ホーム > 特集 > Howto・Tips > NTTドコモ「Xi」の月額コストは?料金プラン徹底解説!
Xi対応Androidスマートフォンの料金プラン

Xi対応Androidスマートフォンの料金プラン

NTTドコモは、2011年11月(Xi対応スマートフォン発売後)より次世代通信サービス「Xi(クロッシィ)」に対応した料金プランの提供を開始します。


「Xi」とは、受信時最大37.5Mbps、送信時最大12.5Mbpsの高速データ通信で、2011年10月18日に発表された2011冬春モデルのAndroidスマートフォン4機種に対応しています(その他、タブレット端末、PC向けデータ通信機器にも対応)。「Xiだと料金は高いのかな?」「既存料金プランと組み合わせることはできる?」など、疑問点がある方も多いと思います。


本記事では、気になる疑問を解決しながら、Xi対応Androidスマートフォン向けの月額通信料金を紹介します。


Xi向けの料金プランは、非常にシンプルですが、各種割引サービスがかなり制限されています。また、Xi対応エリア外では、FOMA通信網に切り替わります(そのため、Xiエリア外だから通話ができない等の問題はありません)。通信コストもさることながら、対応エリアの問題(エリアの確認はコチラ)もありますので、Xi対応Androidスマートフォンに機種変更や新規契約を考えている方は、よく検討してから購入してください。


Xi対応のAndroidスマートフォンは2011年10月現在、以下の4機種です。


通話もパケット通信もよく行う方におすすめの料金プラン

通話プランは「Xiトーク24」、パケット定額プランは「Xiパケ・ホーダイフラット」を選択します。「Xiトーク24」は、2年間の継続利用を条件に、基本使用料が780円となる「タイプXiにねん」と、国内のドコモ回線への通話が24時間、700円の定額で利用できる「Xiカケ・ホーダイ定額制」を組み合わせたプランです。「Xiパケ・ホーダイフラット」は、定額4,410円でパケット通信が使い放題になります。


Xiトーク24(タイプXiにねん+Xiカケ・ホーダイ) 1,480円
spモード 315円
Xiパケ・ホーダイフラット 4,410円
ケータイ補償お届けサービス 399円
ユニバーサルサービス料 7円
合計 6,611円


上記料金以外に端末購入料金が月々発生します。ただし上記の料金は、「Xiスタートキャンペーン」期間中のものです。同キャンペーンは2012年4月30日までの、限定的な料金プランとなります。2012年5月以降の「Xiパケ・ホーダイフラット」の料金は5,985円となります。


まずはXiを試してみたいという方におすすめの料金プラン

パケット通信はそれほど使わないけれど、Xiの高速通信を試してみたいという方には、2段階料金制の「Xiパケ・ホーダイダブル」があります。同プランは、月々5,000KBまでのデータ量は2,100円となり、超過分は0.42円/KBかかる仕組みです。約1.5GBのデータ量で上限の4,935円に達しますが、それ以上のデータ通信を行っても追加課金はありません。


Xiトーク24(タイプXiにねん+Xiカケ・ホーダイ) 1,480円
spモード 315円
Xiパケ・ホーダイダブル 2,100~4,935円
ケータイ補償お届けサービス 399円
ユニバーサルサービス料 7円
合計 4,301円~7,136円


この他、通話プランとして契約期間のしばりがない「タイプXi」(月額1,560円)もあります。このプランに「Xiカケ・ホーダイ定額制」を組み合わせることも可能です。上記料金も2012年4月30日までのもので、2012年5月以降は「Xiパケ・ホーダイダブル」の上限金額は6,510円となります。


※料金体系は2011年10月現在発表されているもので、変更等の可能性もあります。


契約前に知っておきたい!Xiサービスの気になるポイント

「Xiスタートキャンペーン」中の料金については、かなりの割安感があり魅力的なものとなっています。しかし、今までのような各種割引サービスが使えないこと、Xi対応エリアなど注意点があります。いくつか紹介しますので、実際に契約等を行う際の参考としてください。


FOMAプランへの加入はできない

Xi対応スマートフォンを購入した場合、「バリュープラン」「ベーシックプラン」といった、端末購入代金の支払い方法により、基本プランが分かれることはありません。また、これらのコースに加入することもできません。さらに、「パケ・ホーダイダブル」や「パケ・ホーダイフラット」といった、パケット定額コースへの加入もできません。


さらに下記のような、割引サービスも適用されません。


利用できるサービスは「ファミリー割引」「ハーティ割引」となります。ただし、基本使用料の割引は受けられません。


上記のような条件が、Xi向け料金プラン加入の前提となりますので、各種割引サービスを利用している場合の機種変更時にはご注意ください。


FOMAの料金プランはこちら


通話プランには無料通話分は含まれていない

Xiの基本通話プランは「タイプXiにねん」「タイプXi」の2種類とシンプルで分かりやすいのですが、どちらも無料通話分は含まれていません。NTTドコモ同士の通話が多い場合は、「Xiカケ・ホーダイ定額制」に入れば、通話料金はあまり気にする必要はありませんが、他キャリアとの通話が多い場合は思わぬ料金が発生する可能性があります。


パケット定額サービスは上限金額と通信速度が変わる

パケット定額プランも紹介した2種類のみで、どちらも2012年5月以降は上限金額が変わります。また、2012年10月以降は、データ通信量が7GBを超えると、送受信速度が128kbpsに制限されるという条件が加わります。7GBのデータ通信量を超えた場合でもXiの速度を維持したい場合は、2GBごとに2,625円を追加で支払うことで通信速度制限は解除されます。


テザリングによる上限金額は変わらない

FOMAにおける「パケ・ホーダイフラット」等のパケット定額プランでテザリングを行った場合は、月々の上限金額が8,190円に変更となりますが、Xiのパケット定額プランでテザリングを行った場合は、上限金額の変更はありません。


いくつか、注意しなければいけない点がありますので、Xi対応のAndroidスマートフォンを購入する際は、ショップの方ともよく相談してください。もちろん、その通信速度は大きな魅力であり、今後主流となる通信サービスになると思います。2012年4月30日までは、かなり割安感のあるサービスなので、Xiへの加入を検討している方はできるだけ早く加入した方が、割引期間が長くなりますので、よく検討してみてください。


Xiの魅力についてはこちらをご覧ください。



記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。
アプリは端末の機種や設定により、正しく動作しない場合があります。

編集部おおわだ

アラフォーのケツメバカ。車の走行距離やジョギングなどのログがとれるアプリが大好物。現在、ソーシャルゲームにハマり中。そして奥さんに怒られる毎日。。愛機はXperia VL。端末はスペックよりデザインで選ぶ人。

andronavi一押しグッズ

最新スマホグッズレビュー

Xperia Z2 ケース販売中! iPhone6ケース
クリスマスキャンペーン docomo Online Shop

編集部おおわだ

アラフォーのケツメバカ。車の走行距離やジョギングなどのログがとれるアプリが大好物。現在、ソーシャルゲームにハマり中。そして奥さんに怒られる毎日。。愛機はXperia VL。端末はスペックよりデザインで選ぶ人。