センスよすぎ!思い出の写真に気象情報をプラスできる加工アプリ『InstaWeather』

2013年08月26日 16:04 by 石川雅之
InstaWeather

InstaWeather

Twitter』や『Facebook』を見ていると画像付きの投稿を見かけますが、そういった画像に気象情報や場所、日の出・日の入り等の情報を載せて、簡単に投稿できるアプリが登場しました。

 

その名も『InstaWeather』。iPhoneでも大人気で使い方は超簡単。しかもめちゃくちゃオシャレなんです。

 

カッコいいデザインで写真を投稿したい人、訪れた場所をいつもと違う形式で記録したい人におすすめです。

 

スキンを選ぶだけ!使い方は簡単
InstaWeather:起動画面。写真を撮影または画像を選択

InstaWeather:起動画面。写真を撮影または画像を選択

使い方は本アプリを起動後、写真を撮るか、ギャラリーから画像を選びます。

 

「MY PLACE」 を選択後、『Foursquare』 または『Facebook』 を選択。一覧にない場合は任意の名前を入力します。

 

 

次に画面をフリックしてスキンを選んでから「SHARE」 を押しましょう。あとは『Facebook』 などの共有先を選んで投稿するだけです。

 

InstaWeather:「MY PLACE」 からチェックイン(左)スキンを選んで、共有しよう(右)

InstaWeather:「MY PLACE」 からチェックイン(左)スキンを選んで、共有しよう(右)

 

画面右下の「SETTINGS」から「Save picture while sharing」(保存してから投稿)をチェックしておくと、後から投稿できるので便利です。また気温は摂氏か華氏かも選択できるので、海外旅行の記録にも役立ちます。

 

ここまで読んで気になったら、ダウンロード

アプリをダウンロード

 

スキンの一部を紹介

どのような画像ができるのか、スキンの一部をお見せしましょう。

 

InstaWeather:天気情報をセンスよく表示できるスキン

InstaWeather:天気情報をセンスよく表示できるスキン

 

何となく撮った写真でも、素敵な写真に早変わり!

 

InstaWeather:場所は任意の名前を入力することも可能

InstaWeather:場所は任意の名前を入力することも可能

前述の通り、場所は任意で店名などを入れることも可能です。

 

文章がなくても、いつどこにいるのか、どんな気象かなどがひと目でわかるので、「文章を考えるのが苦手…」という方にも重宝します。

 

さらに便利な有料版

本アプリには有料版『InstaWeather Pro』もあります。有料版は広告表示がなく、より豊富なスキンを使えるところが魅力。

 

無料版ではロックのかかっている「English names only」(すべて英語表記)や「Timestamp」(年月日表示の有無)も選択できるようになります。

 

InstaWeather:有料版のスキンの一部。右上に「DEMO SKIN」と表示されている

InstaWeather:有料版のスキンの一部。右上に「DEMO SKIN」と表示されている

 

気象情報をドラッグして移動できたり、シェアできるアプリが豊富だったりと使い勝手にも配慮されていてハマりました!気に入った方はぜひお試しください。

 

デジカメを使うのも楽しい

デジカメで撮ってスマートフォンに転送できる方は、より高品質な画像を使って楽しめると思います。

 

僕もデジタル一眼レフカメラで撮影した画像をスマートフォンに転送したり、スマホと使い分けて使用しています。

 

何気ない写真を思い出の一枚に変えてみませんか?

 

InstaWeather:デジカメで撮影した画像を本アプリで加工するという使い方も可能

InstaWeather:デジカメで撮影した画像を本アプリで加工するという使い方も可能

 

センスのいいカメラアプリを見つけてみよう!

<総括>

写真に気象情報を記録して、SNSに投稿できるアプリです。選択できるスキンも豊富で、とにかくデザインがカッコいい!正方形で『Instagram』ユーザには特におすすめです。有料版も便利ですが、無料版の完成度もとても高いです。センスがよいアプリはついつい使ってしまいますよね。

InstaWeather
byss mobile InstaWeather 無料

『InstaWeather』~センスよすぎ!思い出の写真に気象情報をプラスできる加工アプリ~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ