「Yahoo!スマホマネージャー」を使えばPCをAndroidの母艦とする事ができるか?その機能と使い勝手をレビュー

2012年12月20日 21:40 by segawear
「Yahoo!スマホマネージャー」を使えばPCをAndroidの母艦とする事ができるか?その機能と使い勝手をレビュー
「Yahoo!スマホマネージャー」を使えばPCをAndroidの母艦とできるか?

「Yahoo!スマホマネージャー」を使えばPCをAndroidの母艦とできるか?

Android版「iTunes」という位置づけを狙っているのでしょう、Android端末の管理ツール「Yahoo!スマホマネージャー」がヤフーよりリリースされましが、果たしてiPhoneとiTunesのような関係が、AndroidとYahoo!スマホマネージャーとの間で成立するのでしょうか。その機能と使い勝手を試してみました。

 
こちらもチェック!

  • モバイルWi-FiルーターならY!mobile
  •  

     

    そもそも、Androidに母艦は必要なのか?

    Android版「iTunes」と言えば、しっくり来る方も多いと思います。しかし、そもそもAndroidに母艦は必要なのでしょうか?調べてみれば、iPhoneに母艦としてのiTunesが必要なのは、次のような理由があるからだそうです。

    • デバイスのアクティベーションが必要
    • OSのアップデート時に必要
    • システムデータのバックアップと、復元に必要
    • 写真やアプリのデータを取り込む際に必要

     

    Androidで考えてみれば、初回起動やOSアップデートの際にPCに接続するは必要ありませんし、Androidの設定やブックマーク等のアプリケーションデータ、Google Playでダウンロードしたアプリのバックアップはクラウドで実現できています。ただ、写真や動画などのデータはバックアップする方法がありませんが、Google+にインスタントアップロード機能があるように、基本的にはクラウドで管理する思想です。

     

    一方で、何でもかんでもクラウドで管理することに抵抗があることも確かです。写真や連絡先など、クラウドにアップロードしてしまえば、ひとつ設定を間違えて使っていると、全世界に公開されてしまうのではないかという不安があります。やはり、パソコンにデータを保管しておくことの安心感がありますよね。Yahoo!スマホマネージャーはそのような用途で使えるかどうか、各画面のスクリーンショットと共に解説していきます。

     

    Windows版をインストールして起動する

    まずは、インストールしたYahoo!スマホマネージャーを起動してみましょう。

     

    1280 x 1024 のディスプレイで、このくらいのウィンドウサイズを占める

    1280 x 1024 のディスプレイで、このくらいのウィンドウサイズを占める

     

    現在提供されているのはWindows版のみです。Windows7のパソコンにインストールして、起動してみました。ウィンドウのサイズが変えられないのが少々残念ですが、デザインはシンプルで綺麗な印象です。1280 x 1024 のディスプレイで、上記の画像で示すくらいのウィンドウサイズを占めます。

     

    端末をPCに繋いで認識させよう

    画面の指示に従い、Android端末をUSBで接続してみます。

     

    USBデバッグをONにする必要があります

    USBデバッグをONにする必要があります

     

    端末の「USBデバッグ」をオンにする必要があるようです。私は仕事柄、端末のUSBデバッグは常時オンですのでスキップしましたが、デフォルトはオフですので設定画面の「開発者向けオプション」より設定を変更する必要があります。

     

    ちなみに、「Nexus 4」や「Nexus 7」などAndroid 4.2では「開発者向けオプション」は隠されていて、これを解除するには「端末情報」の「ビルド番号」を連打するというイースターエッグ的な操作を求められます。

     

    次に、パソコンに端末を認識させるためのドライバーをインストールする必要があります。

     

    ドライバーインストール画面が・・・

    ドライバーインストール画面が・・・

     

    ここで軽く問題が発生しました。私の使っている端末「MOTOROLA RAZR IS12M」は、「MOTOROLA MT620」と認識され、中国語?のドライバーインストール画面らしきウィンドウが表示されました。MT620じゃないので「x」ボタンで回避。というか、もともとRAZRのドライバーはインストール済みでしたのでスキップしました。

     

    ここまで来てようやく端末が認識。晴れてYahoo!スマホマネージャーを使えるようになりました。

     

    バックアップ機能を試す

    起動後に表示される「デバイス」画面では、ファイル管理、バックアップおよび復旧、マイアプリの管理が可能です。

     

    「デバイス」画面

    「デバイス」画面

     

    端末が認識した段階で、『Yahoo! JAPANウィジェット』『Yahoo!』『Y!スマホマネージャー』『Y!スマホマネージャーコネクト』『Y!マーケット』という5つのアプリが自動的にインストールされます。Yahoo!さん、なかなか強気ですね(汗)

     

    気を取り直して、画面左下、オレンジの「バックアップ」ボタンを押してみました。

     

    バックアップ項目

    バックアップ項目

     

    現在のところ、バックアップ可能な項目は「連絡先」と「(SMS)メッセージ」だけのようです。Wi-Fi接続情報などのシステム設定はバックアップを取ることはできないようです。

     

    Tapnowミュージックストア

    「音楽」画面では、”Tapnow ミュージックストア“にある楽曲を購入することができます。さながらiTunes ミュージックストアのようなイメージです。

     

    「音楽」画面

    「音楽」画面

     

    2013年1月21日まで限定で、EXILEさんの「道」が無料でダウンロードできます。こちらをゲットする目的だけでインストールしても良いんじゃないでしょうか。

     

    アプリのインストールは直接できるか

    「アプリ」そして「ゲーム」画面では、Google Play, Yahoo!マーケット, そして Tapnowマーケット で配信されているAndroidアプリを探すことができます。

     

    「アプリ」画面

    「アプリ」画面

     

    試しにGoogle Play配信のアプリ『冷蔵庫チェッカー』のインストールを試してみました。

     

    Google Play配信のアプリは直接インストールできない(Google PlayのWebサイトを表示)

    Google Play配信のアプリは直接インストールできない(Google PlayのWebサイトを表示)

     

    インストールボタンを押したところ、ブラウザ(なぜか規定のブラウザに設定しているChromeではなく、IE)が起動してGoogle PlayのWebサイトが表示されました。Google Play配信のアプリは直接インストールすることはできないようです。

     

    Yahoo!マーケット配信のアプリも直接インストールできず、Yahoo!マーケットのWebサイトが表示される

    Yahoo!マーケット配信のアプリも直接インストールできず、Yahoo!マーケットのWebサイトが表示される

     

    ならば、と思いYahoo! マーケット配信アプリのインストールを試みてみましたが、こちらも同様にIEが起動してYahoo!マーケットのWebサイトが表示されるだけでした。

     

    Tapnowマーケット配信のアプリは直接インストール可能!

    Tapnowマーケット配信のアプリは直接インストール可能!

     

    ですが、Tapnowマーケット配信のアプリは直接インストールすることが可能です。試しに『Simeji』のインストールボタンを押してみたところ、スルスルッと入っていきました。これは便利。

     

    写真や連絡先のデータを管理

    「写真」「動画」「ドキュメント」の画面では、端末内に保存されている各種のデータを表示し、パソコンに転送することが可能です。

     

    「写真」画面

    「写真」画面

     

    このような操作は、Windowsがリムーバブルディスクとして認識したAndroid端末を、エクスプローラで参照することでファイルのコピー等が可能ですが、Yahoo!スマホマネージャーは自動的に写真や動画ファイルを検索して並べて表示してくれますので操作が簡単です。

     

    「連絡先」画面

    「連絡先」画面

     

    「連絡先」画面では、『連絡帳』のデータを参照し、管理することができます。編集できる内容は、Googleコンタクトのサイトでの操作と同様のようです。

     

    以上、ひと通り試してみた結果、母艦としての要件であった「バックアップ」は連絡先とSMSメッセージのみでしたが、写真をパソコンに取り込む用途では、かなり便利そうです。

     

    Androidは基本的にワイヤレス、母艦なしでの運用が基本ですが、このようにYahoo!スマホマネージャーでのローカルバックアップを併用し、必要に応じて、クラウド利用とパソコンでのデータ管理を使い分けるのも良いでしょう。Mac対応やバックアップ項目の拡充など、今後に期待を込めて。