Facebook:トップ画面

Facebook:トップ画面

最近日本でも利用者が増え始めた世界最大のSNSFacebook」をAndroidで楽しめるFacebook公式アプリFacebook』をご紹介します。


本アプリを使えば、いつでもどこでもFacebookを使い友達とつながることができます。


「Facebook」って聞いたことあるけど何?

「Facebook」は、いわゆるSNSで、Twitterのようなニュースフィード、メッセージの送受信、アルバムを使った写真の共有や管理、イベントの出欠や連絡などの管理、ソーシャルゲームが基本的なサービスとなっています。


ぼくは、1年くらい前に「Facebook」のアカウントを取得しましたが、最初は全然知り合いが使っておらず、SNSとして機能していませんでした。ですが、最近「Facebook」を使っている知り合いが急増し、「Facebook」を介して、飲み会などの案内を出したり、出欠を確認したり、写真を共有したりできるようになり、SNSとして実用的に使えるようになりました。実際、今回ご紹介する『Facebook』は、大変役に立っています。


Androidで「Facebook」を使おう。まずはアカウント取得!

「Facebook」を使う前に、アカウントの取得が必要です。アカウントの取得は、メールアドレスがあれば、簡単にできます。Android端末から取得する場合は、アプリからブラウザが起動され、ブラウザ上で各種情報を入力するようになります。


Facebook:メールでログイン画面(左) 登録を選択(中) 情報を入力(右)

Facebook:メールでログイン画面(左) 登録を選択(中) 情報を入力(右)



Facebook:確認メール文面

Facebook:確認メール文面

確認メールのリンクを踏んでからが「Facebook」のおもしろいところです。


“つながりウィザード”に従い、「Facebook」を使っている知り合いを探していきます。普段使っているGmail等のフリーメールのアドレス帳に登録してあるメールアドレスから探す、高校・大学から探す、会社から探す等々、いろいろな観点で知り合いを探すことができます。


ちなみに、これらはアカウント取得後でもできるのでスキップしてもかまいません。


Facebook:アドレス帳から(左)高校から(中)会社から(右)

Facebook:アドレス帳から(左)高校から(中)会社から(右)


ファンページを選んで、最後に、モバイルサイトのホーム画面が表示されれば、アカウント登録完了です。ちなみに、ファンページとは企業が情報を発信したり、ユーザが情報交換をするページのことです。


Facebook:人気のあるファンページ(左)モバイルサイトホーム画面(右)

Facebook:人気のあるファンページ(左)モバイルサイトホーム画面(右)


案外長かったですが、これでアカウントの取得は完了です。アカウントの取得で使っていたブラウザを閉じ、アプリを起動し、さっそくログインしてみましょう。ログインすると、“便利なヒント”が表示され、その後ニュースフィード画面が表示されます。


Twitterとの連携もできる!主要機能を一挙紹介

左上の「Facebook」のロゴをタップすると、トップ画面へ移動できます。ロゴのタップはどの画面でも同じでトップ画面に移動できます。


Facebook:ログイン画面(左)ニュースフィード(中)トップ画面(右)

Facebook:ログイン画面(左)ニュースフィード(中)トップ画面(右)


トップ画面の各アイコンについて、順番に簡単に説明します。

  • ニュースフィード:
    Twitterのようなつぶやきや“友達”のいろいろな更新情報などが表示されます。つぶやきの投稿もできます。


ちなみに、Twitterのつぶやきを「Facebook」のニュースフィードへ自動的に反映することができるので、ぼくの知り合いはみんなそうしています。なので、TwitterのタイムラインとFacebookのニュースフィードが同じような内容になることが多いです。ただし、Twitterとの連携はPC上からでないと設定できません。便利な機能なのでぜひ利用してください。


  • プロフィール:
    自分の投稿、プロフィール、写真などが表示されます。
  • 友達:
    “友達”の一覧表示や検索ができます。“友達”のプロフィールや写真に移動することができます。


Facebook:ニュースフィード(左)プロフィール(中)友達(右)

Facebook:ニュースフィード(左)プロフィール(中)友達(右)


  • 写真:
    マイアルバムが表示されます。写真のアップロードやアルバムの追加もできます。
  • イベント:
    進行中や予定されているイベントが表示されます。


上記2点はよく使うので、後ほど説明します。


  • メッセージ:
    メッセージの送受信ができます。


Facebook:写真(左)イベント(中)メッセージ(右)

Facebook:写真(左)イベント(中)メッセージ(右)


  • リクエスト:
    “友達”リクエストが表示されます。ここで“承認”すると「Facebook」上の“友達”関係となります。
  • お知らせ(画面下部):
    アルバムへのコメントやイベントの掲示板への書き込み等々が発生すると、ここに表示されます。設定画面で通知設定をしておけば、Androidの通知領域にも通知されます。


ゲームやアプリケーションには対応していません。残念ですね。


Facebook:リクエスト(左)お知らせ(右)

Facebook:リクエスト(左)お知らせ(右)


“写真”と“イベント”をピックアップ!

ぼくがよく使う“写真”と“イベント”について、もう少し詳しく説明します。「Facebook」の“写真”は“アルバム”に対してアップロードするので、事前に“アルバム”が必要となります。


Android端末からアップロードする場合、デフォルトで“携帯アルバム”というアルバムが自動で作成されるので、デフォルトのままでよければ、特に“アルバム”を作成する必要はありません。実際に、写真を撮り、その後で「Facebook」にアップロードする手順を簡単に説明します。


  1. 写真を撮ります
  2. “画像共有”→“Facebook” (本アプリはインテントに対応しています)
  3. 「Facebook」のアプリが起動され、キャプションやアップロード先のアルバムを指定します
  4. 写真をアップロードします


Facebook:写真撮影(上)アプリ選択画面(下)

Facebook:写真撮影(上)アプリ選択画面(下)



Facebook:アップロード!

Facebook:アップロード先を選択

アルバムはデフォルトの“携帯アルバム”になっています。右上の「+」のアイコンをタップすると、アップロード先のアルバムを選択できます。


ちなみに、アルバムの新規作成は、このタイミングではできません。新しい“アルバム”にアップロードしたい場合は、事前にトップ画面の“写真”から“アルバム”を作成する必要があります。


Facebook:アルバム選択(左)アルバム作成1(中)アルバム作成2(右)

Facebook:アルバム選択(左)アルバム作成1(中)アルバム作成2(右)


写真をアップロードしましょう。アップロード先のアルバムに“適当写真”という名前のアルバムを作成してみました。アップロード中は、通知領域にアイコンが表示され、完了すると完了通知が表示されます。


Facebook:アップロード(左)アップロード(中)アップロード完了(右)

Facebook:アップロード(左)アップロード(中)アップロード完了(右)


これで完了です。“適当写真”アルバムに先ほどの写真が追加されていますね。ニュースフィードにも写真が追加されたことが投稿されています。


Facebook:“適当写真”アルバム(左)ニュースフィード(右)

Facebook:“適当写真”アルバム(左)ニュースフィード(右)


インテントに対応しているので、とてもアップロードが楽チン。


次に“イベント”です。『Facebook』からは、イベント情報の参照と参加予定の登録ができます。イベントの掲示板の参照・書込は現状できないため、少し不便を感じますね。ただ、「Facebook」のモバイルサイトからは参照・書込ができますので、少し面倒ですが、うまく使い分ければ、大きな弱点ではないかなって思います。


Facebook:イベント一覧(左)イベント詳細(右)

Facebook:イベント一覧(左)イベント詳細(右)


便利なウィジェットとフォルダを使ってホーム画面で管理しよう

最後に、ホーム画面に置くことができるウィジェットとフォルダを説明しておきます。ウィジェットは、Twitterアプリによくあるウィジェットと同じように、すぐにつぶやくためのウィジェットになっています。


フォルダは“Facebook電話帳”で、「Facebook」上“友達”関係で自分のプロフィールに電話番号を公開している知り合いの一覧が表示され、電話をすぐにかけることができます。電話帳は非常に便利と思うのですが、「Facebook」に電話番号を登録している知り合いは現状少なく、悲しいかな、あまり機能していない状態です。


Facebook:ウィジェットとフォルダ(上)“Facebook電話帳”(下)

Facebook:ウィジェットとフォルダ(上)“Facebook電話帳”(下)


ブラウザから利用するモバイルサイトがあるとはいえ、もう少しアプリ側に機能を持ってほしい部分があるので、今後のバージョンアップに期待しましょう。トップ画面がIS01、LYNXの横画面に対応してくれたらうれしいです。



<総括>

世界最大のSNS「Facebook」をAndroidで楽しめるFacebook公式アプリ。「Facebook」が日本で盛り上がりつつあるので、スマートフォンで利用できるこういったアプリがあると更にユーザが増え、いっそう盛り上がっていくと思います。『Facebook』は、「Facebook」でよく見る情報(写真やイベント)をPCを使わずに簡単に見ることができ、外出先では特に役に立つと思います。

 



アプリ基本情報
アプリ名Facebook
配信元Facebook
価格無料
関連ワードFacebook iPhone対応アプリ SNS

『Facebook』~Androidで世界最大のSNSを楽しんじゃおう~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ

記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。
アプリは端末の機種や設定により、正しく動作しない場合があります。

はぎぞー

ガジェットオタクでなくてもスマートにスマートフォンを使いこなせる良いアプリを紹介していきたいと思います。

andronavi一押しグッズ

最新スマホグッズレビュー

Xperia Z2 ケース販売中! BIGLOBEスマホアンケート①
Gポイントは おかげさまで13周年!

はぎぞー

ガジェットオタクでなくてもスマートにスマートフォンを使いこなせる良いアプリを紹介していきたいと思います。