“自分撮り”の不安を解消!簡単操作でクルっと反転できるカメラアプリ『左と右のカメラを反転』

2012年07月07日 15:05 by オールイン★関谷
左と右のカメラを反転

左と右のカメラを反転

メールやSNSで「自分撮りの写真」をサクっと送りたいなぁ、という時ってありますよね。


でもインカメラで“自分撮り”すると左右が反転して撮影されてしまいます。せっかくキメた前髪が逆になったり、シャツのロゴも左右反対になったりちょっと残念な気持ちに…なんてことありませんか?


そんな時に便利なのが『左と右のカメラを反転』。ズバリその名の通り、インカメラで撮影した画像を反転してくれるアプリです。


これを使いこなして、“自分撮り”をすることの多い女性に教えてあげるとモテる?というわけで、おじさんでも“自分撮り”できるんだよ!というのを証明したいと思います。


※本アプリは、Android2.3.3以上の対応です。


直感的な操作で“自分撮り”画像をサクっと反転

操作方法は非常にシンプルです。画面下部中央に「シャッターボタン」がある他、その左サイドに「データフォルダ」、「セルフタイマー」、右サイドには「シャッター音ON/ OFF」、「オートセーブ」が用意されています。ではインカメラを起動し、“自分撮り”してみましょう。


左と右のカメラを反転:普通にインカメラで撮影するとこうなります

左と右のカメラを反転:普通にインカメラで撮影するとこうなります

シャッターボタンをタップするとデフォルトのカメラアプリと同様、鏡に映った時のように左右が反転して撮影されます。ここで本アプリの出番です。


シャッターボタンがフロッピーディスクのデザインを模した「セーブ」に変わり、その右隣には「ハサミマーク」のボタンが現れますので、これをタップしましょう。


すると「Self-Portraitor Editor」が起動するので、画面下部に5つ並んでいるボタンのうち右から2番目の「Orientation」をタップしてください。


さらに、右から2番目にある「Mirror」ボタンの左右反転を選ぶと、画面がクルっと180度横回転してくれます。あとは画面右上の「Apply」をタップすれば完了です。


同じく画面右上に現れる「Save」をタップすれば、“鏡ごし”ではない、相手からあなたを見たそのままの様子の写真が保存できるというわけですね。


同様に上下を反転することも簡単にできますし、「Rotate」のボタンをタップして、時計回りと反時計回りにそれぞれ90度ずつ画像を回転させることもできますよ。「Apply」→「Save」をタップしなければ何度もやり直しが可能ですので、色々とトライしてみてください。


左と右のカメラを反転:背景がきっちり読めるようになった

左と右のカメラを反転:背景がきっちり読めるようになった

せっかくなので、一人旅に出かけた記念に“自分撮り”をパチリ。旅日記を『Facebook』にアップしようと撮影したら、そのままだと駅の看板が逆向きになってしまいます。


しかし!本アプリを使えば、背景の文字もしっかりと読めます。しかもアップも簡単です。画面右にある「共有」ボタンをタップすると、共有先の一覧が出ますのでそこから使いたいアプリを選べばOK。これで安心して旅日記をアップロードできますね。


男性ならその他にも、出張先から家族へのメールに添付したり、飲み会での同僚との撮影だったり、“自分撮り”する機会はあるはず。そんな時にも役立ちます。


ここまで読んで気になったら、ダウンロード
アプリをダウンロード


セルフタイマー機能で撮影もラクチン

本アプリは、『左と右のカメラを反転』という名前ですが、それ以外にも多彩な機能を搭載しています。その中から撮影時に便利な機能の1つ、セルフタイマーをご紹介しましょう。


左と右のカメラを反転:セルフタイマーは画面中央でカウントダウン

左と右のカメラを反転:セルフタイマーは画面中央でカウントダウン

「タイマー」をタップすると、3秒、5秒、7秒、10秒、15秒とお好みの長さを選べます。「タイマー」をONにした状態でシャッターボタンを押すと、大きな数字で画面にカウントダウンが表示されますので、その間に表情やポーズ、そして構図をばっちりキメて撮影できます。


このセルフタイマー機能を使えば、スマートフォンをしっかりホールドして撮影できるので構図を決めるのがかなり楽になりますよ。


すでに撮った写真も多彩なエフェクトで変身

さらに、ハサミマークのアイコンから写真を加工できる様々なツールが用意されています。操作は画面下部をフリックで選択するだけなので、直感的に行えます。以下は14個あるツールからの抜粋です。


左と右のカメラを反転:画面下部に表示されたツールのボタンはフリックで選べる

左と右のカメラを反転:画面下部に表示されたツールのボタンはフリックで選べる

  • Enhance:自動補正
  • Effects:エフェクト
  • Orientations:左右反転、回転
  • Brightness:明るさ調整
  • Text:画像に文字を入力
  • Redeye:赤目補正
  • Blemish:ボカシを入れる


試しに“自分撮り”した写真を「Effects」の「San Carmen」でレトロ調にしてみました。このエフェクトで男の渋みが表現される…わけないですね。これでダンディさをまとったおじさんなら、ビシッと締まるはず。気になる女性へのアプローチに使ってみてはいかがでしょうか。


左と右のカメラを反転:「San Carmen」のエフェクト。渋く見えますか?

左と右のカメラを反転:「San Carmen」のエフェクト。渋く見えますか?

すでに撮影済みの写真も、「データフォルダ」ボタンをタップすれば、そこから選んで加工することができます。


お気に入りの写真をエフェクトで自分好みにどんどん加工できますね。

<総括>

左右反転が簡単にできるのはもちろん、エフェクトの種類も多い他、自動補正の機能もなかなか優秀です。『Facebook』などにこまめに近況をアップロードするという方には必須のアプリといえそうです。ぜひ、“自分撮り”をよく行う女性に教えてあげてください。きっと喜ばれますよ。

左と右のカメラを反転
JP Brothers Inc. 左と右のカメラを反転 無料

『左と右のカメラを反転』~“自分撮り”の不安を解消!簡単操作でクルっと反転できるカメラアプリ~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ