無料のベビーモニター!いつでも赤ちゃんを見守れるパパ・ママ必見アプリ『Baby Monitor』

2013年01月09日 16:02 by ちえ
Baby Monitor

Baby Monitor

赤ちゃんを育てていると、いつも目の届くところに居ないと不安になりますよね。でも家事をする時など、やむを得ずその場を離れなければならないことも…。

 

そんな時におすすめなのが、『Baby Monitor』。赤ちゃんの泣き声を感知すると、登録した電話番号へ発信、またはSMS送信してくれるアプリです。

 

泣き声の感知に限らず、写真を自動的に撮影してSMS送信することも可能です。赤ちゃんを監視する専用の機械が販売されていますが、高価なものがほとんど。

 

本アプリは無料で使えるので、手軽に赤ちゃんを見守ることができますよ。

 

利用にはスマホと別の「電話」が必要!

はじめに、本アプリは赤ちゃんの泣き声を感知して携帯電話へ通知する際、電話回線を利用します。そのため、回線契約のあるAndroidスマートフォンと、もう1台通信可能な電話が必要です。

 

もう1台の「通信可能な電話」については、SMSか電話の着信ができればいいので、固定電話やフィーチャーフォンでも構いません。

 

では、早速使ってみましょう。「Baby Alarm」をタップして、利用を開始します。

 

簡単設定で“見守り”スタート
Baby Monitor:「Baby Alarm」設定画面

Baby Monitor:「Baby Alarm」設定画面

まずは、「Phone number」に通知先の携帯電話の番号を入力。右のアイコンをタップすると、電話帳から引用もできます。

 

「Contact method」で、通知の方法を選択します。「Call number」を選択すると電話を発信、「Send SMS」はSMSを送信します。

 

「Take picture」で「Yes」を選択すると、感知した時の写真を撮影することができます。

 

撮影した画像はサーバに保存され、SMS送信を有効にしている場合、メールに画像リンクが追加されます。

 

「Sensitivity level」で、感知する声の大きさを設定できます。デフォルトでは80に設定されていますが、スライダーで自由に変更可能です。

 

画面下部の「Test sensitivity」をタップすると、実際にどの程度の音量なのかテストできます。あまり小さくしてしまうと普段の生活音で誤作動してしまうこともあるので、何度か試してちょうどいい感度を見つけてくださいね。

 

設定が完了したら、「Start the baby monitor」をタップすれば監視が始まります。スマホを赤ちゃんのいる部屋に置いて、もう一方の電話を着信が取れる状態にしてその場を離れましょう。

 

Baby Monitor:「Baby Alarm」作動中画面

Baby Monitor:「Baby Alarm」作動中画面

なお写真撮影をONにしている場合、カメラのレンズが赤ちゃんのベッドを捉えている必要があります。

 

端末用のスタンドやクリップ式の三脚などを使って、上手に利用しましょう。

 

ここまで読んで気になったら、ダウンロード

アプリをダウンロード

 

睡眠ログも取れる!リズム管理もおまかせ

設定されている音量以上の声で赤ちゃんが泣くと、本アプリが作動します。音声発信かSMSで通知され、停止すると睡眠ログ(sleep log)を保存するか問われます。

 

同意すると「Sleeping time」として、本アプリが作動していた時間が記録されます。「Sleeping time」にはメモを書き込むこともできますよ。

 

赤ちゃんが寝ている時に本アプリを作動させておき、停止する時にログを保存しておけば、赤ちゃんの睡眠リズムを後から確認でき、便利です。

 

Baby Monitor:「sleep log」登録のガイダンス(左)登録画面(右)

Baby Monitor:「sleep log」登録のガイダンス(左)登録画面(右)

 

保存した「sleep log」は、トップ画面の「Sleep Diary」から確認できます。

 

Baby Monitor:「Sleep Diary」から睡眠リズムを確認

Baby Monitor:「Sleep Diary」から睡眠リズムを確認

また、「Add entry」から手動で睡眠ログの追加も可能です。

 

リスト形式なので若干見づらいのが残念ですが、今後のアップデートで日付けや時間などの並べ替えに対応してくれることを期待したいですね。

 

Baby Monitor:「Images」で画像を確認できる

Baby Monitor:「Images」で画像を確認できる

自動的に撮影された画像は、「Images」から確認できます。

 

母親と離れている時の赤ちゃんの様子って、意外と見られる機会が少なくて貴重だったりしますよね。

 

そんな赤ちゃんの写真を見るのもおもしろいかもしれません(とはいえ、大泣きしている時の顔は、心が痛むのですが…)。

 

本アプリは、監視している間、スマホを置きっぱなしにしなければいけなかったり、複数電話を利用するなど条件が限られてしまいますが、無料でベビーモニターを使えるのはやはり魅力的です。

 

パパ・ママのみなさん、ぜひ試してみてくださいね。

<総括>

赤ちゃんの泣き声を感知してくれる、シンプルなベビーモニターです。設定した電話番号に音声発信かSMS送信で泣いていることを通知してくれます。自動的に撮影する機能も備えており、いつでも子どもの様子を確認できます。また、睡眠ログを取ることもでき、赤ちゃんの生活リズムの管理に役立ちます。

Baby Monitor
MVA Baby Monitor 無料

『Baby Monitor』~無料のベビーモニター!いつでも赤ちゃんを見守れるパパ・ママ必見アプリ~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ