美しさと視認性の高いデザインを兼ね備えたお天気アプリ『1Weather』

2014年01月15日 15:02 by 松本 光範
1Weather

1Weather

『1Weather』は、ひと目で使い続けたいと思わせるスタイリッシュなデザインが特徴のお天気アプリです。

 

使いやすいUIをはじめ機能面も抜群。

 

天気だけでなく、週間の雨量や気圧、風速なども確認でき、天気に関わる仕事をしている人にも使い勝手のよい情報が満載です。

 

降水確率や気温、風速などの6つのメニュー

主なメニューは画面下に並んでいる6つ。立ち上げた際のホーム画面では、現在の気温や降水確率、風速、気圧、紫外線指数、湿度、露点温度が表示されます。

 

その他、時間や週間の天気、曜日ごとの降水確率、雲の動き、日の出・日の入りなどを切り替えて見られます。ちなみに6つのアイコンはタップのほか、スワイプでも切り替えられます。

 

1Weather:画面下のメニューから情報を切り替える。1時間毎の天気情報画面(左)週間の降水確率画面(右)

1Weather:画面下のメニューから情報を切り替える。1時間毎の天気情報画面(左)週間の降水確率画面(右)

 

画面右上のアイコンでは、情報の共有が可能。『Facebook』や『Google+』のほか、「More」をタップすれば『Twitter』や『LINE』などでも行えます。

 

便利な点は、スクリーンショットを添付できること。天気情報等とあわせて共有できるので、旅先の情報等をわかりやすく伝えることができます。

 

1Weather:共有画面。チェックを入れておけば、スクリーンショットを添付できる(左)ツイート画面には、すでにスクリーンショットが添付済み(右)

1Weather:共有画面。チェックを入れておけば、スクリーンショットを添付できる(左)ツイート画面には、すでにスクリーンショットが添付済み(右)

 

ここまで読んで気になったら、ダウンロード

アプリをダウンロード

 

背景設定やウィジェット設置も可能

スマホ本体の設定から表示できる設定画面では、更新間隔や背景、アイコンの色、単位など、様々なカスタマイズが可能です。温度は初期だと華氏設定になっているため、摂氏表示にしましょう。

 

1Weather:設定画面。まずは「華氏」を「摂氏」表示に変えておこう(左)「設定」の「Theme」から様々な画面カスタマズが可能(右)

1Weather:設定画面。まずは「華氏」を「摂氏」表示に変えておこう(左)「設定」の「Theme」から様々な画面カスタマズが可能(右)


 

また、背景やアイコンの色なども変更できるテーマ設定では、背景画像に注目。自分で撮影した画像にできる他、天候や動物、風景など、あらかじめ用意された豊富な画像から選択も可能です。どれもオシャレで、背景を選ぶだけでも楽しいです。

 

1Weather:背景は様々な素材が揃っている。さらに明るさの調整や、アイコンカラーの変更も可能

1Weather:背景は様々な素材が揃っている。さらに明るさの調整や、アイコンカラーの変更も可能

 

毎日天気情報をチェックするのは、手軽なウィジェットがマスト。

 

1Weather:ウィジェットも設置可能

1Weather:ウィジェットも設置可能

本アプリのウィジェットは5種類あり、デザインもかなりクール。スマホのホーム画面にこだわる人でも、つい置きたくなります。

 

他にも便利なアプリが揃っています!

<総括>

数あるお天気アプリですが、特筆すべきはデザインのよさです。見た目がいいだけで使いたくなります。さらに情報も細かく多岐に渡るため、幅広く活用できるアプリです。

1Weather
OneLouder Apps 1Weather 無料

『1Weather』~美しさと視認性の高いデザインを兼ね備えたお天気アプリ~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ