ホーム画面のアイコンを大掃除!ウィジェットがランチャーになる『Launchy Widget』

2014年04月25日 16:00 by capelito
Launchy Widget

Launchy Widget

『Launchy Widget』は、アプリやショートカット、ブックマークなどのウィジェットとしてホーム画面に置くことができるアプリです。

 

複数のアプリをひとつのウィジェットにまとめて登録することができるため、ホーム画面にスペースが少ない場合や、ホーム画面上のアイコンをまとめてスッキリさせたい場合に役立ちます。

 

ウィジェットを設置しよう

まずはホーム画面に本アプリのウィジェットを追加しましょう。サイズは1×2ですが、後からサイズを変更しての利用も可能です。

 

Launchy Widget:最大10個まで登録可能(左)機能の登録はアプリアイコンから(右)

Launchy Widget:最大10個まで登録可能(左)機能の登録はアプリアイコンから(右)

 

10個まで「Launchy」を登録できます。最初は空の「Launchy」を選択して、登録したい機能を追加していきます。作成したウィジェットのEditと書かれた本アプリのアイコンをタップすることで、機能を登録できます。

 

Launchy Widget:追加したい項目を選択(左)追加完了(右)

Launchy Widget:追加したい項目を選択(左)追加完了(右)

 

下部の「+ADD ITEM」をタップして、使用したいアプリなどを追加します。登録できるのは「アプリ」「ショートカット」「連絡先」「ブックマーク」です。種類は混ざっていても問題ないため、よく使う機能を自由に選択してください。

 

Launchy Widget:ホーム画面での追加したアイテムの見栄え

Launchy Widget:ホーム画面での追加したアイテムの見栄え

追加後にホームに戻ると、ウィジェットにアイコンが追加されている事がわかります。アイコンをタップすることでそれぞれの機能を起動できます。

 

ここまで読んで気になったら、ダウンロード

アプリをダウンロード

 

設定と便利機能を紹介

ウィジェットは上下にスワイプすることでスクロールできるため、多くのアイテムを追加していてアイコンが隠れている場合でも選択することが可能です。

 

Launchy Widget:「CONFIGURE」で設定ができる(左)「Infinite Scroll」にチェックを入れるとアイテムがループする(右)

Launchy Widget:「CONFIGURE」で設定ができる(左)「Infinite Scroll」にチェックを入れるとアイテムがループする(右)


 
「Infinite Scroll」にチェックを入れることで、ウィジェットに登録したアイテムをループさせてスクロールできるようにもなります。地味ですが便利な機能なのでおすすめです。

 

また、「CONFIGURE」タブからウィジェットのスキンの変更や、アイコンやラベルの表示/非表示の変更などの設定が可能です。
 
ちなみにアプリ内で購入できるPro版ではアイコンやラベルの大きさ、ラベルのフォントやカラーの変更などを行うことができます。

 

他にも便利なウィジェットが揃っています!

<総括>

よく使う機能だけをひとつのウィジェットにまとめておいてホーム画面の端に置いておき、上下にスワイプしてすぐ起動する、というのもスマートな使い方ではないでしょうか。単にホーム画面をすっきりさせるという使い方もできます。フォルダ代わりに利用するのも良いかもしれません。

Launchy Widget
RS Launchy Widget 無料

『Launchy Widget』~ホーム画面のアイコンを大掃除!ウィジェットがランチャーになる~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ