撮影して、画面を指でこするだけ!簡単にオモシロショート動画が作成できる『motiongraph - 動く写真 ”モーショングラフ”』

2013年01月13日 16:03 by はぎぞー
motiongraph - 動く写真 ”モーショングラフ

motiongraph – 動く写真 ”モーショングラフ

『motiongraph – 動く写真 ”モーショングラフ”』は、簡単にショート動画が作れるアプリです。作成できる動画は、一部を動かすことができる写真に近いイメージになります。

 

実際に作成した動画を先にお見せしておきます。自動車が消えたと思ったら、バックで戻ってきます。こちらからご覧ください。

 

操作は簡単で、約5秒の短い動画を撮影し、動かしたい部分を指でこすって選択するだけ。削ってない部分は元の動画のままです。

 

長い動画や凝ったエフェクトだと、いろいろ考えてしまいますが、これなら深く考えずにパッと思いつきで気軽に楽しめます。

 

動画を撮影する

アプリ自体の機能もシンプルです。基本的には下記2点のみです。

 

  • 動画の撮影・編集と投稿
  • 世界中から「motiongraph」に投稿された動画の閲覧

 

motiongraph - 動く写真 ”モーショングラフ”:撮影画面

motiongraph – 動く写真 ”モーショングラフ”:撮影画面

それでは、動画の撮影・編集と投稿の方法を紹介します。アプリのTOP画面右上にある「Create」をタップします。カメラが起動するので、約5秒間、動画を撮影します。

 

撮影が完了すると、編集画面になります。

 

まずは動画の使用区間を決めます。「動かす」を選択し、画面の緑色の部分を指でこすって、動かしたい部分を決めます。「速さ」を選択すると、動画の再生速度や滑らかさを設定できます。

 

motiongraph - 動く写真 ”モーショングラフ”:動かしたい部分をこする(左)編集画面(右)

motiongraph – 動く写真 ”モーショングラフ”:動かしたい部分をこする(左)編集画面(右)

 

動かしたい部分を元に戻したい場合は、「止める」を選択し、画面をこすってください。すると緑色に戻って動かなくなります。

 

画面右中央の矢印をチェックすると、通常動画の後に逆転動画が表示されるようになります。画面中央の「プレビュー」をチェックすると、プレビューを見られます。

 

ここまで読んで気になったら、ダウンロード

アプリをダウンロード

 

世界中のショート動画も楽しめる

編集が終わったら、画面下部右のチェックマークをタップ。このタイミングで、端末に動画が保存されます。保存が完了すると、共有画面になります。ちなみに、端末に保存される動画はアニメーションGIFなので、PC等でも閲覧できます。

 

タイトル、ジャンルを選択し、投稿先を選択します。「共有」をタップすれば、投稿完了。投稿先を指定しなくても、「共有」をタップすれば「motiongraph」に投稿可能です(Googleアカウントの認証が必要です)。「画像一覧に戻る」をタップすれば、アプリのTOP画面に戻ります。

 

motiongraph - 動く写真 ”モーショングラフ”:「共有」画面(左)「マイイメージ」画面(右)

motiongraph – 動く写真 ”モーショングラフ”:「共有」画面(左)「マイイメージ」画面(右)

 

自分が作った動画は、「マイイメージ」「SDカード」から確認できます。「マイイメージ」は自分が「motiongraph」に投稿した動画を閲覧できます。

 

アプリのTOP画面からは、世界中から投稿された動画を観られます。「すべて」「アート」「トリック」「お笑い」「カワイイ」のジャンルから選択できます。

<総括>

お遊び動画を作れるアプリです。約5秒の短い動画を撮影し、画面の動かしたい領域を指でこすって選択するだけで、気軽に動画を作れます。動画が短いだけに、センスが必要かもしれませんが、ぜひ試してみてください。

motiongraph - 動く写真 ”モーショングラフ”
Sony Digital Network Applications, Inc. motiongraph - 動く写真 ”モーショングラフ” 104円

『motiongraph - 動く写真 ”モーショングラフ”』~撮影して、画面を指でこするだけ!簡単にオモシロショート動画が作成できる~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ