大事な会議や講演を写真と音声でメモ!ビジネス向けノートアプリ『ArcNote』

2013年07月01日 16:01 by みろいど
ArcNote

ArcNote

『ArcNote』というアプリをご紹介します。このアプリは、以前紹介した『InNote』と同様に、写真や音声ベースで情報の記録とPDF化ができるノートアプリです。

 

『InNote』はどちらかというとパーソナル向けのアプリでしたが、本アプリは「ビジネスに使える!」アプリとなっています。

 

実際に行ったカンファレンスの模様を本アプリで記録したので、使い方とあわせて紹介します。

 

音声と画像をタイムラインで保存できる
ArcNote:音声とスライドをリンクして記録できるので、カンファレンスの再確認がとても便利

ArcNote:音声とスライドをリンクして記録できるので、カンファレンスの再確認がとても便利

画像は1枚のスライドを表示した画面ですが、本アプリでは発表者の音声に合わせて写真を記録しておくと、赤丸のタイムラインの通り、カンファレンス全体のどの辺りのスライドかすぐにわかるようになっています。

 

音声を聞きながら、記録した画面が見れるので、カンファレンスの内容を受講した時のまま再確認できます。

 

 

実際に記録してみよう

冒頭の画像下部にある「New」をタップすると「New NoteXX」という新しいノートが作られます。ノートを作成したらまず右上の縦の点3つのボタンををタップして名前を変更しましょう。

 

ArcNote:カメラ機能(左)記録は「Audio」から開始しましょう(右)

ArcNote:カメラ機能(左)記録は「Audio」から開始しましょう(右)

 

記録ですが、画面下の「Picture」「Camera」「Audio」の3つをソースにして記録ができます。カンファレンスなどを記録するには、まず、「Audio」からスタートしましょう。画面右上に記録時間のカウンターが表示されます。

 

「Camera」で写真撮影も可能です。カンファレンスなどでは、スライドが切り替わった時に撮影をすると、先ほどご紹介した様に、タイムラインを自動で生成してくれます。

 

編集機能でどんな状態のスライドもきれいに保存

さて、カンファレンスを記録すると言っても、座席の位置によっては、遠かったり斜めだったりすると思いますが、そんな時でもこのアプリの編集機能を使うことで、見やすく加工できます。

 

ArcNote:実際の撮影風景(左)左の写真をここまで補正できる(右)

ArcNote:実際の撮影風景(左)左の写真をここまで補正できる(右)

 

上記左の画像は、実際の撮影結果です。暗い、遠い、小さい、という非常に良くない環境ですが、加工をすると右の画像の様に、拡大、台形補正もやってくれる優れものです。著作権の関係でスライドの内容をお見せできないので、良さが分かりづらいですがとても便利な機能です。

 

スライドの編集の方法ですが、撮影の状態が良いと自動でスライドを見つけてくれます。しかし残念ながら今回のカンファレンスでは、ちょっと撮影する場所が悪かったようで、自動で発見してもらえませんでした。

 

ArcNote:便利な拡大スコープ(左)四隅をきっちりあわせよう(右)

ArcNote:便利な拡大スコープ(左)四隅をきっちりあわせよう(右)

 

そんな場合は手動で補正を行います。画面に表示された青い枠線を四隅を画像の様にスライドの角に合わせ、画面右下のチェックをタップすると自動で補正してくれます。また、画面右上に、拡大スコープがあるので合わせるのがとても簡単です。

 

また、画面の下の「Enhance」をタップすると、画質のコントロールできます。「Original」「High contrast」「Grayscale」の3種類から1番見やすくなるものを選べます。

 

ここまで読んで気になったら、ダウンロード

アプリをダウンロード

 

作ったノートをらくらく共有

共有は、ページ単位、ノート単位ですることができます。左図左は1枚のスライドを表示中に画面下にある「Share」をタップするとJpegファイルとしてシェアができます。

 

ArcNote:「Share」から共有しよう(左)「Share as PDF」でPDF化できる(右)

ArcNote:「Share」から共有しよう(左)「Share as PDF」でPDF化できる(右)

 

また、ノート一覧の画面で、対象のノートを長押し→「Share as PDF」でノート毎にPDFでシェアできます。残念ながら画像のみで音声に関してはシェアできる機能は持っていません。

 

静かな会場でも安心なシャッター音をOFF設定もできる
ArcNote:設定画面

ArcNote:設定画面

最後に設定について、ご紹介します。項目は少なく、非常にシンプルです。

 

項目としては、写真撮影に関する項目が殆どで、先ほどご紹介した画質のモード、PDFのサイズの設定、手振れ補正やカンファレンスなどで使用するには都合の良い、シャッター音をOFFにできる設定もあります。

 

会議でも使いやすいタッチペンも併せて持とう!

 

<総括>

本アプリは、仕事でカンファレンスなどを受講した時の記録には非常に便利です。実際に使ってみて、画面ロックをせずに、画面の消灯する機能と、音声とスライドの自動再生があれば、もう完璧!という感じのものでした。皆さんもぜひ一度試してみてください。

ArcNote
ArcSoft, Inc ArcNote 無料

『ArcNote』~大事な会議や講演を写真と音声でメモ!ビジネス向けノートアプリ~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ