【決定版】ダメ絶対!スマホやバッテリーに負担をかけるNG行為5選

2014年05月16日 10:30 by プーペ
【決定版】ダメ絶対!スマホやバッテリーに負担をかけるNG行為5選
ダメ絶対!スマホやバッテリーに負担をかけるNG行為5選

ダメ絶対!スマホやバッテリーに負担をかけるNG行為5選

andronaviでは、これまでに多くのスマートフォン活用術やバッテリー節約アプリを紹介してきました。アプリを活用することで、充電を長持ちさせる効果が期待できますが、それ以上に気をつけたいのが、スマホやバッテリー本体の劣化と寿命についてです。

 

特にバッテリーは日々使用することで確実に劣化し、使い方を間違えると電池の消費が早くなっていきます。

 

本記事では、スマホを長く使い、バッテリーを長持ちさせるためにやってはいけないことをこれまでの特集から振り返っておさらいしていきます。

 

1.発熱は厳禁!充電しながらスマホを使わない

スマートフォンの充電池に使われているリチウムイオン電池には様々な長所がたくさんあります。

 

例えば、小さい割にエネルギー効率がいい、電池を使い切らずに充電をする「つぎ足し充電」への耐性があるなど、技術の進歩により電池の性能は大きく上がってきました。それでもバッテリーに負担をかける行為により、寿命が本来より短くなってしまうことはあります。

 

充電中の使用はやめよう。誤った使い方がバッテリーを劣化させる

充電中の使用はやめよう。誤った使い方がバッテリーを劣化させる

 

そのひとつがバッテリーの「発熱」です。通信を頻繁に行ったり、CPUやグラフィックチップに負荷をかけるゲームや動画アプリを起動すると、スマートフォンを流れる電流量が増えて電池そのものが発熱します。そんな状態で充電を行うと、本体・電池ともに余計に発熱させる結果となり、電池の劣化を早める原因となってしまいます。

 

詳しくは特集をチェック

 

1 2 3