使わないと損!スマホのスクリーンショット機能の活用方法

2014年03月29日 12:00 by せう
使わないと損!スマホのスクリーンショット機能の活用方法
スマホのスクリーンキャプチャ機能の活用方法

スマホのスクリーンキャプチャ機能の活用方法

ケータイ(フィーチャーフォン)でブラウザの「画面メモ」を便利に使っていた人も少なくないでしょう。

 

スマホでは、ブラウザだけに留まらず、あらゆる画面を“撮影”して残しておくことができます。今回は、スマホでの画面撮影(スクリーンショット)のやり方と、便利な活用方法をご紹介します。

 

ちょっとしたメモとして利用できるので、覚えておくと非常に便利です。

 

スクショの撮り方についてはこちらも確認しよう!

 

 

どうやって撮るの?

以前、FAQでも紹介しましたが、画面撮影は難しくありません。お使いのスマホに合わせて下記のボタンを同時押しするだけで撮影できます。

 

  • Androidスマホ(Android 4.0以降):電源ボタン+ボリュームダウンボタン(※)
  • iPhone:電源ボタン+ホームボタン

 

※GALAXYシリーズは一部を除き電源ボタン+ホームボタンで可。

 

Androidスマホは原則電源ボタンとボリュームダウン同時押しで画面撮影OK(左)iPhoneは電源ボタンとホームボタンを同時押しで画面撮影(右)

Androidスマホは原則電源ボタンとボリュームダウン同時押しで画面撮影OK(左)iPhoneは電源ボタンとホームボタンを同時押しで画面撮影(右)

 

Androidスマホではメーカー・機種によってはボタン操作以外の方法で画面撮影をできることもあります。

例えば、GALAXYシリーズの比較的新しい機種では、画面を平手で左から右になぞる操作でも撮影できますし、ARROWSシリーズでは「キャプメモ」機能を使えば画面の端部をなぞると撮影できます(ただし、保存後に編集画面にそのまま行ってしまうので注意)。

 

ARROWSシリーズでは、画面の端をスワイプすると画面を撮影して、そのまま編集できる機能がある

ARROWSシリーズでは、画面の端をスワイプすると画面を撮影して、そのまま編集できる機能がある

 

撮影に成功すると、画面発光など、撮影のエフェクトが入ります。Androidスマホの場合は通知領域に結果が表示され、Android 4.1以降の機種ではプレビューや次のアクションの選択もできます。

 

Androidスマホの場合は、撮影できると通知領域に表示される(左)画像はピクチャーフォルダ内の「Screenshots」というサブフォルダに保存され、様々なアプリで利用できる(右)

Androidスマホの場合は、撮影できると通知領域に表示される(左)画像はピクチャーフォルダ内の「Screenshots」というサブフォルダに保存され、様々なアプリで利用できる(右)

 

撮影した画像はPNG形式で保存され、「ギャラリー」や「アルバム」などで確認できます。

 

iPhoneの場合は、撮影した画面は通常のカメラロールと一緒に保存される(左)アルバムアプリや、カメラロールの画像を扱えるアプリから開ける(右)

iPhoneの場合は、撮影した画面は通常のカメラロールと一緒に保存される(左)アルバムアプリや、カメラロールの画像を扱えるアプリから開ける(右)

 

 

1 2