徹底的に節電!スマホの動作を解析して電池消費の悪いアプリを探してくれる『Carat』

2013年03月23日 16:02 by みろいど
Carat

Carat

『Carat』というアプリをご紹介します。本アプリは、一定期間Androidスマートフォンの動作をウォッチし、アプリの起動状態からバッテリーを多く使っているものをピックアップしてレポート化してくれるます。

 

沢山アプリをインストールしていて、バッテリーの持ちが悪くお困りの方におすすめです。

 

使う前に端末の動作傾向を調査

本アプリは最初に端末の状態をチェックするための、レポートが利用できるまで、およそ1週間程かかります。また使い方によって日数は前後しますので、1日1回を目処に定期的にアプリを起動してみてください。

 

Carat:しばらく使うと「Actions」に改善可能なアプリが表示される

Carat:しばらく使うと「Actions」に改善可能なアプリが表示される

本アプリの特徴は2点。

  • 「J-Score」という端末のバッテリー消費量のスコアを世界中の本アプリを利用するユーザの統計から評価をつけてくれる
  • 特定のアプリを停止した場合の具体的なバッテリー持ち時間の改善数値を示してくれる

 

また、通常のバッテリー監視アプリは、端末を充電器から外して再度充電するまでの消費から判断しますが、本アプリは、長期間の動作を集計してくれます。

 

これは、監視している充電サイクル内で、たまたま動いてなかった、使ってなかったけど実はバッテリーを消費する問題児なアプリも見つけ出してくれることが可能になります。

 

ここまで読んで気になったら、ダウンロード
アプリをダウンロード

 

アプリを終了させてバッテリーの持ちを改善

バッテリーの持ちを改善するためにアプリを停止させることになりますが、画面の「Actions」というタブの画面で対象のアプリをタップすると、下記の図のように簡単に停止することができるようになっています。

 

Carat:どれだけバッテリーが持つようになるかひと目でわかる(左)タスクキラー機能でアプリを終了(右)

Carat:どれだけバッテリーが持つようになるかひと目でわかる(左)タスクキラー機能でアプリを終了(右)

 

上記の左画像の例では、LINEを停止させると30分バッテリーの持ちが良くなるということです。停止させる動作はTask Killer系のアプリなどにもありますが、本アプリ内で簡単にできてしまうのでとても便利です。ただしアプリによっては停止しても勝手に動き出すものもあります

 

端末のバッテリー消費順位がわかる
Carat:「j-Score」とは何か

Carat:「j-Score」とは何か

「J-Score」は、本アプリをインストールしている世界中の端末のバッテリー消費量の順位です。

 

同じ端末でも使い方やインストールアプリの数、端末のバッテリーの弱り方などにも依存しますので、これは端末を評価というより、今自分が使っている端末がどの位のバッテリー持ち度の状態であるかがわかるものです。

 

50が丁度真ん中となるとのことで、冒頭の画像を見る限りみろいどの端末は「66」。スコアとしては「中より少しいい感じ」というところです。

 

 全体の消費レポートも表示してくれる
Carat:「Hags」からはバッテリーを消費しているアプリが確認できる

Carat:「Hags」からはバッテリーを消費しているアプリが確認できる

「Hogs」にはバッテリー消費の大きなアプリがレポートされます。また、「Bugs」のタブは、「バグを持ったアプリ」が表示されるようですが、みろいどの端末にはバグ判定されたアプリはありませんでした。

 

これらのレポートは自分の端末の情報だけではなく、本アプリを使っている世界中の端末からの情報となっているところが大きな違いであり凄いところです。

<総括>

通常のバッテリー管理アプリとはひと味違った長期かつ、自分以外の端末と情報と比較して総合的なバッテリー節約を提案してくれるアプリです。いろいろ試しているが、なかなかバッテリーの節約が出来ていない方はぜひ一度お試しください。

Carat
Carat Team Carat 無料

『Carat』~徹底的に節電!スマホの動作を解析して電池消費の悪いアプリを探してくれる~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ