指1本で使える効率的なランチャー!5インチ以上のスマホでも安心『Smart Task Launcher (BETA)』

2013年10月08日 16:01 by 一条 真人
Smart Task Launcher (BETA)

Smart Task Launcher (BETA)

よく使うアプリをすばやく効率的に起動するために、様々な使いこなし方や、ランチャーアプリが存在します。

 

今回紹介する『Smart Task Launcher(BETA)』は指1本で起動できて、手軽に使えます。

 

特に、5インチ以上のディスプレイサイズの大きいスマートフォンを利用している方に有効です。

 

色のついたバーから手軽に起動

アプリをインストールすると、画面右端に色のついたバーが表示されます。このバーに指を置き、画面の中心に向かってスワイプするとランチャーが起動します。

 

本アプリではこの色のついたバーを「ホットスポット」と呼びます。

 

Smart Task Launcher (BETA):画面に「ホットスポット」が表示される(左)画面の中心にフリックすることでランチャーが起動(右)

Smart Task Launcher (BETA):画面に「ホットスポット」が表示される(左)画面の中心にフリックすることでランチャーが起動(右)

 

「ホットスポット」の位置は必要に応じて調整することが可能。左手でスマートフォンを持つ人であれば、左に表示させて親指をスライドすることでランチャーを起動できます。

 

Smart Task Launcher (BETA):「設定」画面。あらゆる調整はここから行う

Smart Task Launcher (BETA):「設定」画面。あらゆる調整はここから行う

そして、表示されたランチャーから目的のアイコンをタップすることでアプリを起動できます。

 

左下に表示される本アプリのアイコンをタップすれば、設定画面に遷移します。

 

ここでは、「ホットスポット」の位置やランチャーで表示するアプリ、ランチャーのレイアウトなどを変更できます。

 

 

「ホットスポット」は調整が可能

「設定」画面で「ホットスポット」をタップすると、ホットスポットの位置、色、サイズ、動作などを設定できます。

 

より使いやすくするために、調整するとよいでしょう。

 

Smart Task Launcher (BETA):「ホットスポット」の設定画面(左)ホットスポットの幅を太くしてみた(右)

Smart Task Launcher (BETA):「ホットスポット」の設定画面(左)ホットスポットの幅を太くしてみた(右)

 

ここまで読んで気になったら、ダウンロード

アプリをダウンロード

 

「ランチャー」はカスタマイズできる

設定画面で「ランチャー」をタップすると、ランチャーの設定画面が表示されます。画面上部にランチャーのレイアウトが表示され、アプリなどのアイコンを追加したり、位置を変更できます。

 

Smart Task Launcher (BETA):「ランチャー」の設定画面(左)アクションで様々な設定を登録可能(右)

Smart Task Launcher (BETA):「ランチャー」の設定画面(左)アクションで様々な設定を登録可能(右)

 

ランチャーのレイアウトで「+」と表示されているのはブランクです。「+」をタップすると、「アクション」メニューが表示され、アプリだけでなく、リストにある中から必要なものを登録することができます。

 

表示されている場所から移動させたいアイコンを長押しすると、周囲が赤く表示されます。次に、入れ替えたい位置にあるアイコンをタップすると入れ替わります。

 

Smart Task Launcher (BETA):入れ替えたいアプリを選択(左)入れ替え完了(右)

Smart Task Launcher (BETA):入れ替えたいアプリを選択(左)入れ替え完了(右)

 

レイアウトでは縦横の表示アイコン数、サイズなどを変更できます。例えば、表示するアイコンの数を増やしたければ「行数/列数」をタップします。

 

Smart Task Launcher (BETA):レイアウトから「行数/列数」で調整(左)ランチャーのレイアウトが変更された(右)

Smart Task Launcher (BETA):レイアウトから「行数/列数」で調整(左)ランチャーのレイアウトが変更された(右)

 

増えたアイコンの枠には、アプリやアクションが登録されていないので「+」表示になっています。好きなものを入れましょう。

 

ランチャーの位置は変えられる

位置ではランチャーの表示位置を調節できます。「垂直方向のオフセット」を変更することで、ランチャーを画面下部に表示することもできます。

 

Smart Task Launcher (BETA):位置の「垂直方向のオフセット」で100%に設定(左)ランチャーが画面下部に表示された(右)

Smart Task Launcher (BETA):位置の「垂直方向のオフセット」で100%に設定(左)ランチャーが画面下部に表示された(右)

 

他にも便利なアプリを探してみよう

<総括>

「ホットスポット」やランチャーを好きな位置に表示するようにカスタマイズすることで、ユーザの目的に応じた使い勝手を実現できる柔軟性を持っています。シンプルですが、実用的なランチャーアプリだと言えるでしょう。

Smart Task Launcher (BETA)
Jskt Smart Task Launcher (BETA) 無料

『Smart Task Launcher (BETA)』~指1本で使える効率的なランチャー!5インチ以上のスマホでも安心~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ