豊富なデザインに目を惹かれる!ゼロからウィジェットを自作できるカスタマイズアプリ『Ultimate custom widget (UCCW)』

2013年03月29日 16:02 by はぎぞー
Ultimate custom widget (UCCW)

Ultimate custom widget (UCCW)

『Ultimate custom widget』は、ウィジェットを自分で作成できるアプリです。

 

ウィジェット作成と聞いて、「見た目のカスタマイズだけ?」と思う方がいるかもしれませんが、このアプリは違います!

 

アプリのショートカット、年月日時分、曜日、バッテリー残量、温度、天気等の様々な情報・機能を自由にウィジェットに組み込むことができます。

 

デザインだでけなく、機能もオリジナルのウィジェットを作りたいと考えている方には、ぜひおすすめしたいアプリです。

 

最初にスキンをダウンロードしよう

ウィジェットを設置する前に、Google Playで「uccw」と入力してアプリの検索を行ってください。「~skin」と表示されたアプリ(スキン)が多数表示されると思います。

 

これらのスキンは本ウィジェットのデザインの基礎となりますので、いくつかダウンロードしておいてください。

 

Ultimate custom widget (UCCW):Google Playから様々な種類のスキンをダウンロードできる

Ultimate custom widget (UCCW):Google Playから様々な種類のスキンをダウンロードできる

 

次に、ウィジェットをホーム画面に置きます。サイズは複数ありますので、自由に選択してください。

 

Ultimate custom widget (UCCW):ウィジェットのサイズも多数ある

Ultimate custom widget (UCCW):ウィジェットのサイズも多数ある

 

サイズを選択するとスキンの選択画面になります。「Create a new skin」は新規スキンの作成。「Open uzip」はインターネット等から入手したスキンの解凍になります。その他、入手したスキンの一覧が表示されます。

 

「Create a new skin」ないし、入手したスキンを選択すると、いったんホーム画面に戻ります。画面の「Touch here」をタップしてください。最初のうちは、お気に入りのスキンをダウンロードして、ウィジェットを作る方が簡単です。

 

Ultimate custom widget (UCCW):スキン選択画面(左)インストールしたスキンを選択するだけで、豊富なデザインのウィジェットを作成できる(右)

Ultimate custom widget (UCCW):スキン選択画面(左)インストールしたスキンを選択するだけで、豊富なデザインのウィジェットを作成できる(右)

 

ここまで読んで気になったら、ダウンロード

アプリをダウンロード

 

カスタマイズしてみよう

「Create a new skin」を選択した場合は、ホーム画面の「Touch here」をタップすると、白紙のスキンが表示されます。画面上部のボタンを選択して、カスタマイズしていきましょう。

 

  • SELECT OBJECT:オブジェクトの選択
  • +/-:オブジェクト追加/削除
  • SORT:オブジェクトの順番

 

まずは、オブジェクトの追加を行ってみます。オブジェクトの種類は、アプリのショートカット、年月日時分、曜日、バッテリー残量、温度、天気等の情報から、テキスト、図形まで多数あります。ウィジェットに表示したいオブジェクトにチェックを入れてください。

 

Ultimate custom widget (UCCW):白紙のスキン(左)選択できるオブジェクトは多数(右)

Ultimate custom widget (UCCW):白紙のスキン(左)選択できるオブジェクトは多数(右)

 

追加したオブジェクトの位置等を編集する際は、「SELECT OBJECT」から編集したいオブジェクトを選択します。編集項目は左右スワイプで切り替えることができ、オブジェクト毎に編集項目は異なります。

 

Ultimate custom widget (UCCW):オブジェクト毎に選択して編集していく

Ultimate custom widget (UCCW):オブジェクト毎に選択して編集していく

 

ちなみに位置の移動は、オブジェクトをタップ&ホールドしてもできます。「SORT」で重なりの順序を変更することもできます。

 

Ultimate custom widget (UCCW):筆者作成のウィジェット

Ultimate custom widget (UCCW):筆者作成のウィジェット

ひととおり作成できたら、「menu」→「Save/export skin」で保存します。画像ファイル等を使っている場は、「Export Skins」で、すべてを含むuzip形式で保存できます。

 

自分が作ったウィジェットだと、当然使いやすいですし、愛着もわきますね。

 

最後に、開発会社が提供するチュートリアル動画が分かりやすいので紹介します。約15分ありますが、ウィジェットを自作する際の参考にしてください。

 

 

大量にあるオブジェクトをうまく使いこなせば、かなりイカすウィジェットができるはず!みなさんのセンスに期待します!

<総括>

見た目や機能を選び、ウィジェットを簡単に作成できるウィジェット作成アプリです。ゼロから作成することもできますし、インターネット上から入手したスキンをベースにすることもできます。凝れば凝るほど、自分のお気に入りのウィジェットができます。

Ultimate custom widget (UCCW)
VasuDev Ultimate custom widget (UCCW) 無料

『Ultimate custom widget (UCCW)』~豊富なデザインに目を惹かれる!ゼロからウィジェットを自作できるカスタマイズアプリ~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ