ホームのように自由にロック画面をカスタマイズできるアプリ『Active Lock Screen』

2012年11月03日 16:05 by 松本 光範
Active Lock Screen

Active Lock Screen

『Active Lock Screen』はロック画面に様々なショートカット機能を配置でき、すべてドラッグ操作のみで起動できるという優れモノのロック画面カスタマイズアプリです。


ロック画面にショートカットを自由に設置できるため、急ぎの時でもロックを解除せずに、電話をかけたり、メールを見ることができるようになります。


また、お気に入りの画像を使ってロック画面のデザインも変更可能。もはやロック画面がホーム画面と言ってもいいくらい、高いカスタマイズ性が魅力です。すべて英語表記ですが、使い慣れると気にならない直感的なUIもポイントです。


ドラッグのみで操作できる、使いやすいロック画面に

アプリを起動後、「Enable Lock Screen」にチェックを入れると、本アプリを有効にできます。ロック画面で中央下のキーアイコンを長押しすると赤いサークルが表示され、画面に4つのアイコンが表示されます。


Active Lock Screen:赤いサークルの奥にカテゴリ毎のショートカットアイコンが表示(左)カテゴリアイコンにサークルを重ねるとショートカットが表示(右)

Active Lock Screen:赤いサークルの奥にカテゴリ毎のショートカットアイコンが表示(左)カテゴリアイコンにサークルを重ねるとショートカットが表示(右)


赤いサークルをドラッグしてアイコンに重ねることで、それぞれのショートカットを使用できます。また、左のキーアイコンでロック画面の解除、右のアイコンは端末の着信をサイレントやバイブなどに設定できます。すべてドラッグ操作でできることもポイントです。


ここまで読んで気になったら、ダウンロード
アプリをダウンロード


ロック画面をカスタマイズ

セッティング画面上の「Enable Lock Screen」以下がカスタマイズ項目になります。以下に簡単に紹介します。


  • 「Select your shortcuts」→ショートカットの設定
  • 「Set up your plugins」→プラグインの設定
  • 「Set up your themes」→テーマの設定


「Set pattern/password」をタップすると、端末のセキュリティ設定画面に遷移します。


Active Lock Screen:メニュー画面(左)「Select your shortcuts」から各カテゴリに登録するショートカットを選択(右)

Active Lock Screen:メニュー画面(左)「Select your shortcuts」から各カテゴリに登録するショートカットを選択(右)


ロック画面の4つのアイコンには、「Select your shortcuts」からショートカットを設定します。アイコンは「Contact」、「My Apps」、「Camera」、「Apps」があります。


「Contact」は、好きな連絡先を4つまで登録できます。「My Apps」、「Camera」、「Apps」は、それぞれ最大8つまでショートカットを設定できます。アイコンは違いますが、アプリに制限はなく同じアプリを設定することもできるので、好みで使い分けましょう。


ちなみにアイコン自体をロック画面でドラッグすると、それぞれ電話、ショートメール、カメラ、ホームアプリが立ち上がります。


Active Lock Screen:アイコンには最大8個までのショートカットを登録可能(左)プラグイン設定画面(右)

Active Lock Screen:1つのアイコンには最大8個までのショートカットを登録可能(左)プラグイン設定画面(右)


プラグイン設定は『Facebook』や「Gallery画像」などの、ロック画面表示の有無を設定できます。それぞれチェックを外すと、ロック画面に表示されないため、こちらも好みで使い分けましょう。


テーマ設定は、ロック画面の背景デザインを変えられます。ただし、初期はデフォルトの背景しかインストールされていないので、テーマを変更するためには、新規でテーマをダウンロードする必要があります。すべて無料なので、自由にダウンロードしてみてください。


Active Lock Screen:テーマをダウンロードすれば、ロック画面のデザインを変更できる。「LockScreen Equalizer Theme」(左)と「LockScreen Tron Theme」(右)

Active Lock Screen:テーマをダウンロードすれば、ロック画面のデザインを変更できる。「LockScreen Equalizer Theme」(左)と「Active Lockscreen Tron Theme」(右)


好みの画像をトップ画面に設置

ロック画面のトップに表示される「Drag me!」の画像をキーアイコンにドラッグすることで、画像選択画面になります。


表示されたギャラリーの画像を選んで、ロック画面に表示できます。ちなみにこの表示はプラグインの「Personal Gallery plugin」のチェックを外すと表示できませんので注意してください。


Active Lock Screen:端末のギャラリーから画像を選択(左)中央の画像が変わる(右)

Active Lock Screen:端末のギャラリーから画像を選択(左)中央の画像が変わる(右)

<総括>

ロック画面をまるでホーム画面のように使いこなせるのは、大変便利です。使い勝手の良いロック画面を求めている方におすすめです。ドラッグ操作のみのため、使いやすさも抜群です。

Active Lock Screen
Celltick Ltd. Active Lock Screen 無料

『Active Lock Screen』~ホームのように自由にロック画面をカスタマイズできるアプリ~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ