標準ブラウザより便利!「Google Chrome」で知っておきたい機能を紹介

2014年04月19日 12:00 by せう
標準ブラウザより便利!「Google Chrome」で知っておきたい機能を紹介
「Google Chrome」で知っておきたい機能を紹介

「Google Chrome」で知っておきたい機能を紹介

皆さんは、Webサイトを見る時にどんなブラウザアプリを使っていますか?多くの方は、端末にプリインストールされている『ブラウザ』を使っていると思います。

 

しかし、昨今のAndroidスマートフォン・タブレット(以下端末)では、「ブラウザ」とは別に『Chromeブラウザ-Google』(以下Chrome)がプリインストールされていることがあります。

 

『Chrome』については、レビュー記事でも紹介しましたが、今回は、改めて『Chrome』の活用方法をご紹介します。

 

Chromeを使い始めよう
アイコンをタップして起動

アイコンをタップして起動

冒頭でも触れたとおり、最近の端末では、標準のブラウザとして、あるいはもう1つのブラウザとして『Chrome』がプリインストールされているものが多いです。

 

プリインストールされていなくても、Android 4.0以降の端末であればGoogle Playからダウンロードできます。

 

スマートフォン版の初期画面

スマートフォン版の初期画面

スマートフォン版は独自のものですが、タブレット版はパソコン版と似た構成になっています。

 

パソコンでも『Chrome』を使っている方は、タブレット版であれば違和感なく使えるはずです。

 

タブレット版の初期画面

タブレット版の初期画面

 

リンクを別のブラウザで開くように設定している場合で、開くアプリを『Chrome』にしたい時は、端末設定の「アプリケーション」から、該当のブラウザアプリを選んで「デフォルトでの起動」の設定を消去しておきましょう。
 

アプリ間連携で『Chrome』を使いたい場合は、他のアプリのデフォルト起動設定を消去(左)選択画面で『Chrome』を選ぶ(右)

アプリ間連携で『Chrome』を使いたい場合は、他のアプリのデフォルト起動設定を消去(左)選択画面で『Chrome』を選ぶ(右)

 

他のデバイスとブックマーク・閲覧履歴を共有

『Chrome』には、同じGoogleアカウントでログインしているパソコンや端末のブックマーク(お気に入り)や閲覧履歴などを共有する機能があります。

 

筆者は、パソコンでブックマークを作って、モバイル環境でそれを共有する、という運用をしていますが、従来はデータのやりとりが煩雑でした。『Chrome』では、同じアカウントでログインして同期するだけで共有できるので、本当に楽です。

 

「パソコンのブックマーク」から、使っているブックマークにアクセス(左)他のデバイスの閲覧履歴も確認できる(右)

「パソコンのブックマーク」から、使っているブックマークにアクセス(左)他のデバイスの閲覧履歴も確認できる(右)

 

データ圧縮で通信量を節約

『Chrome』には、受信データをGoogleサーバで圧縮することでやりとりするデータ量を減らす「データ使用量を節約」機能が付いています。

 

「“https://”」で始まるセキュリティが有効なアドレスやシークレットモード(履歴を残さずにブラウジングする)対象のサイト以外、全てのアクセスで有効です。

 
有効にするにはメニューから設定を開いて、「帯域幅の管理」、「データ使用量を節約」と進み、スイッチをONにするだけです。

 

『Chrome』のメニューはメニューキーのある機種(現行のGALAXYシリーズやARROWSシリーズなど)はメニューキー(左)メニューがない機種(XperiaシリーズやNexusシリーズなど)は縦3つのボタンを押す(右)

『Chrome』のメニューはメニューキーのある機種(現行のGALAXYシリーズやARROWSシリーズなど)はメニューキー(左)メニューがない機種(XperiaシリーズやNexusシリーズなど)は縦3つのボタンを押す(右)

 

特に、通信容量制限が厳しいMVNO回線で使っている場合、この機能を使えば、通信容量を気にせず、とは行かなくとも、OFFの時よりは安心して通信できます。圧縮効率はグラフで確認することもできます。

 

「データ使用量を節約」スイッチをONにすれば、一部を除くWebアクセスが全てGoogle経由となる(左)圧縮効率はグラフで確認することもできる(右)

「データ使用量を節約」スイッチをONにすれば、一部を除くWebアクセスが全てGoogle経由となる(左)圧縮効率はグラフで確認することもできる(右)

 

なお、キャリアが閉域網(インターネットを経由しないネットワーク)で提供しているサービスは、この機能が有効だと正常にアクセスできないこともあります。その場合は、機能を無効にする必要があります。
 
標準ブラウザにはない、他の端末との同期機能やデータ節約機能を持った『Chrome』。改めて使ってみてはいかがでしょうか。

 

アプリの詳細やGoogle関連記事はこちら

 

スマホの操作についてはこちらの記事もチェック