【Xperia Z1の使い方レビュー】どちらが使いやすい?「Xperia Z1 f」と大きさを比べてみた!

2013年12月21日 12:01 by 編集部おおわだ
【Xperia Z1の使い方レビュー】どちらが使いやすい?「Xperia Z1 f」と大きさを比べてみた!
「Xperia Z1 f」と「Xperia Z1」。使いやすいのは?

「Xperia Z1 f」と「Xperia Z1」。使いやすいのは?

Xperia Z1」も欲しいけど、「Xperia Z1 f SO-02F」(以下「Xperia Z1 f」)も気になるという方は多いと思います。実は僕もその一人。「Xperia Z1」を使っていますが、あのカラーやコンパクトさに魅力を感じています。

 

本記事では、「Xperia Z1」と「Xperia Z1 f」の大きさに焦点をあてて、その使い心地や端末の大きさにあった文字入力方法を紹介したいと思います。

 

「Xperia Z1」もいいけど、「Xperia Z1 f」も魅力的という方は、参考にしてください。

 

大きさとカラー展開が違う

「Xperia Z1 f」はブラック、ホワイトの定番カラーの他に、ライムとピンクといったビビットな色が特徴的です。

 

「Xperia Z1 f」のライムカラーモデル

「Xperia Z1 f」のライムカラーモデル

 

一番の違いは大きさです。幅が約65mmの「Xperia Z1 f」は「iPhone 5s」とそれほど大きさは変わりません。

 

左から「Xperia Z1」、「Xperia Z1 f」、「iPhone 5s」

左から「Xperia Z1」、「Xperia Z1 f」、「iPhone 5s」

 

「ガラケーのように片手で操作したい!」という方は、「Xperia Z1 f」がおすすめです。

 

「Xperia Z1 f」は、画面のどの部分にも指が届く(左)「Xperia Z1」は画面上部や端には、指が届かない(右)

「Xperia Z1 f」は、画面のどの部分にも指が届く(左)「Xperia Z1」は画面上部や端には、指が届かない(右)

 

キレイな画面で動画を見たいという方は「Xperia Z1」。フルHDに対応しています。動画をよく見る方は、画面も大きい「Xperia Z1」がおすすめです。

 

「Xperia Z1」はフルHDに対応。ドコモの場合は「NOTTV」にも対応している

「Xperia Z1」はフルHDに対応。ドコモの場合は「NOTTV」にも対応している

 

基本的なスペックに大きな違いはありませんが、バッテリー容量は「Xperia Z1」が3,000mAh、「Xperia Z1 f」が2,300mAhとなっています。「Xperia Z1」は画面大きい分、消費電力も高いので、その差を感じることはないと思います。

 

「Xperia Z1 f」には「手ぶくろ」モードが搭載されています。その名の通り、スマホ対応の手ぶくろ以外でも操作できるというおもしろい機能です。

 

手ぶくろをつけても、操作ができる

手ぶくろをつけても、操作ができる

 

「手軽に片手で操作ができる」という点では、「Xperia Z1 f」にはかないません。画面の大きさや操作感で好きな端末を選んでください。

 

【Z1&Z1 f対応】文字や入力パネルの大きさを変更してみよう

今回は大きさや使い勝手について紹介しているので、「小さい画面で文字が見にくい」「文字が入力しづらい」といった、スマホ特有の悩みについても、ある程度解決できる方法を紹介します。

 

「文字の大きさ」は、ピンチイン・アウト操作で画面の拡大・縮小をすればよいのですが、最初から文字の大きさを変えることもできます。

 

「設定」→「画面設定」→「フォントサイズ」から、文字の大きさを変更できます。ちなみに、Web等の文字の大きさは別途ブラウザアプリで設定する必要があります。

 

「設定」の「画面設定」→「フォントサイズ」から文字の大きさを選べる。文字の大きさの違いは一目瞭然

「設定」の「画面設定」→「フォントサイズ」から文字の大きさを選べる。文字の大きさの違いは一目瞭然

 

文字入力用のパネルですが、「Xperia」シリーズにデフォルトで搭載されている『POBox Touch』というアプリは、パネルの大きさが調整できます。

 

入力画面の左下にある「あA」というボタンを長押しすると、設定パネルが表示されるので、右から2番目上のボタンをタップして、「カスタマイズ」を選択、「サイズ調整」をタップしてみてください。

 

文字入力画面から、自由にパネルの大きさや位置を変更できる

文字入力画面から、自由にパネルの大きさや位置を変更できる

 

入力パネルの大きさを自由に変更できるようになりますね。右手で入力する方は右寄りに、左手で入力する方は左寄りといった具合に調整すれば、端末の大きさに関係なく、ある程度入力しやすくなります。

 

水色の枠で自由に文字入力パネルの大きさを変更できる(左)全体的に右に寄せた画面(右)

水色の枠で自由に文字入力パネルの大きさを変更できる(左)全体的に右に寄せた画面(右)

 

ちなみにガラケーと同じような入力方法(トグル入力)がいいという方は、設定パネルの左下のケータイのアイコンをタップしてください。ガラケーと同じように入力できるようになります。

 

「ボタンを押しても、ちゃんと反応しているかどうか分からない!」という方は、パネルの左上の「設定」ボタンをタップ。「ソフトウェアキーボード設定」→「キー操作バイブ」にチェックを入れてみましょう。

 

「ソフトウェアキーボード設定」から、文字パネルをタップした際に、バイブレーションで反応するように設定可能

「ソフトウェアキーボード設定」から、文字パネルをタップした際に、バイブレーションで反応するように設定可能

 

文字パネルをタップする度に、振動するので、ガラケーの物理キーに近い感覚になります。

 

今回は発売されたばかりの「Xperia Z1 f」との大きさ比較と、スマホ操作の重要なポイントである文字入力について紹介しました。

 

携帯電話である以上、「片手で操作したい」「慣れた使い方をしたい」という気持ちは誰にでもあると思います。アプリや端末の機能を駆使すれば、ある程度は改善できるので、皆さんもぜひ試してください。

 

「Xperia Z1」について詳しくは、こちらをチェック!

 

「Xperia Z1 f」については、こちらをチェック!

 

スマホの操作についてはこちらの記事もチェック