スマホあるある!Androidを使っていると一度はハマってしまう“罠”

2013年06月28日 10:30 by 編集部えびす
スマホあるある!Androidを使っていると一度はハマってしまう“罠”
「あるある!」と言いたくなること必至のエピソードが満載

「あるある!」と言いたくなること必至のエピソードが満載

スマホ初心者の方、はじめまして。中級者の方、思い出してください。上級者の方は、黒歴史をほじくり返しませんか?

 

「一体、何の話?」と思うでしょう。今回お届けするのは、スマホを利用している時に、一度はハマったことがある“罠”です。スマホを使っていて、「あれ?」「ナニコレ!?」という場面に出くわしますよね。それらをまとめました。

 

読んでいて「あるある!」”と共感したら、『Facebook』でシェアやいいね!を、『Twitter』でツイートをしてくださいね。

 

あっ、ツイートする時は、「#スマホあるある」のハッシュタグをつけてもらえるとうれしいです!

 

「ある!ある!」の声を聞かせてください

 

マナーモードなのに音が鳴った!

電車でゲームをしていたら、いきなり音が流れ始めた!「おかしいな、マナーモードにしているのに…」。

 

気づけば周りから白い目で見られ、こっちは赤面。車内に鮮やかな紅白のコントラストが浮かび上がったのは言うまでもありません。

 

音楽やゲームなどの音は「マナーモード」もしくは「ミュート」にしていても、端末の「設定」にある「音量」の「メディア音量」を消していないと、音が鳴ってしまいます。キッチリと確認しておきましょう。

 

通知領域にあるマナーボタン。画面は無音設定(左)「音量」のメディア音量。ここを一番左に設定しよう(右)

通知領域にあるマナーボタン。画面は無音設定(左)「音量」のメディア音量。ここを一番左に設定しよう(右)

 

アプリで事前に対策できますよ!

 

「あるある!」と共感できたら、ポチッとな♪

 

画面が縦に横にクルクル回って止まらない…

ガラケーでは、考えられなかった画面の回転。スマホを横向きにするとあわせて画面もクルッと回転することに、オーッ!と感動していたのも今は昔。「勝手に横になるなよ!」とイライラを募らせている方も多いでしょう。

 

回転させたくない時は、通知バーを上から下ろして「画面回転」をOFFにするか、「設定」の「ディスプレイ」→「画面の自動回転」のチェックを外せばOKですよ。

 

通知領域での「画面回転」ボタン。画像の状態がOFF(左)「設定」の「ディスプレイ」からもOFFできる(右)

通知領域での「画面回転」ボタン。画像の状態がOFF(左)「設定」の「ディスプレイ」からもOFFできる(右)

 

画面の自動回転については、こちらもご覧ください。

 

「あるある!」と共感できたら、ポチッとな♪

 

かける、切れる、切れない!通話あるある3部作

ガラケー(フィーチャーフォン)と違って、スマホで電話をしていると、操作に戸惑う場面が多々あります。ここでは、“通話あるある3部作”として3本連続でお届けします。

 

1.ポケットの中で勝手に電話をかけていた

静まり返った空間で、人の声がぼそぼそと聞こえてくる。誰も話していないのに…。やだなぁ~、こわいなぁ~と思っていたら、その声がポケットから聞こえてくるではありませんか。

 

一見、怪談話のように思えますが、ロック画面や画面をOFFにしないままポケットに入れていたら、知らないうちに電話をかけてしまったのでしょう。時と場合によっては、本当の意味でこわい話になるかもしれません…。

 

スマホをポケットに入れる際は、画面の状況に気を付けておこう

スマホをポケットに入れる際は、画面の状況に気を付けておこう

 

「あるある!」と共感できたら、ポチッとな♪

 

2.通話中に電話が勝手に切れた!

スマホで楽しく会話をしていたら、急にプツッと電話が切れた。電波はキッチリ立っているのに、なぜ?と思っていた方、それはあなたの頬がスマホの画面に触れて切れてしまった可能性があります!

 

頬との距離が少し空いていても通話できる

頬との距離が少し空いていても通話できる

 

通話の際は、画面に顔を近づけすぎないように注意しましょう。

 

アプリで切断防止対策!

 

「あるある!」と共感できたら、ポチッとな♪

 

3.電話が切れない、切れていない!

通話し終わって、「じゃあねー」と言ったものの「あれ?どこ押せば切れるんだっけ」と、慌てたことはないですか?

 

また、通話中に自局の電話番号や他の情報を見るために画面を変えたら、通話画面へ戻れず…、あたふたしたまま会話が終わり電話を切れず困った経験はありませんか?

 

その場合は、今自分の画面がどうなっているか確認をしましょう。落ち着けば簡単に対処できますよ。

 

通知バーにも、通知領域の表示中から通話画面に戻れる(左)通話中画面。「終了」をタップしないと電話を切れない(右)

通知バーにも、通知領域の表示中から通話画面に戻れる(左)通話中画面。「終了」をタップしないと電話を切れない(右)

 

通話の操作については、こちらもご覧ください。

 

「あるある!」と共感できたら、ポチッとな♪

 

写真を撮る時に、ホーム画面に戻ってしまった

「ハイチーズ♪」と写真を撮ろうとしたら、ホーム画面に戻ってしまい、キメ顔で構えてたみんなに怒られた経験はありませんか。

 

それは、残念ながらカメラボタンとホームボタンを間違えて押していますね。画面上のカメラマークのボタンを押すようにしましょう。

 

ホームボタンとカメラボタンを間違えて押さないよう注意!

ホームボタンとカメラボタンを間違えて押さないよう注意!

 

「あるある!」と共感できたら、ポチッとな♪

 

ダウンロードしたデータが見つからない!

Webやメールから画像やpdfをダウンロードしたものの、どこにあるのかわからず、結局あきらめたという方もいるのでは?

 

画像であれば、ギャラリーの「Download」。その他のデータは、ファイルマネージャアプリを利用して、「sdcard」→「Download」で探すと見つけやすいです。

 

「ギャラリー」画面。「ダウンロード」に入っている(左)ファイルマネージャアプリで確認するとわかりやすい(右)

「ギャラリー」画面。「ダウンロード」に入っている(左)ファイルマネージャアプリで確認するとわかりやすい(右)

 

このアプリが使いやすいです!

 

「あるある!」と共感できたら、ポチッとな♪

 

「Wi-Fi」を「ウィーフィー」と言ってしまった

「Wi-Fi」が読めなくて「ウィーフィー」と言ってしまった人は多いのではないでしょうか。実は、今も言っている人もいるのでは?

 

正しくは、「ワイファイ」です。これからは胸を張って言えますよ。さあ、みなさんご一緒に「ワイファイ!」。

 

これが「ワイファイ」

これが「ワイファイ」

 

この機会に「Wi-Fi」に詳しくなっちゃいましょう!

 

「あるある!」と共感できたら、ポチッとな♪

 

 

いかがでしたか?思い当たるフシがあったのではないでしょうか。

 

あなたも、“スマホあるある”を人に言いたくなってきたでしょ。その思いをぜひ、andronaviに届けてください。冒頭でもお伝えしたハッシュタグ「#スマホあるある」でつぶやきましょう!

 

たくさんの「あるある」が集まった暁には、第2弾があるかも。すべてはみなさん次第です。お待ちしております!

 

スマホを持つお父さんがいる方は、こちらもぜひ!

 

スマホの操作についてはこちらの記事もチェック