ウィジェットのカスタマイズも可能!タスクキルやアンインストールもできる管理ツール『ManageBox-Free』

2013年07月17日 15:01 by いのたしん
ManageBox-Free

ManageBox-Free

『ManageBox-Free』は、アプリのアンインストールやタスクキルなどが可能な管理系ツールです。使いやすいデザインと多機能さを併せもっています。

 

特にウィジェットのデザインを細かく設定できるので、ホーム画面のデザイン性にこだわる方におすすめです。

 

ワンタップで端末を最適化
ManageBox-Free:ワンタップで端末の最適化ができる

ManageBox-Free:ワンタップで端末の最適化ができる

メイン画面には、各種機能と設定のアイコンが並び、下部にはメモリの使用状況やバッテリー残量などが円グラフで表示されています。非常にシンプルでわかりやすいです。

 

「一括最適化を行う」をタップすると、タスクキルやキャッシュクリアといった、端末のパフォーマンス向上につながる作業を一括で行うことができます。

 

ManageBox-Free:アプリの無効化も可能

ManageBox-Free:アプリの無効化も可能

「アプリ管理」からは、インストール済みアプリの一括アンインストールや、アプリの無効化を行うことができます。

 

無効化されたアプリはランチャー画面などに表示されなくなります。

 

ここまで読んで気になったら、ダウンロード

アプリをダウンロード

 

一括タスクキルやキャッシュクリアもできる

「プロセス管理」では、一括でタスクキルを行うことができます。もちろん一括タスクキルから除外したいアプリも設定できます。

 

「キャッシュ管理」では、Webブラウザや地図アプリなどのキャッシュをクリアできます。端末の動作が軽くなることもあるので、定期的にキャッシュはクリアしましょう。

 

ManageBox-Free:「プロセス管理」画面(左)「キャッシュ管理」画面(右)

ManageBox-Free:「プロセス管理」画面(左)「キャッシュ管理」画面(右)

 

本アプリには2×1、3×1、4×1の3種類のウィジェットも用意されています。ウィジェットからはタスクキル、キャッシュクリア、ランチャー、端末設定の4つの機能を利用できます。

 

ランチャーに表示するアプリは「ウィジェットの設定」→「ランチャー編集」から登録できます。

 

ManageBox-Free:ウィジェットのレイアウト設定(左)テンプレートが用意されている(右)

ManageBox-Free:ウィジェットのレイアウト設定(左)テンプレートが用意されている(右)

 

特徴的な機能として、ウィジェットのデザインをカスタマイズできます。テンプレートを利用して手軽にデザインや色を変更することもできますし、各種項目を細かく自分で設定することも可能です。

 

ManageBox-Free:簡単にウィジェットのカスタマイズができる

ManageBox-Free:簡単にウィジェットのカスタマイズができる

ホーム画面のデザインにこだわりのある方は、自分のホームに合ったデザインにしてみてはいかがでしょうか。

<総括>

アンインストールやアプリの無効化、タスクキルやキャッシュクリアなど、アプリ管理を総合的に行えるツールです。デザイン性が高く、ユーザーインターフェイスも使いやすく設計されています。ウィジェットを自分の好みのデザインにカスタマイズできる事が大きな魅力です。