トグルやショートカットを通知領域内に簡単に設置可能!便利なショートカットアプリ『Settings Extended』

2013年07月30日 16:05 by はぎぞー
Settings Extended

Settings Extended

『Settings Extended』は、Wi-Fi等のトグルボタンやアプリアイコンなどを、通知領域に配置できるシンプルなショートカットアプリです。

 

様々なショートカットアプリが公開されている中、筆者が感じたアプリの魅力は「日本語対応」「設定が簡単」「複数列表示」の3点です。

 

必要最低限な機能のトグルを設定でき、色や背景のデザイン変更も可能で便利に楽しめます。

 

実際、筆者は今回のレビューを機に本アプリに乗り換えました。

 

※本アプリは、Android 4.0以上の対応です。

 

操作・設定は非常に簡単!

アプリを起動すると、画面上部の「ショートカットバー」のプレビューとトグル設定画面が表示されます。

 

「トグル」を追加したい場合、トグル設定画面から追加したい機能をタップすると、プレビューの右端に「トグル」が追加されます。

 

プレビューの「トグル」をロングタップすると場所の移動や削除ができます。オプションがある「トグル」は、プレビューの「トグル」をタップするとオプション画面が表示されます。

 

Settings Extended:トグル設定画面(左)オプション設定画面(右)

Settings Extended:トグル設定画面(左)オプション設定画面(右)

 

すべて完了したら、画面右上のチェックボタンをタップすれば、通知領域に配置されます。

 

「トグル」設定画面を右にスワイプすると、「デザイン」設定画面、「列」設定画面に切り替わります。

 

デザイン設定画面では、アイコンカラー、ステータス指標(ストリップにすると、トグルのオン/オフがわかりやすくなります)、無効アイコンカラー、背景を設定できます。

 

Settings Extended:デザイン設定画面(左)ステータス=ストリップ(右)

Settings Extended:デザイン設定画面(左)ステータス=ストリップ(右)

 

ここまで読んで気になったら、ダウンロード

アプリをダウンロード

 

表示内容をカスタマイズしよう

「列」設定画面では、「ショートカットバー」の列数を最大4列まで増やせます。通知領域の画面端にある「..」をタップして、列を切り替えることができます。これが便利!

 

ショートカットバー1列につき7個までトグルを設定でき、さらに列を増やせば、7×4で最大28個まで設定できます。

 

Settings Extended:列設定画面(左)列の追加(右)

Settings Extended:列設定画面(左)列の追加(右)

 

画面左上のリストから、「詳細設定」を選ぶと、通知領域への表示有無やステータスバーへのアイコン表示オプション(通知デコレーター)等を設定できます。

 

Settings Extended:詳細設定画面(左)通知デコレーター(右)

Settings Extended:詳細設定画面(左)通知デコレーター(右)

<総括>

簡単設定で、Wi-Fi等のトグルボタンやアプリアイコンなどを通知領域に配置できるシンプルなショートカットアプリです。便利でよい勝手が良いアプリなので、ぜひ使ってみてください。

Settings Extended
halfbit Settings Extended 無料

『Settings Extended』~トグルやショートカットを通知領域内に簡単に設置可能!便利なショートカットアプリ~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ