ホーム > 特集 > Howto・Tips > 2年待たなくても機種変更できる!勘違いしがちなルールと注意点を確認しよう
つらい2年縛り…。その間でも機種変更できるんです!

つらい2年縛り…。その間でも機種変更できるんです!

Androidスマートフォン(以下、スマホ)は、CPUコア、システムメモリ(RAM)や内蔵ストレージ(ROM)も増えるなど、すさまじい勢いで進化を遂げています。

 

そうなると、新しい端末が欲しくなります。でも、今使っている端末を買って2年経っていないから機種変更ができない――そう思っている方も少なくないのでは?

 

実は、2年経っていなくても、機種変更はできるのです。

 

今回は、同キャリア間での機種変更において勘違いしがちなルールと、変更するに当たっての注意点を確認します。ぜひ参考にしてください。

 

知っておくべきルールと注意点をチェック!

 

 

機種変更は事実上いつでもできる

端末購入・変更時に聞く、いわゆる“2年契約”の違約金(解約金・解除金)というものは、原則として携帯電話の回線契約に対してかけられるものであって、端末(スマホなど)本体にかかるものではありません。

 

NTTドコモのHPにある「タイプXi にねん」の利用料金説明や、auのHPにある「誰でも割」のご注意にも、その旨が記載されています。

 

つまり、端末は利用期間が2年未満でも原則として問題なく取り替えることができるのです。極端な話、機種変更したその日のうちに別の機種に変更、なんてことも可能な場合もあります。

 

2年契約の違約金は、携帯電話の回線契約に対してかけられる

2年契約の違約金は、携帯電話の回線契約に対してかけられる

 

ただし、数日、数十日、数ヶ月単位での機種変更については、キャリアや販売店によって契約を断るケースもあるようです。

 

また、キャリアや販売店が行う機種変更時の割引条件に、前回の機種変更からの期間を設けているケースもあります。

 

例えば、ドコモが時々実施する「ご愛顧割」。これは、機種限定で「月々サポート」が付かない代わりに機種変更の本体代金を大幅に割り引くキャンペーンですが、前回の機種変更から3ヶ月経過していないと適用できません。

 

筆者の経験上、前回の機種変更から半年以上経っている場合、機種変更を断られたことはありません。「継続利用1年以上」という条件の、店舗オリジナルの割引サービスを受けられなかった(≒定価購入だった)ことはありますが…。

 

これらの条件については、ハッキリと見て分かる形で示されていない場合もあるので、購入を事前に考えている店舗に相談してみるのがよいでしょう。

 

注意したいのは、イー・モバイルでの機種変更

注意したいのは、イー・モバイルでの機種変更

 

ここで、注意を払わなければいけないのが、イー・モバイルでの機種変更です。イー・モバイルでは、端末と同時購入するPC・タブレットなどの購入補助をする「アシスト」(3Gスマホ)や「スマートプラン」「スマートプランライト」(LTEスマホ)が用意されています。

 

これは、購入した端末と事実上紐付けされていて、2年1ヶ月(25ヶ月)以内に機種変更すると、購入補助に対する解除金を支払う必要があります。使っているスマホ購入時にこれらの購入補助を利用していないかどうか、確認しておきましょう。

 

機種変更にも手数料がかかる

一部に例外はあるものの、原則として短期間で機種変更できることがわかりました。他にも、注意事項がいろいろあります。そのひとつが、機種変更にかかる手数料です。

 

まず、回線種別の変更(3G→LTE、あるいはLTE→3G)を伴う機種変更の場合、回線契約内容も変わるため「契約事務手数料」がかかります。これは、ドコモ、au、ソフトバンク、イー・モバイルいずれも3,150円(税込)となっています。

 

ただしドコモの場合、「ドコモオンラインショップ」で手続きをすると1,050円引きとなり2,100円(税込)となります。

 

ドコモオンラインショップのTOP画面。機種変更はPC版サイトで行う

ドコモオンラインショップのTOP画面。機種変更はPC版サイトで行う

また、同じ回線種別(3G→3G、あるいはLTE→LTE)で機種変更する場合、ドコモ、au、ソフトバンクでは「機種変更手数料」がかかります。いずれも2,100円(税込)です。

 

ただし、ドコモの場合「ドコモオンラインショップ」で手続きすると、2,100円引き、つまり手数料が無料となります。いずれも翌月の利用料金と一緒に支払うことになります。

 

ドコモの場合、手数料を考えるとオンラインショップで機種変更する方が有利なようにも思えますが、ほとんどの機種で別途3,150円の「頭金」が設定されているため、家電量販店などで購入した方が手数料込みでも安いケースもあります。

 

ここも購入を考えている店舗の値段と比較して検討するのがよいでしょう。

 

機種変更をすると割賦はどうなる?

次に気になるのは、端末を分割払い(割賦)で購入している場合、機種変更後の支払いはどうなるのか、という点です。

 

機種変更時に前の機種の割賦は残額をまとめて支払う必要があるのでは?、と思っている方も少なくありません。しかし、従来の割賦をそのまま支払い続けることも可能で、ここは契約者の選択にゆだねられています。

 

割賦を繰り上げて支払う場合、次の方法があります。

1.機種変更時に同時手続き

2.キャリアの電話窓口で手続き

3.キャリアショップで手続き

 

1.の場合のみ、家電量販店や併売店などでも手続きができます。もし、機種変更後に割賦の繰り上げ支払いをしたくなった場合は、2.か3.の方法をとることになります。いずれの方法も、原則として翌月の利用料金請求時にまとめて支払うことになります。

 

ドコモとauは、1.と3.の方法において、その場で支払ってしまうことも可能です。ただし、1.の場合、その場で支払えるのはドコモショップ・auショップで機種変更する場合となります。

 

ソフトバンクは、「前回機種変更日より6ヶ月以上経過していること」と「該当する電話番号に対して4回目の機種変更を予定していること」の両方を満たしている場合に限り、ショップでの即時支払いに対応しています。

 

また、従来の割賦を支払い続けつつ、新たに機種変更した端末を割賦で購入する場合、各キャリアともに1回線あたり2契約までという制限があります。機種変更をする時点で、すでに2契約している場合は、どちらかの割賦契約を一括支払いして精算する必要があります。

 

1回線2契約までなので、新たに機種変更して端末を入手する場合は、どちらかの支払いを済ませる必要がある

1回線2契約までなので、新たに機種変更して端末を入手する場合は、どちらかの支払いを済ませる必要がある

 

機種変更をしようとしている回線契約の割賦契約数や残高は、キャリアの電話窓口・ショップやオンラインサービスサイトで確認できるので、参考にしましょう。

 

機種変更をすると毎月の割引が打ち切られる

意外と盲点になるのが、ドコモでは「月々サポート」、auでは「毎月割」、ソフトバンクでは「月月割」、イー・モバイルでは「バリュースタイル」と呼ばれている毎月の料金割引サービスが打ち切られることです。

 

特集「そのスマホ、本当はいくら?――端末の“実質価格0円”の謎に迫る!」でも取り上げた通り、この割引は機種変更のタイミングでなくなってしまうのです。短期間に機種変更をすると、端末の「実質価格」より、かなり割高になってしまうことに注意しましょう。

 

もっとも、変更先の端末が割引サービスの対象である場合、キャリアによって当月または翌月から、変更先の端末での割引がスタートします。

 

 

今回は、同キャリア間での機種変更について説明しました。以上の内容をまとめると、機種変更は原則として2年縛りとは関係なく行えます。

 

ただし、契約形態によって制約がある場合や、あまりにも短期間な場合は断られる場合もあるので、事前に購入希望店舗に相談するようにしてください。

 

常に最新の端末を使いたいという方は、ルールを知って賢くスマホを入手しましょう!



記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。
アプリは端末の機種や設定により、正しく動作しない場合があります。

せう

パソコンや携帯電話が大好きな、自称「永遠の18歳」。東京都に居を構えるも、心は常に駿河湾・富士山と共にある静岡県人。 自前のブログ「せうの日記」に趣味丸出しなことを書き連ねる一方、ITmediaをはじめとする商用Web媒体にも寄稿。 何らかのきっかけでandronaviにも記事を提供することになったが、本人は至ってフィーチャーフォン(ケータイ)派だったりする。

andronavi一押しグッズ

最新スマホグッズレビュー

Xperia Z2 ケース販売中! iPhone6ケース
ブルートゥースイヤホン

せう

パソコンや携帯電話が大好きな、自称「永遠の18歳」。東京都に居を構えるも、心は常に駿河湾・富士山と共にある静岡県人。 自前のブログ「せうの日記」に趣味丸出しなことを書き連ねる一方、ITmediaをはじめとする商用Web媒体にも寄稿。 何らかのきっかけでandronaviにも記事を提供することになったが、本人は至ってフィーチャーフォン(ケータイ)派だったりする。