定期的に機能はOFF!端末機能を無効にする事で大幅にバッテリーを節約できる『Deep Sleep Battery Saver』

2013年01月29日 15:02 by みろいど
Deep Sleep Battery Saver

Deep Sleep Battery Saver

『Deep Sleep Battery Saver』は、Androidスマートフォンの動作をできるだけ停止して、バッテリーの節約をしようというものです。

 

以前、『自動機内モード制御Free』というアプリを紹介しました。これは、機内モードを利用してバッテリーを節約する、というものでしたが、本アプリは、通信はもちろん、アプリ等の起動も制限できます。

 

本アプリは通信を遮断する時間が長めに設定できるので、頻繁に端末を利用しない方は、本アプリを併用することで、かなりバッテリー節約効果を体感できるかもしれません。

 

バッテリー節約頻度を設定する

使い方は簡単です。起動すると下図の様な画面が現れます。上部が「オン(〇〇)」となっていると、本アプリが動作している状態となります。止めたい場合はボタンをタップしてください。

 

「〇〇」は節約の程度を表し、「プロフィール」から選択できます。無料版の本アプリでは、「カスタマイズ」以外の5段階の設定ができます。

 

Deep Sleep Battery Saver:画面上部のボタンで機能のON/OFFを切り替え(左)有料版では「平日の設定」なども設定できる(右)

Deep Sleep Battery Saver:画面上部のボタンで機能のON/OFFを切り替え(左)有料版では「平日の設定」なども設定できる(右)

 

デフォルトの節約程度を簡単に紹介します。どの設定でもスリープモードになると、効果を発揮します。

 

  • 「弱」:30分間に1分間だけ通信を行う
  • 「微弱」:45分間に1分間だけ通信を行う
  • 「中」:1時間に1分間だけ通信を行う
  • 「強」:2時間に1分間だけ通信を行う
  • 「最強」:通信を行わない

 

一定期間の通信を制御できるので、例えば運動中や買い物中、趣味に没頭する時間などに使用するのもいいかもしれません。

 

ここまで読んで気になったら、ダウンロード

アプリをダウンロード

 

通信制限を行うため、バッテリー節約効率は高い

みろいどが「最強」で試してみたところ、1日端末を放置した場合、平均して夕方には電池がなくなっていた端末のバッテリーが70%程度残っていました。『自動機内モード制御Free』では50%程度残っていましたので、本アプリはそれを上回る節約ができるようです。

 

Deep Sleep Battery Saver:通信遮断中に通信が発生すると、エラーになる事がある

Deep Sleep Battery Saver:通信遮断中に通信が発生すると、エラーになる事がある

但し、一定期間ごとに通信を遮断するため、例えば図のようにアンチウィルス系アプリのパターン更新の時間に、エラーになる場合もあります。

 

また、メール受信についても同様です。「弱」の設定にしても30分間に1分だけ通信を起動するので、その時に受信することは可能な様ですが、最大30分遅れてメールが到着する感覚になります。

 

本アプリは、こうした通信の遮断がある事を、踏まえて利用する必要があります。しかし、ワンタップで機能のON/OFFが変更できるので、状況に応じて使い分けてみてください。

 

詳細設定について

起動画面の右上にある「歯車マーク」をタップして、設定項目内の「DeepSleep」という項目をタップするとスリープモードまでの時間や、通信量などの設定ができます。

 

Deep Sleep Battery Saver:設定画面(左)「DeepSleep」設定画面(右)

Deep Sleep Battery Saver:設定画面(左)「DeepSleep」設定画面(右)

 

「バックグラウンドデータ」は、指定した通信量になると機能をOFFにできます。

 

Deep Sleep Battery Saver:バッテリー残量により自動でON/OFFを切り替え

Deep Sleep Battery Saver:バッテリー残量により自動でON/OFFを切り替え

その他、「バッテリー」の項目も設定しておいてください。

 

本アプリの動作をOFFしている時でも、バッテリー残量が非常に少なくなった時にはONにする様な設定、充電中はOFFにするなどの設定ができます。

 

より詳細な設定ができる有料版『Deep Sleep Battery Saver Pro』もあります。

<総括>

Androidスマートフォンの通信やアプリ等の起動を制限できます。今回1日放置した時の節約量の体感を紹介しましたが、端末を持って場所を移動するケース(通勤、通学など)では、移動する方がバッテリーを消費していました。操作は非常に簡単にできるので、きっとバッテリー節約を実感できると思います。

Deep Sleep Battery Saver
Root Uninstaller Deep Sleep Battery Saver 無料

『Deep Sleep Battery Saver』~定期的に機能はOFF!端末機能を無効にする事で大幅にバッテリーを節約できる~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ