かかってきた番号を詳細に識別!検索や着信拒否など賢い機能が満載『だれ電 電話帳・電話番号検索・着信拒否 (WhosCall)』

2012年11月30日 15:02 by 松本 光範
だれ電 電話帳・電話番号検索・着信拒否 (WhosCall)

だれ電 電話帳・電話番号検索・着信拒否 (WhosCall)

『だれ電 電話帳・電話番号検索・着信拒否 (WhosCall)』は、世界中で300万回以上ダウンロードされている、電話帳の管理、番号の検索、着信拒否がまとめてできるアプリの日本語版です。


プリインストールされている電話帳と同じ感覚で使えるのはもちろん、知らない番号を識別してくれたり、着信拒否を詳細に設定できたりと、便利な機能を多数備えています。


特に電話番号識別については、地域はもちろんのこと、Webに掲載されている番号であれば、会社や店舗名などをリンクから辿ることができます。GoogleのCEOが驚いたのも納得です。


米国や中国、香港、英国、インド、韓国、台湾などグローバルに利用できるのもポイントです。


Googleアカウントを登録して使用

だれ電 電話帳・電話番号検索・着信拒否 (WhosCall):緑ラインの項目が情報のある番号

だれ電 電話帳・電話番号検索・着信拒否 (WhosCall):緑ラインの項目が情報のある番号

最初に簡単な使い方が表示されます。最後にGoogleアカウントを登録すれば、アプリが起動します。アカウントは後からでも、画面右上のメニュー→「プロフィール」で登録できます。


メイン画面には分類された通話履歴が表示され、スワイプで「拒否した番号」や「不明な番号」、「登録した番号」と通話履歴を参照できます。


表示されている各番号は、長押しでタグの追加や発信、着信拒否などのアクションを選択可能。番号の下に「●件の結果」が表示されていれば、その番号が掲載されているWebサイトがあることを示します。


タップするだけで該当するWebページに直接アクセスできるため、登録していない番号でも会社名や店名などが一目瞭然です。


上部の3つのアイコンは左から「電話番号検索」、「連絡先のインポートやお気に入り、タグの整理」、「プロフィール、基本設定」などを操作できます。


また、お気に入りの飲食店や、よく電話をかける相手などは「お気に入り」に登録しておくと発信する時に便利です。ちなみに、お気に入りのカテゴリは任意で作成も可能です。


ここまで読んで気になったら、ダウンロード
アプリをダウンロード


チェックをつけるだけの簡単設定

だれ電 電話帳・電話番号検索・着信拒否 (WhosCall):発着信時に相手の情報がポップアップ

だれ電 電話帳・電話番号検索・着信拒否 (WhosCall):発着信時に相手の情報がポップアップ

「基本設定」画面では、「ポップアップ設定」、「電話拒否設定」、「SMS拒否設定」が行えます。設定は基本的にチェック項目ON/OFFなので非常に簡単です。


「電話拒否設定」では、非通知や国際電話の他、番号の一部だけでも設定が可能。拒否した番号をリストで確認することもできます。


また、「ポップアップ設定」は、電話着信時または発信時に相手の情報を画面に表示してくれます。登録してある場合はその情報を、他にも登録していない場合はどの地域からかを市外局番で識別してくれます。


ウィジェットも設置可能

だれ電 電話帳・電話番号検索・着信拒否 (WhosCall):大半の機能がある大サイズウィジェット

だれ電 電話帳・電話番号検索・着信拒否 (WhosCall):大半の機能がある大サイズウィジェット

ウィジェットは大と小の2種類。それぞれ通話履歴を参照できます。小サイズは、一旦アプリ画面にジャンプしますが、大サイズではウィジェットから直接発信やショートメッセージを送ることができるので便利です。

<総括>

登録していない番号を識別してくれ、かつ電話帳としても活躍してくれるアプリ。特に、登録していない会社やレストラン、ショップなどからたくさん電話がかかってきて、迷惑している人にとっては、折り返さなくても調べられる点がうれしいですね。

だれ電 電話帳・電話番号検索・着信拒否 (WhosCall)
GOGOLOOK だれ電 電話帳・電話番号検索・着信拒否 (WhosCall) 無料

『だれ電 電話帳・電話番号検索・着信拒否 (WhosCall)』~かかってきた番号を詳細に識別!検索や着信拒否など賢い機能が満載~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ