文字入力なし!カメラで映した文字からWeb検索できる『情報検索アプリ InfoScouter』

2013年08月16日 15:01 by プーペ
情報検索アプリ InfoScoute

情報検索アプリ InfoScouter

『情報検索アプリ InfoScouter』は、カメラで映し出した文字を認識して、文字を入力せずにインターネットで情報検索が行えるアプリです。

 

認識できる文字は、漢字、数字、英字をカバー。自分で文字を入力する面倒から解放されるのはもちろん、英単語などは誤入力の心配もなくなります。

 

QRコードやバーコードの読み込み機能も搭載した、新感覚の検索ツールをぜひお試しください。

 

検索したい文字をカメラに映すだけ

カメラで文字を映したら、検索したい文字を指で囲むように枠を付ければOK。

 

しかし、端末を持ちながら文字を囲むのは意外と大変です。そこで便利なのが右下の「一時停止」アイコン。タップすれば写真撮影したような静止状態で画面がキープされ簡単に操作できます。

 

情報検索アプリ InfoScouter:niftyの検索エンジンで自動で情報を検索

情報検索アプリ InfoScouter:niftyの検索エンジンで自動で情報を検索

テキストの認識が完了したら、自動で検索画面へ移動してインターネット検索を行えます。

 

読み込んだ文字は履歴として残るので、振り返るのも簡単です。気に入った文字情報は「Like」に登録することもできます。

 

ここまで読んで気になったら、ダウンロード

アプリをダウンロード

 

驚きの検索方法
情報検索アプリ InfoScouter:検索ボックスを撮影して、スマホから検索

情報検索アプリ InfoScouter:検索ボックスを撮影して、スマホから検索

また、インターネットなどの検索ボックスに入力されている文字なら、画面に映った「検索アイコン」や「虫眼鏡アイコン」をダブルタップすることで、検索ボックス内の文字を直接検索することができます。

 

他にも、あらかじめ撮影した写真の中から文字情報を読み込むことも可能。

 

 

文字情報以外にもQRコードやバーコードの情報を読み込むこともできます。使い方は通常の文字情報の読み込みと同じ。カメラを向けてあげることで、自動で認識して検索画面へ移動します。

 

バーコードを読み取ると、最安値店舗等の検索が行えます。買い物前にチェックすると上手な買い物ができるかも。

 

情報検索アプリ InfoScouter:バーコード検索で最安値店舗をチェック

情報検索アプリ InfoScouter:バーコード検索で最安値店舗をチェック

<総括>

文字入力を行うことなく、カメラから文字情報を認識してそのままインターネット検索が行えます。文字を誤入力する心配がなくなるので便利です。上手く認識できない場合は、拡大・縮小を使って、範囲を設定しましょう。

情報検索アプリ InfoScouter
NIFTY Corporation 情報検索アプリ InfoScouter 無料

『情報検索アプリ InfoScouter』~文字入力なし!カメラで映した文字からWeb検索できる~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ