手書き入力が秀逸!紙感覚で自由に書き込める手帳アプリ『Handy Note Freeでは』

2013年08月29日 00:30 by オールイン★関谷
Handy Note Freeでは

Handy Note Freeでは

非常に使いやすく、かつ便利な機能が満載の手帳アプリ『Handy Note Freeでは』をご紹介します。

 

テキストを入力する従来の使い方の他、手書きでも簡単にメモができ、写真や画像、図形などを挿入することも可能。

 

無料でこれだけ使えるのはなかなか画期的です。ぜひ一度お試しあれ。

 

使い方に合わせてテンプレートを選ぼう

アプリを起動すると「ノートの追加」というアイコンが表れます。タップすると「日記」「ビジネス」「アカデミック」「パーソナル」といった形でタブが表示されるので、使い方に合わせて選択してください。すると、その状況に合わせたテンプレートが表示されます。

 

試しに「ビジネス」をタップして、“Minutes”というテンプレートを選んでみました。日付や時間、場所などの記入欄があらかじめ用意されたビジネステンプレートが立ち上がるので、あとは記入したい各欄をタップして情報を入力すればOKという簡単さです。

 

Handy Note Freeでは:ノート一覧(左)様々なテンプレートが選べる(右)

Handy Note Freeでは:ノート一覧(左)様々なテンプレートが選べる(右)

 

まるで紙の手帳!手書き入力が楽々

本アプリがよくできていると思うのは、手書き入力のしやすさです。

 

画面下部にTマークで表示される「テキスト」アイコンとえんぴつマークで表示される「手書き」アイコンがあります。

 

「テキスト」アイコンは、記入欄の大きさにあわせたテキストボックスが表示され、ソフトウェアキーボードでの文字打ち込みが可能。「手書き」アイコンを選べば、枠とは関係なく紙に文字を書く感覚で、手書き入力ができます。

 

Handy Note Freeでは:使い始めはヘルプが表示されるのでわかりやすい(左)文字の太さ・色・大きさなど種類が豊富で、直感的に変更できる(右)

Handy Note Freeでは:使い始めはヘルプが表示されるのでわかりやすい(左)文字の太さ・色・大きさなど種類が豊富で、直感的に変更できる(右)

 

そのTマークとえんぴつが組み合わさったアイコンを選ぶと、なんとテキストボックスに手書きで記入した文字がそのまま入力されます。画面下部には、手書き記入欄が2つ表示されます。

 

上下に交互に文字を書いていくことで、手で書いた文字が画面上で重ならず、素早く入力ができるというわけです。「ハンドライティングボックス」と名付けられているこの仕組み、斬新なUIですが非常に入力しやすくおすすめです。

 

Handy Note Freeでは:手書きで2段に交互で書き込める「ハンドライティングボックス」(左)手書き文字でも「大きさ・色変更」、「コピー&ペースト」が可能(右)

Handy Note Freeでは:手書きで2段に交互で書き込める「ハンドライティングボックス」(左)手書き文字でも「大きさ・色変更」、「コピー&ペースト」が可能(右)

 

急いでいる時などいちいち文字を打ち込んでいられないと言う場合には、手書きでサラッと書き込みそのまま保存ができるので、かなり紙の手帳に近い感覚で書き込めます。これは便利です。

 

文字のコピーやロック、フォントの大きさやスタイルの変更なども、画面下部に表示されるメニューからワンタップで選択でき、直感的に操作できます。何回か使っているうちにすぐに慣れますよ。

 

ここまで読んで気になったら、ダウンロード

アプリをダウンロード

 

ノートにロックを掛けて、ライフログ用としても使える!

ノートには文字の他に、写真や図形も入れることができます。

 

画面下部にある笑顔マークのアイコンをタップすると、ポップアップが立ち上がるので、写真や図形など入れたいモノをタップして選択してください。レイアウトは自由に変更できて使いやすいです。

 

なお、メモを作成した後もテンプレート(背景)はメニューから変えられます。

 

さらに、ノートにはロックをかけられるので、他人に覗かれる心配もありません。ライフログやアイデア帳として使っていても、これなら安心ですね。

 

Handy Note Freeでは:写真などもポップアップから挿入可能(左)「個人ノート」を選べばパスワードで内容を保護できる(右)

Handy Note Freeでは:写真などもポップアップから挿入可能(左)「個人ノート」を選べばパスワードで内容を保護できる(右)

 

ロックをかけたいノートを作る場合には、最初のメニューで「個人ノート」と表示されているアイコンからノートを作成すればOKです。パスワード設定画面が表示されるので、指示に従って任意のパスワードを設定してください。ノートだけ先に作って、後から設定することも可能です。

 

なお、有料版『Handy Note Pro』では、作成したノートのデータを『Dropbox』に保存したり『Evernote』への投稿する数の制限が解除されます。

 

『Dropbox』や『Evernote』と連携することによって、使い方の幅が広がるので、本アプリを使って気に入ったら、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

他にも便利なアプリをチェックしよう!

<総括>

手帳アプリとして直感的に使えるだけでなく、手書き入力機能がなかなか優秀。急いでいる時でも楽々と文字の書き込みができます。図形や写真も簡単に入れられますし、予定やアイデアを紙感覚で自由に入力できる、使いやすい手帳アプリとしておすすめです。

Handy Note Freeでは
AppBody (HK) Information Technology Co., Limited Handy Note Freeでは 無料

『Handy Note Freeでは』~手書き入力が秀逸!紙感覚で自由に書き込める手帳アプリ~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ