キーワードを入力するだけでアプリが起動できる!テキスト入力型ランチャー『Conjure』

2012年12月30日 18:02 by みろいど
Conjure

Conjure

『Conjure』というアプリをご紹介します。本アプリは、キーワードでアプリを起動したり、Web検索をしたり、Android 4.0以上ではスケジュールの登録も簡単に行えるというものです。


以前、『Vlingo』という、声でAndroidスマートフォンを操作するアプリをご紹介しましたが、その文字入力版の様な感じです。


「1文字」でアプリを起動
Conjure:キーワードを1文字入力するだけで自動でピックアップ

Conjure:キーワードを1文字入力するだけで自動でピックアップ

早速使ってみましょう。アプリを起動すると冒頭の画像が現れます。冒頭の画像にはアプリが表示されていますが、これは履歴として過去に起動したアプリです。


まず、画面上部の入力エリアに「つ」と入力してみました。すると『ついっぷる』や『ついっぷるトレンド』が候補として現れるので、起動したいアプリにタップすると簡単に起動することができます。


また、入力したキーワードに対して必ず「Search web for…」と「View…on map」が表示されるので、ここをタップすれば、それぞれキーワードでのWeb検索や『マップ』で場所の検索も可能です。


Androidスマートフォンをコントロール

次に、「sil」と入力してみると「Silent Mode」という項目が現れ、タップするとSilent Mode(マナーモード)に設定することができます。


また、アドレス帳に該当するキーワードがあると下の画像右の様に登録情報を表示してくれて、通話やSMSを簡単に起動することもできます。


Conjure:端末の設定変更(左)電話をかけることもできる(右)

Conjure:端末の設定変更(左)電話をかけることもできる(右)


また、どのキーワードでも必ず現れる「Speak…」をタップすると、そのキーワードを喋ってくれます。ただし、喋るのは英語のみで、さらにAndroidスマートフォンの言語設定を英語にしておく必要があります。


ここまで読んで気になったら、ダウンロード
アプリをダウンロード


簡単にスケジュール登録

次は、スケジュールへの登録についてです。この機能はAndroid 4.0以上でしか使えませんが非常に便利で、気に入っています。


Conjure:カレンダーへのスケジュール登録も簡単にできる

Conjure:カレンダーへのスケジュール登録も簡単にできる

みろいどはスケジュール管理に『ジョルテ』を使っていますが、スケジュールの登録にはアクションが多くてなかなか苦戦しています。ところが、本アプリを使うと簡単に登録ができるのです。


使い方は、アプリの入力部分に「予定のタイトル」「@」「場所」「予定日」「開始時間」「終了時間」を書き込むだけ。


書き方も若干自由度があり、時間などを「1pm」でも入力されますし、書き込む先のカレンダーを選択できます。


個別の動作設定が可能

最後に設定について簡単にご紹介します。アプリを起動してからメニューボタンを押すと下の図が現れます。設定項目は以下の通りです。


  • General Settings:本アプリを通知領域に配置するかしないか
  • Application Index:アプリのキーワードとのマッチングのインデックスを作り直す(確認のため、一度やっておくことをおすすめします)


Conjure:全体の設定画面(左)個別動作の設定画面(右)

Conjure:全体の設定画面(左)個別動作の設定画面(右)


「Command Settings」は、本アプリで操作の対象とする機能のON/OFFの設定となっています。右側の画像はカレンダーに関する設定で、ON/OFF以外にも検索結果に表示する最大件数やリマインダーの時間設定などができるようになっています。

<総括>

一見、キーワード入力をしなくてはいけない手間がある様に思える本アプリですが、慣れると非常に使いやすいです。ホーム画面にアプリアイコンを並べるよりシンプルなので、みなさんもぜひ一度お試しください。

Conjure
Jesse Andersen Conjure $1.99

『Conjure』~キーワードを入力するだけでアプリが起動できる!テキスト入力型ランチャー~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ