【悲報】5人に1人が不眠の悩み。アプリを使った快眠術を紹介!

2013年10月01日 10:30 by 編集部しみず
【悲報】5人に1人が不眠の悩み。アプリを使った快眠術を紹介!
5人に1人が不眠の悩み。アプリを使った快眠術を紹介!

5人に1人が不眠の悩み。アプリを使った快眠術を紹介!

厚生労働省の健康情報サイト「e-ヘルスネット」の「不眠症」ページによると、日本人の5人に1人が「睡眠」に悩みを抱えているそうです。

 

睡眠がうまくとれないと、体力や思考力の低下を招き、生活習慣病などにかかりやすくなります。

 

ちゃんと寝たのに疲れがとれない、もっとスッキリ目覚めたい、など睡眠に悩んでいる方はもちろん、よりよい睡眠をとりたい方へ、快眠をサポートしてくれるアプリを紹介します。

 

andronavi編集部厳選の快眠サポートアプリ

睡眠サイクルを見直そう

 

手軽に気持ちよく眠りたい

 

徹底的に睡眠時間を管理したい方におすすめ

 

【睡眠サイクルを見直そう】

質のよい睡眠をとるために、自分の睡眠サイクルを、見直してみてはいかがでしょうか。人はレム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)を、約90分の周期で一晩に4~5回繰り返しています。

 

レム睡眠は主に情報や記憶を整理したり、ノンレム睡眠は免疫力を高めるなど、心身の健康を保つために、重要な働きをしています。

 

Sleep as Android

自分の睡眠をログ」から分析『Sleep as Android』

 

私は、平日は夜行性で睡眠時間が少なく、休日は午前中を睡眠時間に費やしてしまうので、毎日の睡眠サイクルがバラバラ。 もはや生活習慣病一歩手前まできています。これはマズいと考え、睡眠サイクルを見直すために使ったのが本アプリ。

 

日々の睡眠サイクルをグラフ化してくれます。ログをとることで、きちんとレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しているか、確認できます。

 

ログを確認して、きちんと睡眠サイクルをとれていない場合は、生活習慣の見直しやストレス改善に努めましょう。さらに、寝言を録音したり、眠りが浅くなったタイミングで起こしてくれるアラーム機能も付いています。

 

Sleep as Android:睡眠サイクルを記録。眠りの浅い時間に、アラームでスッキリ目覚めさせてくれる

Sleep as Android:睡眠サイクルを記録。眠りの浅い時間に、アラームでスッキリ目覚めさせてくれる

 

『Sleep as Android』を早速ダウンロード

アプリをダウンロード

 

詳しいレビューはこちら

 

【手軽に気持ちよく眠りたい】

ログをとるのは面倒、手っ取り早く気持ちよく寝たいんだ!という方におすすめしたいアプリを紹介します。

 

Relax and Sleep

癒やしの音源に包まれて眠ろう『Relax and Sleep』

 

よい睡眠をとるには、リラックスしていることが重要です。私が普段、寝付きが悪いのは日常に癒やしが足りないからかも!?そこで、本アプリを使用してみました。

 

雨・海・鳥など30種類の効果音を利用したヒーリングミュージックアプリです。複数の音を組み合わせて、自分だけのヒーリングミュージックを作成できます。音を聴きながら眠るのが新鮮で、気持ちよく眠りにつけました。

 

Relax and Sleep:心地よいサウンドに癒やされて眠ろう。アラーム機能も付いている

Relax and Sleep:心地よいサウンドに癒やされて眠ろう。アラーム機能も付いている

 

『Relax and Sleep』を早速ダウンロード

アプリをダウンロード

 

詳しいレビューはこちら

 

寝たまんまヨガ 簡単瞑想: 不眠解消!熟睡できるアプリ

身体をほぐして安眠できる『寝たまんまヨガ 簡単瞑想: 不眠解消!熟睡できるアプリ』

 

ぐっすり眠るためには、就寝時間前にストレッチ程度の軽い運動をすることも効果的です。そこで紹介したいのがこのヨガアプリ。インストラクターの音声ガイドを受けながら、寝たままの姿勢でヨガを実践できます。

 

心地良い疲労感が体を包み、寝落ちしてしまう可能性もあるので、寝る準備をしてから行うことをおすすめします。私は実際に寝落ちしました。目覚ましのセットもお忘れなく!

 

寝たまんまヨガ 簡単瞑想: 不眠解消!熟睡できるアプリ:ヨガで心身をリラックス状態に

寝たまんまヨガ 簡単瞑想: 不眠解消!熟睡できるアプリ:ヨガで心身をリラックス状態に

 

『寝たまんまヨガ 簡単瞑想: 不眠解消!熟睡できるアプリ』を早速ダウンロード

アプリをダウンロード

 

詳しいレビューはこちら

 

White Noise Lite

雑音をシャットアウト『White Noise Lite』

 

神経が過敏になり、時計の音で眠れない…という方、リラックスする環境を妨げる雑音を本アプリでシャットアウトしましょう。

 

快眠のための効果音が、気になる雑音を他の音で紛らわしてくれます。また、画面がナイトモードになるため、夜でも見やすいですよ。

 

White Noise Lite:静かすぎて眠れない夜に活躍。落ち着く音で雑音をカバー

White Noise Lite:静かすぎて眠れない夜に活躍。落ち着く音で雑音をカバー

 

『White Noise Lite』を早速ダウンロード

アプリをダウンロード

 

【徹底的に睡眠時間を管理したい方におすすめ】

最後に、ログをとるくらいでは物足りない!とことん睡眠と向き合い改善したい!という意識の高い方におすすめのアプリを紹介します。

 

SleepBot – Sleep Cycle Alarm

最適な睡眠時間を把握『SleepBot – Sleep Cycle Alarm』

 

就寝、起床時間を記録することで、自分の睡眠時間が、一般的な睡眠時間とどれくらいの差があるか把握できる優れモノ。「Sleep Debt=寝不足、寝過ぎ」という“睡眠の負債”を確認し、管理していきましょう。

 

ベストな睡眠時間は個人によって様々ですが、毎日記録していくことで自分に、最適な睡眠時間の把握に繋がります。

 

現在の“睡眠の負債”を確認できる眠気テストを体験できるなど、おもしろい機能も魅力です。

 

SleepBot - Sleep Cycle Alarm:アラーム設定やログを記録できる(左)理想の睡眠時間との差(Dept)がわかる(右)

SleepBot – Sleep Cycle Alarm:アラーム設定やログを記録できる(左)理想の睡眠時間との差(Dept)がわかる(右)

 

『SleepBot – Sleep Cycle Alarm』を早速ダウンロード

アプリをダウンロード

 

詳しいレビューはこちら

 

おまけ:24時間体制で管理!運動と睡眠を記録できる便利グッズ「Fitbit One™」

ログをとれるのはアプリだけではありません。最後に、運動の活動量と睡眠記録をとれるワイヤレス計測器「Fitbit One™」をご紹介。「スマホを枕元に置いたり、寝る前に触るのはちょっと…」と言う方も必見です。

 

「Fitbit One™」をリストバンドにして腕に巻くだけで、睡眠サイクルを記録。夜中に起きた回数も測ってくれます。データが蓄積されるにつれて、より快適に眠るためにどうすればよいかがわかってきますよ。

 

データは、Bluetooth経由でスマホに同期できるので、管理が簡単!しかも朝はバイブ機能で目覚められるので、家族に迷惑をかけることなく起きられます。

 

「Fitbit One™」のカラーはブラックとバーガンディの2色を用意

「Fitbit One™」のカラーはブラックとバーガンディの2色を用意

 

「Fitbit One™」が気になった方はチェック

 

グッズの詳しいレビューはこちら

 

 

いかがでしたか?疲れやすい、お肌が荒れてきた…など、あらゆる心身の悩みは実は睡眠が大きく影響しているかもしれません。

 

厚生労働省発表の「平成23年国民健康・栄養調査結果の概要」によると、成人の平均的な睡眠時間は「6時間以上7時間未満」だそうです。人生の約4分の1が睡眠時間だと考えると、起きている時間と同様に、大切に過ごしたいですよね。

 

より心地よい睡眠を得るために、紹介したアプリを使って、毎日の眠りを快適なものにしましょう!