あの頃、喫茶店でハマった俺たちのアーケードゲームをスマホでもう一度

2012年11月06日 10:31 by オールイン★関谷
あの頃、喫茶店でハマった俺たちのアーケードゲームをスマホでもう一度
嗚呼、懐かしい…青春が蘇る!

嗚呼、懐かしい…青春が蘇る!

「♪あ、あ、あらしー。ゲームセンターあーらーしー♪」の曲を聴くと今でも血がたぎる、という元ゲーマーのみなさま。お待たせいたしました。今回は“懐かしのアーケードゲーム”がてんこもりですよ!


テーブル筐体に50円玉を積み上げ、ジョイスティックを焦がす程の熱い想いをぶつけたあのゲームたちが、今や手元のスマホで無料~数百円の出費でプレイできるとは!良い時代になりましたなぁ(感涙)。


そんなワタクシ含め、当時激ハマリしたみなさんが、「うぉおおおおお」と熱い魂を蘇らせる名作の数々をがっつりとご紹介させていただきますっ!


ムーンクレスタ

「ドッキングせよ」にドッキドキ!
『ムーンクレスタ』


まずは日本物産が1980年に発表した宇宙モノの名作です。ドッキングで自機を強化できるという斬新な仕掛けは、宇宙に夢をもつ当時の少年たちの気持ちをくすぐりましたね。


Ⅰ、Ⅱ号機が敵に撃破されたら、最後の砦として登場するⅢ号機ですが、これが無駄にデカく非常に使い勝手が悪~い(汗)。


敵がビームの間をすり抜けて体当たり、というやられ方にアツくなり、50円玉をつぎ込んだ、という人も多かったのでは?


ムーンクレスタ:ああっ、ビームの間を敵が…。Ⅲ号幅広すぎ

ムーンクレスタ:ああっ、ビームの間を敵が…。Ⅲ号幅広すぎ


『ムーンクレスタ』を早速ダウンロード
アプリをダウンロード


詳細なレビューはこちら


クレイジー・クライマー

登って、のぼって、踏ん張って
『クレイジー・クライマー』


これも同じ日本物産が1980年に出した作品。アプリではスマホを横向きに持ち、画面左右に出現するゲームパッドにて親指を上下にフリックして操作してくださいね。


途中「おじゃまMAN」が落とす植木鉢など障害物は、両手下向きの“踏ん張りポーズ”で耐え、頂上にいるヘリを捕まえて脱出できれば1面クリアです。


障害物に当たった「イテッ」とか、落ちるときの「アレーーッ」という音声や飄々とした効果音は当時のまま。いい味出してます。


クレイジー・クライマー:「しらけコンドル」が落とす卵や糞も“踏ん張りポーズ”で耐えるべし!

クレイジー・クライマー:「しらけコンドル」が落とす卵や糞も“踏ん張りポーズ”で耐えるべし!


『クレイジー・クライマー』を早速ダウンロード
アプリをダウンロード


スペースインベーダー インフィニティジーン

あの名作が新たな演出で登場
『スペースインベーダー インフィニティジーン』


1978年に登場するやいなや大ブームを巻き起こした伝説のゲーム。オリジナル版のアプリは対応機種が少ないため、アレンジ版のこちらをご紹介。


ゲーム開始直後は当時の雰囲気をかもしだしますが、一気に近未来の「スペースインベーダー」が出現します。敵も弾も入り乱れ、カオス状態。食らいつくのに必死でした。


当時は喫茶店のテーブルが全部このゲームで、うす暗い照明のなか、♪デッデッデッデッ……という効果音が店中に響いてましたねぇ。敵が自機を狙ってを撃ってくるという仕掛けは「スペースインベーダー」が初めてだそう。その難しさに何度も挑戦したのを思い出します。


スペースインベーダー インフィニティジーン:もう何もかも無茶苦茶…(左)2面からはより近未来っぽさが増す(右)

スペースインベーダー インフィニティジーン:もう何もかも無茶苦茶…(左)2面からはより近未来っぽさが増す(右)


『スペースインベーダー インフィニティジーン』を早速ダウンロード
アプリをダウンロード


詳細なレビューはこちら


R-TYPE

巨大な敵を撃破して「カ・イ・カ・ン★」
『R-TYPE』


アイレムが1987年に発売した横スクロール型シューティングの名作は、“撃って撃って撃ちまくれ!”と、ストレス解消に最適。


映画「エイリアン」に出てくるようなボスキャラは強大ですが、道中で出現する強化武器「フォース」を装着したり、ショットボタンを長押しして溜めてから発射する強力ビーム「波動砲」を駆使して撃破。


とにかく“カタイ”ボスキャラに何発も波動砲をぶち込んで破壊する快感はこのうえなし!


R-TYPE:とにかく自機を強化しないとボスには太刀打ちできない

R-TYPE:とにかく自機を強化しないとボスには太刀打ちできない


『R-TYPE』を早速ダウンロード
アプリをダウンロード

詳細なレビューはこちら


上海

何度でも挑戦できる戦略性が魅力
『上海』


PCゲームとして開発され、アーケードでは1988年にサンソフトよりリリースされました。


列の端にある同じ模様の牌を2枚1組ずつ取り除いて全部なくなればクリア、とルールは単純ながら、取り順や組み合わせを熟考しないと手詰まりになるという戦略性が楽しい、中毒度の高い作品です。


かくいうワタクシも当時、残り数個の牌で手詰まりになった時などは、ハンパない悔しさで何度もコインをつぎ込んだ覚えが…(汗)。


上海:こうなっちゃうともう最悪。「今度こそ!」とドはまりする原因

上海:こうなっちゃうともう最悪。「今度こそ!」とドはまりする原因


『上海』を早速ダウンロード
アプリをダウンロード


TRARISデラックス

“テトリス”をアレンジした作品が無料で遊べる
『TRARISデラックス』


ロシアの科学者が教育用に開発したパズルを、1988年にセガがアーケード版にしたのが“落ちモノパズル”の元祖「テトリス」。残念なことにオリジナル版は現在リリースされておらず、代わりに本アプリをご紹介。


オリジナルでは7種しかなかったブロック“テトリミノ”のバリエーションが増えた他、上向きにフリック操作するとブロックの形が裏返るなどアレンジがなされており、これはこれでかなり楽しめますよ。


TRARISデラックス:列の一気消しで高得点を狙おう(左)“元祖”とは違う形のブロックも落ちてくる

TRARISデラックス:列の一気消しで高得点を狙おう(左)“元祖”とは違う形のブロックも落ちてくる


『TRARISデラックス』を早速ダウンロード
アプリをダウンロード



いやぁ、やっぱり昔のゲームっていいですね。どれもこれも何度もプレイできる楽しさと奥深さがあり、今回ワタクシはプレイに熱中するあまり電車を乗り過ごしてしまうほど(実話)。改めてハマってしまいました。


当時やり込んだ人はもちろん、まだ生まれていなかった方も、Androidスマートフォンを通じてレトロなゲームの魅力に触れれば、新たな楽しみが広がりますよ!