ジェスチャー編集が便利すぎる!すべて手書きやペンで操作できる文字入力アプリ【動画あり】『MyScript Stylus (Beta)』

2013年12月04日 16:01 by 一条 真人
MyScript Stylus (Beta)

MyScript Stylus (Beta)

最近では『7notes with mazec (手書き日本語入力)』をはじめとする手書きの文字入力アプリも増えてきましたが、『MyScript Stylus (Beta)』もそのひとつです。

 

特徴はスムーズにアクティブに動作することと、編集作業も手書きで行えることです。外国製のアプリですが、日本語で入力できます。

 

独特の操作でスイスイ入力できる

本アプリの入力は、点線のベースラインに沿って手書きあるいはスタイラスペンなどで書いていくと、自動的に認識され文字に変換されていきます。この時の処理がかなりスムーズです。

 

MyScript Stylus (Beta):手書きでの入力でもスピーディに文字変換されていく(左)もちろん漢字の入力もOK(右)

MyScript Stylus (Beta):手書きでの入力でもスピーディに文字変換されていく(左)もちろん漢字の入力もOK(右)

 

編集したい文字がある場合、ジェスチャーで書き込みをすることで、削除したり、文字間隔を詰めたり開けることができます。以下に、よく使うと思われるジェスチャーを紹介します。

 

前に戻るには入力画面下部のスクロールバーをドラッグすることで行えます。修正したい文字がある場合は、その上に修正したい文字をダイレクトに書き込むと認識されて置き換わります。

 

文字の上を消すようにグチャグチャと書けば、その文字を削除できます。横線を引いて、一気に複数の文字を削除することも可能です。

 

文字間に長い線を引くと大きくスペースが開くので、追加で文字を入力できます。右上の青いペンアイコンをタップすると、文字間隔が詰まります。

 

MyScript Stylus (Beta):文字と文字の間に線を書くと挿入スペースが作られる

MyScript Stylus (Beta):文字と文字の間に線を書くと挿入スペースが作られる

 

編集した様子を動画でご覧ください。

 

 

※動画が見られない方はこちら

 

間違ってスペースを入れてしまい、文字と文字の間を詰めたい時は、そのスペースの下部に半円を書けば間隔が詰まります。

 

MyScript Stylus (Beta):文字下部に半円を書くことで文字間を詰められる

MyScript Stylus (Beta):文字下部に半円を書くことで文字間を詰められる

 

文字間を詰めた様子も動画でどうぞ。

 

 

※動画が見られない方はこちら

 

入力時に変換の選択肢が複数ある場合は、上の黒いバーに候補が複数表示されるので、変換したいものをタップして選択します。

 

入力時の注意として、「い」のような文字が数字に間違われやすいところ。ジェスチャーで改行がうまく入らない(英語入力モードだと入る)ので、画面下にあるコマンドメニュー右端のアイコンで改行を入れた方がいいことがあります。

 

MyScript Stylus (Beta):概要でも紹介されているジェスチャー編集

MyScript Stylus (Beta):概要でも紹介されているジェスチャー編集

 

ここまで読んで気になったら、ダウンロード

アプリをダウンロード

 

文字入力として利用できるよう設定

本アプリを利用するには、同種の文字入力アプリと同じく、インストール後にメインの入力方式として使うための設定を行います。セットアップでは「言語」、「有効化」、「入力方式の選択」の3ステップで操作していきます。

 

「言語を管理」では、デフォルトが英語になっているので、「その他の言語」を選択し、「日本語」にチェックを入れてデータをダウンロードします。完了したら「アクティブな言語」で「日本語」を選択します。

 

MyScript Stylus (Beta):「その他の言語」から「日本語」をチェック(左)「アクティブな言語」で「日本語」を選択(右)

MyScript Stylus (Beta):「その他の言語」から「日本語」をチェック(左)「アクティブな言語」で「日本語」を選択(右)

 

「有効化」、「入力方式の選択」それぞれで「Stylus Beta」にチェックをいれます。最後に「完了」をタップすれば設定終了です。

 

MyScript Stylus (Beta):「言語と入力」で「Stylus Beta」を有効化(左)設定完了(右)

MyScript Stylus (Beta):「言語と入力」で「Stylus Beta」を有効化(左)設定完了(右)

 

なお、インストール時の使用権限を見ていると、「辞書」へのアクセスなども含まれているのは、文字入力時の認識のサポートに使うためでしょう。

 

設定が終了すると、「概要」と「設定」のための画面が表示されます。

 

「概要」では本アプリの基本的な操作が説明されているので、はじめての人は目を通しておいた方がいいでしょう。「設定」は、とりあえずデフォルトで使ってみて、変更したいものが出たら行えばいいです。

 

本アプリの利用に向くのはどんな人?

前述のようないくつかの弱点を把握した上で使うと、本アプリは動作もスムーズで日本語文字認識率も予想以上に高いので、ある程度実用的に使えます。キーボードより手書きで入力したいという人には、選択肢の1つになるでしょう。

 

ただ、指先を使って小さな画面に手書きで入力するのは難しいと感じるので、タブレットなどで使うのがおすすめです。

 

もしくは、スタイラスペンを使うか、「GALAXY Note」シリーズのように、はじめからペン入力で使うデバイスならスマホでも問題なく利用できそうです。

 

スタイラスペンについて詳しくは、こちらをご覧ください。

<総括>

指やスタイラスペンで書ける文字入力アプリ。スムーズに動作できるだけでなく、編集作業も手書きで行えるのが魅力です。文字詰めや修正もすべて手作業。特にタブレットのような大画面のデバイスを持つユーザにおすすめです。

MyScript Stylus (Beta)
Vision Objects MyScript Stylus (Beta) 無料

『MyScript Stylus (Beta)』~ジェスチャー編集が便利すぎる!すべて手書きやペンで操作できる文字入力アプリ【動画あり】~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ