第一世代と徹底比較!新型「Nexus 7」の進化と新機能に大満足

2013年09月06日 10:30 by ホセ
第一世代と徹底比較!新型「Nexus 7」の進化と新機能に大満足
新型の「Nexus 7(2013)」をチェック!

新型の「Nexus 7(2013)」をチェック!

2013年7月26日に米国で発表された7インチAndroidタブレットの新型「Nexus 7」(以下、「Nexus 7(2013)」)。ついに、8月28日より日本でも発売開始されました!

 

早速、筆者も発売日に購入してきましたので、パワフルになった「Nexus 7(2013)」の魅力をご紹介します。

 

「Nexus 7(2013)」を徹底レビュー

 

 

第一世代のNexus 7と何が違うの?

2012年秋に、第一世代となる「Nexus 7」(以下、「Nexus 7(2012)」)が発売されました。そして約1年後の今年登場したのが、第二世代となる「Nexus 7(2013)」です。

 

では、「Nexus 7(2012)」と「Nexus 7(2013)」は何が違うのでしょう?

 

「Nexus 7(2012)」(左)「Nexus 7(2013)」(右)。「Nexus 7(2012)」は枠が銀色で横幅が広く、「Nexus 7(2013)」は枠が黒色で縦が少し長い

「Nexus 7(2012)」(左)「Nexus 7(2013)」(右)。「Nexus 7(2012)」は枠が銀色で横幅が広く、「Nexus 7(2013)」は枠が黒色で縦が少し長い

 

まず、基本コンセプトは同じです。Googleの提供しているAndroid OSの最新バージョン4.3をいち早く体験できる他、Google提供の各種サービス(MAPやGmailなど)を快適に利用できる性能を持った小型タブレット端末となります。

 

今回大きく変更されたのは性能です(2013年9月6日現在)。

Nexus 7(2012) Nexus 7(2013)
ディスプレイサイズ 約7インチ 約7インチ
解像度 1,280×800(ドット) 1,920×1,200(ドット)
インカメラ 約120万画素 約120万画素
アウトカメラ なし 約500万画素 オートフォーカス
サイズ 120×198.5×10.45mm 114×200×8.65mm
重さ 340g 290g
OS Android 4.3 Android 4.3
CPU Tegra 3 1.3GHz Snapdragon S4 Pro 1.5GHz
RAM 1GB 2GB
内蔵メモリ 8GB / 16GB / 32GB 16GB / 32GB
外部メモリ 非対応 非対応
バッテリー容量 4,325mAh 3,950mAh
充電方法 microUSB microUSB、ワイヤレス充電「Qi」
スピーカー モノラル ステレオ
Wi-Fi 対応 対応
Bluetooth 対応 対応
NFC 対応 対応
映像外部出力 非対応 SlimPort / Miracast

 

赤い文字は、性能が向上している部分です。「Nexus 7(2012)」とは違い、バッテリーの容量こそ減っていますが、ソフトの最適化により利用時間は変わらなさそうです。

 

また、CPUの性能も向上しています。ここで、主要なベンチマークテストアプリで計測してみました。

使用したアプリ Nexus 7(2012) Nexus 7(2013)
AnTuTu Benchmark 12,873点 16,953点
Quadrant Standard Edition 3,433点 5,256点
3DMark – The Gamer’s Benchmark 3,532点 9,364点

 

上記のような結果となり、やはり「Nexus 7(2013)」の方がよいスコア(点数)を獲得しています。

 

特に、3DCGの性能評価に特化した『3DMark – The Gamer’s Benchmark』で計測したところ、3倍近いスコアを出しました。「Nexus 7(2013)」ではどうやら、3DCGゲームが快適に遊べるようになっているみたいですね。

 

ワイヤレス充電「Qi」搭載でらくらく充電

「Nexus 7(2013)」は、タブレットで世界初となるワイヤレス充電「Qi(チー)」に対応しています。ドコモのスマートフォンの一部に搭載されている規格と同じで、「Qi」対応充電パッドに端末を置くだけで充電ができます。

 

タブレットでは世界初の“おくだけ充電”に対応!

タブレットでは世界初の“おくだけ充電”に対応!

 

今回、付属のAC充電のmicroUSBケーブルと、手持ちの充電パッド「パナソニック製 QE-TM101」で充電速度に違いがあるのか比較してみました。

 

30分充電したところ、下記の結果になりました。

ACアダプタ充電(付属品) 約16%増えた
ワイヤレス充電「Qi」(QE-TM101) 約9%増えた

 

大雑把な計算にはなってしまいますが、ワイヤレス充電のみで充電する場合は最大で約5時間かかるようです。つまり、睡眠時などタブレットを利用しない時はワイヤレス充電で、至急充電させたい場合はケーブルでの充電がよいようですね。

 

タブレットの映像を大画面に簡単転送!

「Nexus 7(2013)」に新しく追加された機能として、映像の外部出力があります。

 

方法は2つあります。ひとつは、有線方式の「SlimPort(スリムポート)」。「Nexus 7(2013)」のmicroUSBスロットに専用アダプタを挿し、そのアダプタからテレビに接続するHDMIケーブルを利用して映像を転送する方法です。

 

対応機種はそれほどありませんが、今後はアダプタの種類と共に増えることを期待したいですね!

 

もうひとつが、無線(Wi-Fi)経由で映像を転送する「MiraCast(ミラキャスト)」です。こちらも対応アダプタを利用しますが、映像の転送はWi-Fiを利用します。これも今後の展開に期待できそうです。

 

「MiraCast」でテレビの大画面に出力

「MiraCast」でテレビの大画面に出力

 

テレビとの連携についてはこちらもご覧ください。

 

その他の注目機能もチェック!

基本的な性能と充実したワイヤレス機能について説明してきましたが、それだけではありません。「Nexus 7(2013)」の注目すべき機能はまだまだあります。

 

美しくなったディスプレイ!

ディスプレイは、解像度が「Nexus 7(2012)」の1,280×800(ドット)から1,920×1,200(ドット)に大幅進化。実際に、文字を拡大して撮影してみました。

 

ディスプレイ。「Nexus 7(2012)」(左)「Nexus 7(2013)」(右)

ディスプレイ。「Nexus 7(2012)」(左)「Nexus 7(2013)」(右)

 

「言語」の文字の綺麗さが違うのがわかると思います。読みやすさはそれほど変わりませんが、写真にすると一目瞭然!ディスプレイのきめ細かい方がきれいに表示されます。

 

ディスプレイに汚れや傷がつかないよう、保護フィルムを貼っておくとよいでしょう。

 

薄くなった本体!

本体の厚みも、「Nexus 7(2012)」より薄くなり、持ちやすくなりました!さらに重さも約50g軽くなり、性能の向上に加えて、軽量、薄型に成功しています。

 

本体の薄さを比較。左から「Nexus 7(2012)」、「Nexus 7(2013)」(上)厚さは8.65mm。9mmを切っている(下)

本体の薄さを比較。左から「Nexus 7(2012)」、「Nexus 7(2013)」(上)厚さは8.65mm。9mmを切っている(下)

 

ステレオ化したスピーカー

スピーカーがステレオになり、動画や映画を観る際により臨場感が増すようになりました。

 

ステレオになったスピーカーで表現力もアップ!

ステレオになったスピーカーで表現力もアップ!

 

カメラ機能は4種類の機能を搭載

そして忘れてはいけないのが、今回追加されたカメラ機能。

 

500万画素カメラはフルHD動画の撮影も可能

500万画素カメラはフルHD動画の撮影も可能

 

画素数は500万画素と昨今のスマートフォンと比べると少ない画素数なのですが、フルHD動画の撮影やAndroid 4.2より採用された360°パノラマ撮影が可能です。

 

カメラは静止画、動画、パノラマ、360°パノラマの4種類の機能を搭載

カメラは静止画、動画、パノラマ、360°パノラマの4種類の機能を搭載

 

 

制限付きプロフィールで子どもの利用にも安心!

「マルチアカウント」の進化で「期限付きプロフィール」が追加

「マルチアカウント」の進化で「期限付きプロフィール」が追加

Android 4.3より追加された機能として、もともとタブレット向けにあったマルチアカウント(ひとつのタブレットで家族や友人との使い分けが可能になる機能)が進化し、「制限付きプロフィール」が追加されました。

 

この機能により、家族(お子様など)に使わせたくない機能などをロックさせることができ、安心安全にタブレットを利用してもらうことができるようになります。

 

つまり、「Nexus 7(2012)」では動画の表示やゲーム、アプリが利用できることがメインでした。そして「Nexus 7(2013)」ではワイヤレス充電「Qi」による充電や映像の外部出力、カメラによる動画撮影など、より一歩進んだ使い方が利用できるようになっています。

 

「Nexus 7(2013)」は、Google Playの他、各量販店やau取扱店でも販売していますので、「高性能な小型タブレットが欲しいな」という方は、ぜひ手にとってみてくださいね。

 

こちらも待望の国内発売!「Nexus 4」の記事も併せてチェック