新料金プラン「auスマートバリュー」でどれくらい安くなる!?

2012年02月14日 10:30 by 編集部えびす
よりお得にスマホを使うチャンス!

よりお得にスマホを使うチャンス!

auが発表した新料金プラン「auスマートバリュー」が、2012年2月14日より申し込みの受付を開始。契約者とその家族全員に対して、毎月最大1,480円割り引き!という驚愕のプランにauユーザは歓喜。他のユーザも、乗り換え検討を含めてかなり気になっているのではないでしょうか。


そこで、実際にどれくらい安いのか、他キャリアの一般的なプランと比較すると共に、詳細について解説していきます。


auの料金プランについてはこちらを参照ください。



契約前に知っておきたい、加入条件

まずこのプランに加入するためには、いくつかの条件を満たす必要があります。大きくは以下の3つです。


  • 指定の固定通信サービスを利用していること
  • 契約者と同一性・同一住所であること
  • 「ISフラット」もしくは、「プランF(IS)シンプル」を利用していること


1番大きな条件は、auひかりなどの指定された固定通信サービスを利用していること。 自宅にインターネット回線を引いていない方などは、この機会にauのサービスに申し込んでもOK。ただし、auひかりに加入する場合は、インターネットサービスだけでなく、電話サービスにも加入する必要があります。もちろん、これらの固定通信にかかる費用が携帯電話の料金とは別にかかります。


以下は「auスマートバリュー」の加入条件となる代表的な固定通信サービスです。


また、お住まいのエリアが固定通信サービスの範囲外になっている場合は、auスマートバリュー+WiMAXルータの契約でサービスを受けることができます(ルータ割引)。


さらに、同じ家に住む同一性の人かつ、auの携帯電話を使用していることも条件です。では、2世帯住宅で同じ家に住んでいる別姓の人はどうなるのか?それは、同じ家に住んでいることを証明すれば対象になります(家族が5人以上いる場合も、証明書が必要)。それらの条件を満たすことで、1人毎月最大1,480円(2年経過後は永年980円)の割り引きが家族全員に適用されるわけです。しかも、フィーチャーフォンの利用者も割り引かれるので安心です。


最後は、利用するプランの内容について。「プランF(IS)シンプル」か、パケット通信し放題の「ISフラット」のどちらかを利用していないといけません。元々、お得なプランではあるので、これはそこまで難しい条件ではないでしょう。


※「auスマートバリュー」加入後に以上の条件から外れた場合は、割り引きは適用されません。ご注意ください。


他キャリアとのプランを比較!

では、月々に支払う金額はどれくらいになるのか。他キャリアと比較しつつ、見て行きましょう。それぞれ最安の通話プランと、パケット定額フラットを利用した場合の金額を算出。通話料金と端末の月賦料をのぞいています。


au

プランEシンプル 780円
誰でも割 0円
ISフラット 5,460円
ISネットコース 315円
ユニバーサルサービス料 5円
スマートバリュー割り引き -1,480円
合計 5,080円

※プランF(IS)シンプルは、プランEシンプル(誰でも割適用時)の基本料金とISフラットのセットプランのため実質上記の金額と同じ。


NTTドコモ

タイプSSバリュー 980円
パケ・ホーダイ フラット 5,460円
SPモード 315円
ユニバーサルサービス料 5円
合計 6,760円

※タイプSSバリューは、ファミ割MAX50もしくは、ひとりでも割50に加入した場合の料金。


ソフトバンクモバイル

ホワイトプラン 980円
パケットし放題フラット 5,460円
S!メール 315円
ユニバーサルサービス料 5円
合計 6,760円


結果はご覧の通り、auが1,680円得。他キャリアよりかなり安くなっていることがわかります。


より安く、お得に使うならこんな方法もあり!

自分以外の家族がauユーザなら、通話料を安く抑えるサービスや、アプリがダウンロードし放題のお得なサービスもあります。


家族とよく話すという方は「auまとめトーク」の利用がおすすめ。「KDDIまとめて請求」を使っていれば、自宅の固定電話からauケータイ、auおうち電話(KDDI指定の通信サービスと契約している固定電話)への通話が24時間無料。さらに自宅割に加入していると、auケータイから自宅の電話への通話も24時間無料になります。


家族以外の人に話すことが多いという方は、月額390円かかりますが「指定通話定額」の利用をおすすめします。これは、最大3件のauケータイの国内通話が24時間無料になります。


その他、Wi-Fiルータを所有してタブレットやゲーム機などでWi-Fi通信を行っている方は、テザリングサービスの利用をおすすめします(WiMAX対応のスマホが必要)。+500円(利用しない月は払わなくてもよい)で、スマホをルータにしてWiMAX通信のサービスが受けられるため、パケット通信以外に別途支払っていたWi-Fi通信の費用を抑えることができます。


さらに、3月1日から月額390円支払うだけでアプリがダウンロードし放題になる「auスマートパス」(要会員登録)がスタート。500本以上が対象となり、その中には有料アプリも含まれていてかなりお得。さらにローソンやケンタッキーなどで使えるクーポンの配信や、最大10GBの容量に写真を保存できるサービスも備えています。


総括

「auスマートバリュー」に加入しているだけで、1人あたり1年間で最大17,760円も抑えられます。家族4人ですと最大71,040円もお得です!料金プランを見直す際の選択肢として、覚えておいて損はありません。


その他、スマホ料金について詳しく知りたい方はこちらを参照ください。