプリをダウンロード

 

いろいろなエフェクトでの撮影例

いくつかのエフェクトを使って作例を挙げてみます。

 

    • 風景(HDR)(ハイダイナミックレンジ合成)

      HDRというのは、通常の写真技法に比べてより幅広いダイナミックレンジ(最も明るい部分と最も暗い部分の明暗の比)を表現するための写真技法です。シミュレーションなので実際のHDRとは異なりますが、雰囲気はとても良く出ていると思います。

 

    • ロモ(トイカメラ風)

      トンネル効果もうまく表れていますね。「情熱」というフィルタで鮮やかさを強調してみました。

 

Camera360 Ultimate:「風景(HDR)」 ストーム(左)「ロモ」 情熱(右)

Camera360 Ultimate:「風景(HDR)」 ストーム(左)「ロモ」 情熱(右)

 

    • モノクロ(白黒)

      レトロな雰囲気を出せます。「1839へ」を使用すると、さらに昔のカメラで撮影した雰囲気になります。

 

    • スケッチ(スケッチ風)

      Paper Camera』のようなスケッチ風の写真にできます。モノクロからクレヨンタッチまで、様々なフィルタが用意されています。

 

Camera360 Ultimate:「モノクロ」 強烈な(左)「スケッチ」 あっさり(右)

Camera360 Ultimate:「モノクロ」 強烈な(左)「スケッチ」 あっさり(右)

 

    • カラフル(虹色など色合い豊かに)

      空など、景色を撮影すると、とってもキレイです。

 

  • チルトシフト(ぼかし効果)

    ミニチュア模型風の写真を撮る他、背景をぼかして被写体を強調したりする時に使えそうです。

 

Camera360 Ultimate:「カラフル」 虹(左)「チルトシフト」(右)

Camera360 Ultimate:「カラフル」 虹(左)「チルトシフト」(右)

 

本アプリで撮影した写真は、日付で整理されたアルバムのような形で閲覧できます。

 

Camera360 Ultimate:アルバム画面

Camera360 Ultimate:アルバム画面

先頭の数字はその日に撮影した枚数を示しています。

 

いつ撮った写真か一目で分かり、毎日撮影することで日記代わりに使うこともできそうです。

 

【楽天はこちら】

<総括>

Android屈指の様々なモードを楽しめる高機能カメラアプリ。基本的なカメラの設定も網羅しています。デフォルトのカメラが気に入らなくても、アプリを使ってカメラを楽しめるのがAndroidの良いところ。普段あまりカメラを使わない方にこそ、試してほしいアプリです。写真を撮るのが楽しくなりますよ!

Camera360 Ultimate
PinGuo Inc. Camera360 Ultimate 無料

『Camera360 Ultimate』~至高のカメラアプリが日本語に対応!多彩なエフェクトで遊ぼう~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ