ホーム > 特集 > Howto・Tips > 保存版!限られた相手と楽しむ大人のLINE活用術
1
2
3
大人のLINE講座、はじめます

大人のLINE講座、はじめます

2012年8月31日現在、全世界に5,800万のユーザを持つ無料通話・チャットアプリ『LINE』。相手の人数に限らず、楽しくトーク(チャット)が楽しめます。


ここでは、限られた相手と楽しみたい人に向けた活用術をご紹介します。その相手は、家族?恋人?それとも…。そんな大人の使い方ができますよ。


基本的な登録から使い方は、こちらの記事を参照ください。



1.アドレス帳を利用しない

まだ『LINE』を使っていない人の理由に多いのが“端末のアドレス帳のデータを利用されるから”、“相手の『LINE』に自分の名前が表示されるのがイヤ”です。確かに、見ず知らずの人に知れ渡っているかもしれない、という不安になる気持ちはわかります。


しかし、アドレス帳のデータを使わずに『LINE』を利用することができます。最初の登録段階でアドレス帳の利用を聞かれた時に「今は利用しない」を選びます。


そのかわり、友だちがゼロからのスタートになるのでIDを設定しましょう。「設定」の「プロフィール設定」から簡単に作成できます。あとは『LINE』でやりとりしたい相手に自分のIDを教えればOKです。IDは一度付けたら変更ができないのでご注意ください。


この画面の時に「今は利用しない」を選択(左)ID設定画面(右)

この画面の時に「今は利用しない」を選択(左)ID設定画面(右)


すでに『LINE』ユーザでアドレス帳を利用している人は、「設定」の「友だち管理」にある「友だち自動追加」のチェックを外せば、その後アドレス帳に連絡先を追加した人の情報は同期されません。


2.情報を知られたくない相手はブロック

自分のアドレス帳にはデータを同期していなくても、「設定」の「友だち管理」にある「友だちへの追加を許可」にチェックが入っていると、自分の電話番号を知っている『LINE』ユーザから、友だちに登録されてしまいます。


そうなると相手は情報が見れて、コンタクトをとってくる可能性もあります。それが昔の恋人だったり、今やりとりするのはちょっと…という人だと困りますよね。そういう時は、ブロック機能を使いましょう。


設定は簡単。「友だち」の管理画面でブロックしたい相手の名前を長押しして「ブロック」を選択。もしくは、同画面の左上にある編集からも行えます。


ブロックしたい友だちの名前を長押しして選んだ場合(左)「友だち編集」画面から選んだ場合(右)

ブロックしたい友だちの名前を長押しして選んだ場合(左)「友だち編集」画面から選んだ場合(右)


ブロック完了後、相手にはその旨が通知されないので基本的には気づかれません。ただし、ブロックされた相手は引き続きメッセージを送信することができます。もちろん、ブロックしているため受信されることはありません。電話もかけられますが、その場合はエラーメッセージが表示されるようになるので、かかってくる心配はありません。


ブロックの解除は、「友だちリスト」の「ブロックリスト」からできるので、昔の恋人と復縁したい時はそちらを利用してください。

 



記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。
アプリは端末の機種や設定により、正しく動作しない場合があります。

編集部えびす

特集記事を中心に執筆。「LINE」から「スマホのマナー」まで守備範囲の広さは編集部随一(自称)。でもスタッフには“オチのない関西人”と言われています。悲しいですね…。@andronavi_ebisuでTwitterやってるんで、よかったら慰めついでにフォローお願いします。

最新スマホグッズレビュー

端末一覧ページ
anndronaviアンケート docomo Online Shop 通常のMaru-Janバージョン ソフトバンク

編集部えびす

特集記事を中心に執筆。「LINE」から「スマホのマナー」まで守備範囲の広さは編集部随一(自称)。でもスタッフには“オチのない関西人”と言われています。悲しいですね…。@andronavi_ebisuでTwitterやってるんで、よかったら慰めついでにフォローお願いします。