Androidでコピーした文字がPCでペースト可能!スピーディにコピペ連携しよう『ClipSync』

2012年11月22日 16:04 by 一条 真人
ClipSync

ClipSync

『ClipSync』は、普通では不可能なPCとAndroidスマートフォン間の相互コピー&ペーストができるようになる超便利なアプリです。


Dropbox』でいいのでは?と思った方、確かにクラウドストレージを使うと、PCとAndroidスマートフォンの間で手軽にデータをやり取りすることができます。


画像やテキストファイルの転送などはこれで可能ですが、ちょっとした文字データのやり取りで、PCでコピーしたものを、Androidでペーストできたら、クラウドストレージを使うよりもスピーディにやり取りができることでしょう。


それでは早速使ってみましょう。


同じネットワーク環境で利用しよう

まず、本アプリは同じローカルネットワーク内でのみデータの転送が可能です。よってオフィスや自宅など、限られた環境でしかデータを転送できませんが、“コピペで高速にデータを転送する”というコンセプトを考えれば、問題ないでしょう。


また、ファイアウォールでは通信ポートを開くプログラムに対してブロックがかかっている場合があります。もしリンクが確立できなかったら、PCのメニューからブロックを解除するなどしてください。


PCにソフトをインストール

機能を実現するため、アプリに加えてPC側にサーバプログラムをインストールする必要があります。このサーバプログラムは同社のホームページからダウンロードできます。


PCからこのプログラムを起動すればインストーラが起動し、簡単にインストールされます。


ClipSync:PC画面。ClipSyncが常駐し、末尾にアイコンが表示されている状態

ClipSync:PC画面。ClipSyncが常駐し、末尾にアイコンが表示されている状態

インストール後はデスクトップにショートカットが作成されるので、それから起動すると常駐し、連携できる状態になります。


PC側でサーバを常駐させたら、Android側でアプリを起動しましょう。


Android側でアプリを起動して接続

アプリを起動後に「Connect to new Server」をクリックすると、サーバを検知して接続します。


ClipSync:サーバを検索中(左)接続した画面(右)

ClipSync:サーバを検索中(左)接続した画面(右)


なお、何らかの理由でサーバに接続できない時は想定されるいくつかの問題が表示されるので、同一ネットワークに接続されているかなどを確認しましょう。


ここまで読んで気になったら、ダウンロード
アプリをダウンロード


スマートなテキストデータのやり取りを実現

接続した状態で、PC側にて文字列を選択してコピーを実行すれば、Androidスマートフォン側でペーストできます。


ClipSync:PC画面。文字列を指定してコピー

ClipSync:PC画面。文字列を指定してコピー


ClipSync:Androidスマートフォン側でペースト。PC側でコピーした文字列がペーストされる

ClipSync:Androidスマートフォン側でペースト。PC側でコピーした文字列がペーストされる

そして、逆にAndroid側でコピーしたものをPC側でペーストすることもできます。


ちなみに文字列はコピー&ペーストできますが、画像はできないようです。


一度設定してしまえば、コピペ操作で簡単にテキストデータがやり取りできるため、短いテキストデータを転送するにはまさに最速と言っていいでしょう。ぜひ使ってみてください。

<総括>

PCとAndroid間の相互コピー&ペーストが可能になるアプリです。準備はPCにソフトをインストールするだけ。同じネットワーク内での利用が条件ですが、ビジネスマンなど、すばやくPCからAndroid(あるいはその逆)にテキストデータを転送したい人に役立ちます。

ClipSync
Jules Colle ClipSync 無料

『ClipSync』~Androidでコピーした文字がPCでペースト可能!スピーディにコピペ連携しよう~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ