簡単にファイルを作成・閲覧・編集できる!Google公式のオンラインストレージ『Google ドライブ』

2012年05月15日 16:06 by 編集部えびす
Google ドライブ

Google ドライブ

『Google ドライブ』は、Google公式オンラインストレージのアプリ。文書、画像、動画など好きなファイルをクラウド上に保存でき、5GBまで無料で利用できます。


PC、Androidなどから自分のデータにいつでもアクセスできます。さらに、本アプリからファイルの編集や、特定の相手へのデータ送信、他者との共同編集も可能です。


これほど便利なサービスを使わないテはありません。では、その使い方を説明します。


アプリ内でファイルを作成

「Google ドライブ」は、文書などのファイル作成・保存、既存ファイルの取り込みができる「Google ドキュメント」が大きく進化したサービスです。


アプリ『Google Docs』を使われている方は、アップデートにより本アプリに更新されます。「Google ドライブ」に変更後、jpgなどの画像や動画ファイルも保存できるようになり、より便利になっています。


Google ドライブ:新規ファイル作成時の選択画面

Google ドライブ:新規ファイル作成時の選択画面

新規ファイルは、以下の4種類から作成できます。


  • 文書:Word書類のようなもの
  • スプレッドシート:Excel書類のようなもの
  • 写真から生成したドキュメント:カメラで撮影した画像をアップロード
  • アップロード:端末内にあるデータをアップロード


端末やカメラからアップロードする際「Google ドキュメントの形式にファイルを変換」にチェックを入れると、文書扱いになります。


また、ウィジェットを配置でき、アプリを立ち上げなくても新規ファイルを作成できるので便利です。


書類ファイルの編集も簡単

ファイルは「マイドライブ」に保存されます。これまで「Google ドキュメント」に保存されていたデータもこちらに移行しています。


Google ドライブ:テキスト編集画面

Google ドライブ:テキスト編集画面

一覧からファイル名をタップすれば、内容が表示されます。さらに、画面をタップすると文字の編集ができます。メールを打つように修正できるのでとても簡単。急な対応にも役立って、非常に便利です。


Google ドライブ:ファイルに対するメニュー画面

Google ドライブ:ファイルに対するメニュー画面

編集作業は自分だけでなく、他者と共同で行うことも可能です。ファイル名の横にあるボタンをタップして「共有」を選択します。一緒に編集、またはファイルを閲覧してほしい人のGmailアドレスを入力するだけで完了。ちょっとした資料の添削などに最適な機能です。


他にもファイル名横のボタンから、メニューが選択できます。「送信」では、メールの送信や『Facebook』への投稿などができます。


文書ファイルは、Gmailから送信するとpdfデータに変換されます。本アプリからpdfを生成したい時は、自分宛てにメールを送るとてっとり早いので活用しましょう。


「オフラインを有効にする」を選択すれば、オフラインでもファイルが閲覧できるようになります。読んでおきたい資料を事前に設定しておけば、地下鉄などの移動中でも安心して読めます。


ここまで読んで気になったら、ダウンロード
アプリをダウンロード


PCとの連携でより便利に利用できる

ファイルは冒頭でお伝えした通り、PCからでも閲覧・編集が可能です。また、PCではパワーポイントのような書類や画像データなどのファイルも作成できます。


さらに、PCのデスクトップに「Google ドライブ」フォルダを設置できます。ファイルをドラッグ&ドロップするだけでデータ移動ができるなど、PCとスマホの連携が簡単になります。ぜひ複数のデバイスを使って、本サービスの便利さを体験してください。

<総括>

Google公式のオンラインストレージ「Google ドライブ」のAndroid版アプリ。5GBの容量を与えられ、好きなファイルを保存できます。ファイルは、スマホやPCから直接、新規作成や編集が可能。外出先での書類チェックや修正などにも役立ちます。

『Google ドライブ』~簡単にファイルを作成・閲覧・編集できる!Google公式のオンラインストレージ~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ