“スマホだけ”で夏のレジャーを1日楽しめるか!?~ライターせうのぶらぶら散歩~

2013年08月13日 10:30 by せう
“スマホだけ”で夏のレジャーを1日楽しめるか!?~ライターせうのぶらぶら散歩~
スマホだけでどこまで楽しめるかチャレンジ!

スマホだけでどこまで楽しめるかチャレンジ!

夏真っ盛りです。ある程度まとまった休みが取れる方は、このチャンスにレジャースポットにおでかけする、なんてこともあると思います。

 

しかし、カメラ、財布、地図など、いろいろなものを持っておでかけするとだいぶ荷物がかさばりますよね。

 

そこでふと、ひらめきました。「おサイフケータイ」付きのAndroidスマートフォンで出かければ、他に何も持たなくていいのでは、と。

 

実際に、都内の自宅から神奈川県藤沢市にある観光スポット「江ノ島」に日帰りで、Androidスマートフォン1台だけを持ってどこまでできるか試してみることにしました。

 

【出発前】旅の持ち物を確認

今回の検証に使ったのは、ドコモの夏モデル「ELUGA P P-03E」(以下、ELIGA P)。フルHD液晶を搭載しながらもコンパクトで手になじむボディが特徴です。バッテリーは2,600mAhで、ドコモの基準では2日間持つということで、期待が膨らむところです。

 

この他には、「ELUGA P」で使うイヤホン、“リアル財布”、一応取材ということで用意したデジタルカメラを持っていきました。

 

今回、旅で使い倒すELUGA P P-03Eと、なるべく使わないようにしたいリアル財布

今回、旅で使い倒すELUGA P P-03Eと、なるべく使わないようにしたいリアル財布

 

もちろん、財布はどうしても現金払いしか対応しないお店などで使うために用意しておきましたが、支払いはなるべく「ELUGA P」に入れた「iD」と『モバイルSuica』だけでやり過ごすことにします。

 

決済は可能な限り「iD」と『モバイルSuica』でこなす

決済は可能な限り「iD」と『モバイルSuica』でこなす

 

その他、「ELUGA P」でできることはすべて「ELUGA P」でこなします。道中の写真は本体標準のカメラアプリで撮影後、『Instagram』で加工しアップします。撮影画像は、スクリーンショットを含めて『Dropbox』で自動アップロードする設定にしておきます。

 

【12:30出発】移動中は動画やSNSを堪能

検証当日、お昼の12:30頃に家を出ました。この時のバッテリー残量はバリバリ100%。最寄りのバス停に移動し、まずは東京駅行きのバスに乗車。もちろん、『モバイルSuica』で乗車です。

 

節約も兼ねて、東京駅まではバスで移動

節約も兼ねて、東京駅まではバスで移動

 

その間非常に暇なので、『niconico (ニコニコ動画/ニコニコ生放送)』(以下、niconico)アプリで公式配信のアニメなどを見て楽しみます。家の外でもこんなに快適に動画が楽しめるのはLTE様々です。

 

車中は暇つぶしに動画視聴

車中は暇つぶしに動画視聴

 

時々、『jigtwi (Twitter, ツイッター)』(以下、jigtwi)でTwitterのタイムラインをチェックしたり、『Facebook』で知人の近況をチェックしたりしているうちに東京駅に到着。

 

復元された東京駅丸の内口をELUGA Pでパシャリ

復元された東京駅丸の内口をELUGA Pでパシャリ

 

東京駅でバスを降りた直後のスクリーンショット。バッテリー残量が77%に…

東京駅でバスを降りた直後のスクリーンショット。バッテリー残量が77%に…

動画を見すぎたせいか、この時点ですでにバッテリー残量は77%に…。

 

ちょっとばかし不安になってきました。

 

【13:30江ノ島へ】『モバイルSuica』で切符をサクッと購入!

東京駅からは、東海道線の快速アクティーで藤沢駅まで移動します。せっかくなので、グリーン車に乗っていくことに。

 

『モバイルSuica』でSuicaグリーン券を購入して乗車です。『モバイルSuica』であれば、乗車後でも割安な事前乗車料金と同じ金額で購入できるので、“飛び乗り”にも最適です。

 

グリーン券を乗車後に購入。LTE回線のおかげか購入もすぐ完了

グリーン券を乗車後に購入。LTE回線のおかげか購入もすぐ完了

 

『niconico』、『jigtwi』や『Facebook』を見ていたら、あっという間に藤沢駅。小田急江ノ島線に乗り換えて片瀬江ノ島駅へ。ここももちろん、『モバイルSuica』を使って乗車しました。

 

竜宮城風の小田急片瀬江ノ島駅

竜宮城風の小田急片瀬江ノ島駅

 

思わず現金を使って購入したHi-Cをパシャリ。『Instagram』に投稿

思わず現金を使って購入したHi-Cをパシャリ。『Instagram』に投稿

下車後、歩いて江ノ島方面に向かおうと思ったのですが、ふと目を左方にやると、昔なつかしいビンジュースの自動販売機が。

 

さすがに電子マネーに対応していなかったので、現金を使って購入してしまいました。

 

この時、バッテリー残量は59%。この先も大丈夫なのか…?

 

【15:00散策】観光はさすがに現金が必要…

ちょっと歩くと、岩屋洞窟方面行きの渡し船を発見したので乗車。この運賃もさすがに電子マネーが使えないので、現金で支払い。

 

船で岩屋洞窟に向かう

船で岩屋洞窟に向かう

 

海に出ると、LTEの電波は届かなくなったものの、3Gの電波が届いていたので、『Instagram』で海上の様子を即アップするなどしました。

 

海の上では3G回線に切り替わった

海の上では3G回線に切り替わった

 

船から降りたら、少し歩いて岩屋洞窟へ。洞窟内はすごく涼しかったですが、電波は届かず圏外。この間、写真を撮りためて、圏内に入ったら一気に『Dropbox』へ自動アップロードされました。

 

岩屋洞窟で撮影

岩屋洞窟で撮影

 

岩屋洞窟を出た段階でバッテリー残量は39%になり、自動エコモードが起動

岩屋洞窟を出た段階でバッテリー残量は39%になり、自動エコモードが起動

洞窟を出たところで、バッテリー残量は39%。「ELUGA P」のエコモードが自動的に起動しました。

 

しかし、液晶が暗くなり見づらくなったことから、すぐにエコモードをOFFにしました。これが後々“不幸”を招くことに…。

 

【15:45休憩】電子マネーでドリンクを購入

洞窟散策したあとは、歩いて江ノ島の入り口方面に向かうことに。アップダウンが結構激しく、ちょっと疲れたので、途中の「江ノ島サムエル・コッキング苑」で休憩を取ることにしました。

 

江ノ島サムエル・コッキング苑で休憩

江ノ島サムエル・コッキング苑で休憩

 

入場料が必要ということで電子マネーを使おうとするも使えず…しかし疲労に負けて、現金で支払って入場しました。

 

苑内の自動販売機は、一部PASMO対応だったので、このあとの水分補給を兼ねて、ここでペットボトルのジュースを『モバイルSuica』で購入しました。今日、初めて「ELUGA P」でモノを購入です。

 

ようやく『モバイルSuica』を使ってジュースを購入

ようやく『モバイルSuica』を使ってジュースを購入

 

その後、展望台から湘南の海を一望――というにはちょっと曇りな天気で残念でした。

 

展望台から湘南の海を一望

展望台から湘南の海を一望

 

展望台をあとにして、苑内のフレンチトースト専門店「LONCAFE ENOSHIMA」でフレンチトーストを食べて体力回復を図ります。飲食代は、現金で…。

 

こんなにオシャレなフレンチトーストを食べたのは初めて

こんなにオシャレなフレンチトーストを食べたのは初めて

 

ついにバッテリー残量が30%を切ってしまった

ついにバッテリー残量が30%を切ってしまった

ここに入る前に、バッテリー残量が30%になり、『Dropbox』の画像自動アップロードがOFFになってしまいました。

 

【17:30夕食】対応店が少なく現金を投入…

フレンチトーストを食したあとは、意識的に「ELUGA P」をいじる時間を減らしました。山を下りたあと、夕食を食べるべく、おサイフケータイが使える店探し。

 

歩いた限りでは、お土産物屋さんでは『モバイルSuica』を使えるお店をちらほら見かけましたが、飲食店ではほとんど見かけませんでした。

 

「iD」に至っては、コンビニでは使えるものの、それ以外では使える店がなかったのが残念でした…。もう少し時間があれば探せたかもしれませんが。

 

結果的に、江ノ島入り口近くにある食堂で海鮮丼とビールで夕食をとることに。海鮮丼は、生しらすとイカをトッピングしたもので、非常に美味でした。ここでの支払いも現金。

 

とってもおいしい海鮮丼でした

とってもおいしい海鮮丼でした

 

【18:30アクシデント】バッテリー切れのピンチでショップへin!

その後、目の前のバス停から藤沢駅へ。『モバイルSuica』で乗車です。

 

ついにバッテリー残量が10%を切ってしまう。大ピンチ!

ついにバッテリー残量が10%を切ってしまう。大ピンチ!

ここでバッテリー残量はなんと9%。

 

どうやらディスプレイでの電源消費が激しい模様。ちなみに、画像ではGPSアイコンが出ているものの、すでに切っている状態(恐らくソフトウェアの不具合と思われます)。

 

これは非常に由々しき事態です。

 

そこで、駅前のドコモショップに駆け込み、充電をすることに。一旦電源を切って、充電ボックスで約45分充電して34%まで充電を回復させました。

 

ドコモショップに“ピットイン”して、ひたすら充電…

ドコモショップに“ピットイン”して、ひたすら充電…

 

【19:15都内へ】残量を気にしつつSNSをチェック

その後、藤沢駅から小田急江ノ島線に乗車し、湘南台駅で相鉄いずみ野線に乗り換え。横浜に向かい、横浜から東急東横線と東急目黒線を乗り継いで東京メトロ南北線にある自宅の最寄り駅へと向かう完全な“乗り鉄”モードで旅を終了することにしました。もちろん、『モバイルSuica』で乗車です。

 

相鉄横浜駅に到着する頃にはバッテリー残量が14%になり、充電警告が…

相鉄横浜駅に到着する頃にはバッテリー残量が14%になり、充電警告が…

が、道中暇で、『jigtwi』や『Facebook』をやりまくった結果、湘南台駅で乗り換える直前でバッテリー残量が14%に。

 

かろうじて横浜駅に到着し、乗り換え。

 

目黒線へ乗り換える段階で4%。かなりきわどい

目黒線へ乗り換える段階で4%。かなりきわどい

さすがにそれ以降の端末操作は自重。

 

そして、最寄り駅に到着するころには自動的に電源が切れていました。

 

最寄り駅に着く頃には事切れていました…

最寄り駅に着く頃には事切れていました…

バッテリー切れの場合、あまりに残量が少ないとFeliCaへの電源供給もされなくなり、『モバイルSuica』が使えなくなることがあります。

 

結構ビクビクしながら電源の切れた「ELUGA P」を改札にかざすと…無事出場できました。これで旅行終了です。

 

【22:00帰宅】1日を終えて反省

ということで、スマホ1台で日帰り旅行をしてみた結果、おサイフケータイでできることはまだまだ少ないことを実感しました。“禁じ手”の現金払いを連発してしまったのは反省です。

 

また、バッテリーは、自分の場合エコモードを容赦なく切ってしまったり、液晶の輝度最高で使うのが好きだったり、自動アップロードを設定していたりというバッテリーに優しくない環境で使ったために、終盤で事切れてしまいました…。

 

いや、厳密には江ノ島から戻り、藤沢駅に到着した時点でダメでしたね。充電サービスをやっているドコモショップに救われました。

 

しかしながら、以前のバッテリー節約記事でも紹介したように、省電力設定を最初から使いこなして、ただでさえ電力を多く使う動画を、電力消費の多い移動中に使うなんてことをしなければ、日帰り旅行であれば何とかなったかもしれません。

 

スマホを使って夏のレジャースポットを楽しむための結論は、以下の通りです。

 

  • スマホなら旅の記録を即アップロード、バックアップできるので楽チン。
  • 動画やSNSを楽しみたい人は、予備バッテリーを持っていると安心。
  • 食事や観光を楽しむなら、少量でも現金は持って行くべき。

 

もしも、この記事が好評なら、冬にリベンジしたい――そう思っています。みなさんのご意見・ご感想をお待ちしています!

 

スマホの操作についてはこちらの記事もチェック