2D&3Dのアートギャラリーから好きな音楽を視覚的に検索できる!『jukefox - a smart music player』

2012年11月25日 15:01 by Orange14
jukefox - a smart music player

jukefox - a smart music player

『jukefox – a smart music player』の特徴は、2D&3Dで表現されるアルバムアートマップ。これまでの音楽アプリにはない新しい表現のアルバムアートコレクションです。


もちろん、見た目だけが優れているのではなく、優秀な音楽プレイヤーアプリでもあります。曲間の空白を自動的にカットしてくれるギャップレス再生に対応し、シャッフル機能も充実。気分やジャンルごとでの再生が可能です。


すべて英語による表示ですが、直感的な操作ができます。それでは本アプリの使用方法をみていきましょう。


ユニークな「Tags」と3D機能

jukefox - a smart music player:「Tags」をタップすると自動的に読み込んだタグから再生可能

jukefox - a smart music player:「Tags」をタップすると自動的に読み込んだタグから再生可能

インストール後、左から2番目のアイコンをタップすると音楽再生内容の選択となります。


  • Artists:ミュージシャン名から再生
  • Albums:アルバム名から再生
  • Songs:曲名から再生
  • Genres:ジャンル名からの再生
  • Tags:楽曲などの情報から取得したタグごとに再生


この中でとてもユニークなのが「Tags」です。ここをタップすると、さまざまなキーワードが表示されており、タップするとキーワード内容に沿った音楽が再生されます。簡単に言うとiTunesの「Genius」のような機能となっています。


プレイリストを作成して自分の好きな曲だけを再生するのも楽しいですが、「今の気分」にあったものから再生するというのも中々おもしろいと思います。


また、楽曲をPCからインストールした際、自動的にアルバムアートを取得してくれます。ただ、一部取得されないものもあります。


jukefox - a smart music player:画面上部のキューブアイコンをタップすると3D、右端は2Dで表示される

jukefox - a smart music player:画面上部のキューブアイコンをタップすると3D、右端は2Dで表示される

右から2番目にあるキューブ状のアイコンをタップすると、3Dによるアルバムジャケットなどが表示されます。この時に楽曲再生していると、その曲のアイコンが光っており、画面上のマッピング図もそれが中心となっています。


右端のパネル状のアイコンをタップすると2D表示へ移動。2D・3D表示共にピンチイン/アウトすることで画面が拡大・縮小されます。


個人的には2Dの表示の方が目的の曲を探しやすいと感じました。とはいえ3Dの感覚は独特なものなので、一度体験されることをおすすめいたします。


また、虫眼鏡アイコンはキーワード検索となっています。目的のアーティストやアルバムなどの楽曲がある場合は、こちらにキーワードを打ち込んだ方が早く見つかります。


ここまで読んで気になったら、ダウンロード
アプリをダウンロード


今の気分の曲を選曲!ひと味ちがう機能を搭載

楽曲の再生画面で下部右端にあるアイコンをタップすると再生モードを選択することができます。他の音楽プレイヤーアプリにない機能がこのアプリに搭載されています。それが「Play similar songs」と「Smart shuffle」です。


jukefox - a smart music player:再生画面で右端のアイコンをタップすると再生モードの選択

jukefox - a smart music player:再生画面で右端のアイコンをタップすると再生モードの選択

「Play similar songs」は再生している曲に類似した曲を自動的に選んで再生してくれます。「Smart shuffle」は今の気分を自動的に理解して再生してくれます。


機能が似ている「Play similar songs」と「Tags」の大きな違いは、後者はあらかじめキーワードによる指定をしているという所。どちらも賢く選んでくれますが、「なんとなくいろいろと聴きたい」という時は本機能が便利だと思います。


また、左端のリストアイコンにある「Save playlist」をタップすると、ここまでシャッフル再生していたプレイリストを保存することができます。リスト名にその時の気分を記してみるのもよいですね!


ちなみに再生時は最初にもご説明したようにギャップレス機能のおかげで、空白時間もなくスムーズにシームレスな再生環境を楽しめます。


端末にもよりますが、音質もなかなかよく、心地よい音の世界にどっぷりと浸れるのではないでしょうか。


設定いらずですぐ使える!

jukefox - a smart music player:ウィジェットのサイズは2種類

jukefox - a smart music player:ウィジェットのサイズは2種類

設定をする際は、端末のメニューボタンを押して「Settings」をタップします。基本的な設定はデフォルト状態で十分楽しめます。再生内容・方法というよりも、設定内容は表示に関するものがほとんどなので、特に設定を変更することは必要ないと思いました。


しかし、「Last.fm」のアカウントを持っている人であれば「Scrobble to Last.fm」で連携設定を行うことをおすすめします。


「Last.fm」は、楽曲を聴いた履歴からユーザの好みを判断して選曲してくれるストリーミングラジオです。連携することで、より音楽を楽しめるでしょう!


これを有効化するには「Scrobble to last.fm」をタップし、「use internal scrobbler」をチェックしてアカウント設定できるようにしてください。


また、ウィジェットは4×1と2×3の2種類が用意されています。画面構成とあわせて使いやすいものを選んでくださいね!

<総括>

「ギャップレス再生」によって、LIVE空間にいるかのような音楽再生を楽しめるプレイヤー。3Dによるアルバムアート表示は美しく、これまでのタイル状の表示とは大きく異なる新しい感覚です。また、「Play similar songs」と「Smart shuffle」という賢いシャッフル機能によって、自動的にその時の気分に合うプレイリストを作成してくれます。

jukefox - a smart music player
Musicexplorer jukefox - a smart music player 無料

『jukefox - a smart music player』~2D&3Dのアートギャラリーから好きな音楽を視覚的に検索できる!~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ