老舗ランニングアプリがついに日本語対応!Facebook連携でランニング中に友達が声援してくれる『Nike+ Running』

2013年02月24日 12:05 by はぎぞー
Nike+ Running

Nike+ Running

ついに日本語化されたランニングアプリの定番『Nike+Running』を紹介します。

 

筆者は、iPod時代からランニング管理サービスとして「Nike+」を利用していたのですが、Android版がなかなか日本語対応されず、仕方なく他のランニングアプリやiPhoneを使っていましたが、ついに日本語対応してくれました!

 

筆者と同じように日本語対応を待ち望んでいた方も多いと思うので、そんなみなさんに、超おすすめです!

 

充実の機能と簡単操作

新たにランニングアプリを使う方にも、老舗だけあって機能は充実しています。ランニング中の時間、走行ルート表示、音声ガイド、ランニングデータの履歴表示、SNS・PCサイトとの連携などができ、必要な機能を備えています。

 

まずはアカウント登録します。『Facebook』のアカウントを持っていれば、利用できます。ニックネーム、パスワード、身長、体重等を入力しましょう。

 

Nike+ Running:ログイン画面(左)プロフィール情報画面(右)

Nike+ Running:ログイン画面(左)プロフィール情報画面(右)

 

ログインが完了したら、デフォルトの単位がヤード・ポンドなので、「設定」→「アカウント設定」から単位を「メートル法」に変更しましょう。『Twitter』や『Facebook』と連動させる場合は「設定」→「設定を共有」から行います。ちなみに、PCサイトにも同じアカウントでログインできます。

 

スマホと共にランニングしよう

設定が完了したら、あとは走るだけです。画面右上の「ランナーマーク」をタップ。ワークアウトの設定画面になります。

 

画面上部のタブから、「基本ワークアウト」「DISTANCE:距離設定」「TIME:時間設定」「自己記録への挑戦」を選択します。普通に走る場合は「基本ワークアウト」で大丈夫です。

 

Nike+ Running:ランナーマークをタップして走ろう(左)ワークアウト設定画面(右)

Nike+ Running:ランナーマークをタップして走ろう(左)ワークアウト設定画面(右)

 

「声援をチカラに」をONにすると、ランニングをスタートしたことをアプリ経由で『Facebook』に投稿。友だちが「いいね!」すると、リアルタイムで「ワァーワァー」という声援が、ランニング中に聞こえてきます。おもしろい機能なので、試してみてください。

 

「START」をタップすると、カウントダウンが始まり、ワークアウト開始です。ランニング中は、画面右下の矢印をタップで、地図と現在地を確認できます。

 

Nike+ Running:ランニング中の画面(左)ランニング中に地図表示が可能(右)

Nike+ Running:ランニング中の画面(左)ランニング中に地図表示が可能(右)

 

また、「音声フィードバックの設定」で距離毎または画面タップで、距離・タイム・ペースを音声で知らせてくれます。

 

ここまで読んで気になったら、ダウンロード

アプリをダウンロード

 

様々なランニング記録が確認できる

ワークアウト終了時は、画面下部の「ランを一時停止」をタップし、さらに「ラン終了」をスライドします。

 

Nike+ Running:ランを終了させる(左)ワークアウト終了画面(右)

Nike+ Running:ランを終了させる(左)ワークアウト終了画面(右)

 

マップ上には、走行ルートが表示され、ペースが色(緑→速い、赤→遅い)でわかり、画面右上のひし形マークをタップで、1キロ毎のラップタイムを確認できます。さらに『Twitter』、『Facebook』への共有もできます。

 

Nike+ Running:1キロ毎のラップタイム(左)ワークアウト終了画面(右)SNS共有画面

Nike+ Running:1キロ毎のラップタイム(左)ワークアウト終了画面(右)SNS共有画面

 

「共有画面」では、走行ルートの共有も選択できます。『Facebook』への投稿に関して、1点問題があって、距離がマイル(mi)表示になってしまいます。換算が難しいので、早急に対応してほしい!

 

ランニング結果は、画面左上の「アクティビティ」から確認できます。画面上部のタブから、「結果の一覧」、「月間走行距離」、「バッジ一覧」が見られます。

 

Nike+ Running:「アクティビティ」からランニング結果を閲覧できる(左)過去のランニング結果一覧画面(右)

Nike+ Running:「アクティビティ」からランニング結果を閲覧できる(左)過去のランニング結果一覧画面(右)

 

バッジはを集めることも、ランニングを行う目標のひとつになります。コレクション好きな方は、ぜひ試してみてください。

 

結果一覧から「アクティビティ」を選択すると、詳細を確認できます。

<総括>

ランニングアプリの定番がついに日本語対応しました。ランニングアプリとして十分な機能を持ち、操作やSNS連携も簡単で使いやすいです。PCサイトもよくできているので、ヘビーユーザだけでなく、初心者の方にもおすすめです。

Nike+ Running
Nike, Inc. Nike+ Running 無料

『Nike+ Running』~老舗ランニングアプリがついに日本語対応!Facebook連携でランニング中に友達が声援してくれる~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ