充電中にスマホを使うのはなぜNG?“寿命”を縮める使い方から卒業して、スマホの電池をより長く使おう!

2013年02月26日 10:30 by せう
充電中にスマホを使うのはなぜNG?“寿命”を縮める使い方から卒業して、スマホの電池をより長く使おう!
充電中にスマホを使うのはなぜNG?

充電中にスマホを使うのはなぜNG?

充電しながらスマホを使っている方いませんか?その使い方は実は基本的にはNG。

 

「なぜNGか?」というと、それは電池の劣化を早めてしまう可能性があるからです。詳しくはまずスマートフォンの電池について詳しく知る必要があります。

 

劣化した電池の交換は、とりわけ自分で電池交換できない機種では経済的な負担になってしまいます。そこで、本記事では電池を少しでも長持ちさせるために気をつけて欲しいことを伝授します。

 

NTTドコモの広報部さんからいただいたコメントも併せてご覧ください。

 

電池を長持ちさせるためのコツ

 

スマホの電池はどんなもの?

フィーチャーフォンやスマートフォンでは、「リチウムイオン二次電池」(以下、リチウムイオン電池)が使われています。その名の通り、リチウムイオンが電池内を行き来して電気を発生させる仕組みとなっています。

 

Xperia Z SO-02E」や「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」といった電池交換を自分でできない一部の内蔵機種で採用されている「リチウムイオンポリマー二次電池」(以下、リチウムポリマー電池)も、広義のリチウムイオン電池に含まれます。

 

スマホ用のリチウムイオン電池と、パソコン用のリチウムポリマー電池。いずれもリチウムイオン系電池であることを示す“Li-ion”のマークが付いている

スマホ用のリチウムイオン電池と、パソコン用のリチウムポリマー電池。いずれもリチウムイオン系電池であることを示す“Li-ion”のマークが付いている

 

1 2 3 4 5