レトロ調やヴィンテージ風に写真をラクラク加工!初心者にもおすすめの高機能アプリ『XnRetro』

2013年06月08日 12:01 by にゃんこ
XnRetro

XnRetro

『XnRetro』、写真をレトロ風にしたり、ヴィンテージ風などの加工をかけることができる画像加工アプリです。

 

直感的に加工後の写真のイメージがつかみやすい上に、シンプルな操作&高機能なので嬉しい限りです!

 

写真が好きで、たくさん撮影する方やSNSへ写真を投稿することが多い方におすすめですよ。

 

写真の加工や編集が簡単

エフェクトやフレームなどいろいろ加工していくと、ガラッと印象の違う写真を簡単に作成することができ、あっという間に時間が過ぎちゃいます。

 

XnRetro:加工前の写真(左)加工後の写真(右)

XnRetro:加工前の写真(左)加工後の写真(右)

 

まず、端末のアルバム(ギャラリー)内から写真を選択。もしくは、その場で撮影して、加工したい写真を取り込みます。

 

トリミングは正方形、長方形など10パターンの縦横比が用意されていますが、写真に合わせてトリミング枠の青い部分をスライドして好きなサイズに変更できます。

 

XnRetro:トップ画面(左)トリミング画面(右)

XnRetro:トップ画面(左)トリミング画面(右)

 

フィルタは18種類(有料版は20種類)あり、画面下部の左から2番目のボタンをタップして選択します。各フィルタをタップすると画面に反映されます。

 

画面下部中央のボタンをタップすると、写真枠の光量を暗くしていくとピンホールカメラで撮影したような感じになります。方法はスライドバーを左右に移動させるだけ。簡単ですね。

 

XnRetro:フィルタ加工画面(左)ピンホール加工画面(右)

XnRetro:フィルタ加工画面(左)ピンホール加工画面(右)

 

ここまで読んで気になったら、ダウンロード

アプリをダウンロード

 

エフェクト効果やフレームを使って、さらに楽しい写真を作ろう

エフェクトは11種類(有料版は15種類)あります。画面下部の右から2番目のボタンをタップすると、表示されるので、好みのエフェクトを選択します。

 

スライドバーでエフェクトの明るさを調整できます。はっきりとエフェクトの効果を出したい時は最大にしてみてくださいね。

 

XnRetro:エフェクト加工画面(左)フレーム作成画面(右)

XnRetro:エフェクト加工画面(左)フレーム作成画面(右)

 

フレームは22種類(有料版は28種類)あります。画面下部の一番右のボタンをタップして選択します。ポラロイド風な物から和紙を手でちぎった感じの物まで様々あります。

 

いろいろと加工していくと「もうちょっと明るいほうがいいかな?」「もう少し暗めが…」と思うこともありますよね。

 

もちろん、写真の色合いも調整できます。画面下部の一番左のボタンをタップしてください。明るさ調整もスライドバーを左右に動かすだけの簡単操作です。

 

XnRetro:コントラスト・輝度・彩度調整画面(左)保存サイズ選択画面(右)

XnRetro:コントラスト・輝度・彩度調整画面(左)保存サイズ選択画面(右)

 

画面上の下矢印をタップして出来上がった写真をサイズ指定して保存することができます。

 

試しに、いろいろと加工してみました。観覧車に光の線のエフェクトでポラロイドカメラ風に仕上げてみたり、ピンホール効果を最大にしてレインボー効果をつけてミステリアスなペンギンにしてみたりと組み合わせて楽しく加工できますよ。

 

XnRetro:写真加工例

XnRetro:写真加工例

 

出来上がった写真はメールや『Facebook』『Twitter』などで、簡単に共有することができるので便利ですね。

<総括>

高機能ながら直感的な操作で、レトロ風からポップ調まで、さまざまな写真を作れる写真加工アプリです。フィルタやエフェクトなどを選択していくだけで、本格的な加工写真を作成できるのがすごいです!明るさ、コントラスト、彩度、ピンホールなどの調整もスライドバーを動かすだけと簡単です。

『XnRetro』~レトロ調やヴィンテージ風に写真をラクラク加工!初心者にもおすすめの高機能アプリ~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ