電子書籍だけじゃない!Kindle Fire HDはAndroidタブレットとしてどこまで活用できる?

2014年05月28日 10:00 by 甲斐寿憲
電子書籍だけじゃない!Kindle Fire HDはAndroidタブレットとしてどこまで活用できる?
電子書籍だけじゃない!Kindle Fire HDはAndroidタブレットとしてどこまで活用できる?

電子書籍だけじゃない!Kindle Fire HDはAndroidタブレットとしてどこまで活用できる?

様々なAndroidタブレットが発売され、街中でもよく見かけるようになりました。そんな中、「Kindle Fire HD」の購入を検討している人もいるのではないでしょうか。

 

「Kindle Fire HD」は、Amazonが直販で販売するWi-Fi専用の電子書籍タブレットです。低価格が魅力ですが、それゆえに「電子書籍専用」と勘違いもされてもいるようです。いえいえ、実は「Kindle Fire HD」は立派なAndroid OS搭載タブレット端末なんです。

 

本記事では、この「Kindle Fire HD」の「Android端末な素顔」の一部をご紹介しましょう。

 

メールとブラウザはデフォルトの機能で利用可能
「Kindle Fire HD」はホーム画面の見た目が独特だ

「Kindle Fire HD」はホーム画面の見た目が独特だ

「Kindle Fire HD」がAndroid端末ではないと勘違いされている理由に、独自のUI(Fire OS 3.0 「Mojito」)とアプリケーションがあります。

 

通常のAndroid端末とはホーム画面の見た目もメールアプリもブラウザアプリも違うからです。

 

ホーム画面には慣れが少々必要かもしれませんが、メールアプリとブラウザは意外に使いやすかったりします。

 

意外に使いやすいメールアプリ

意外に使いやすいメールアプリ

まずメールアプリです。「Kindle Fire HD」では、当然ですがキャリアメールは利用できません。PCのEメールやGoogleのGmailを利用することになります。

 

Androidスマートフォンユーザであれば利用しているGmailを設定するとよいのではないでしょうか。

 

ブラウザはKindle独自の『Slikブラウザ』が搭載されています。基本的には、Android端末標準のブラウザと表示や操作は変わりません。

 

ブラウザアプリが通常とは違うので「戸惑うのでは?」という心配もしなくて大丈夫です。

 

独自マーケットでアプリを追加して活用

通常のAndroid端末がGoogle Playを利用してアプリを追加するのに対し、「Kindle Fire HD」はAmazon独自のアプリストアを利用します。

 

Amazon独自のアプリストアからアプリをダウンロードしよう

Amazon独自のアプリストアからアプリをダウンロードしよう

GoogleのPLAYストアに比べダウンロードできるアプリ数は少ないのが欠点ですが、ライトユーザであればそれほど困ることはないでしょう。

 

ただし注意点がいくつかあります。それは「Kindle Fire HD」のハードの機能の制限に起因するものです。

 

例えば「Kindle Fire HD」は、Android端末であるにもかかわらず独自仕様なので、Googleアカウントが不要となっています。よって『YouTube』、『Chrome』などのおなじみのGoogle製アプリはダウンロードや利用ができません(『YouTube』はブラウザ上で再生可能です)。

 

また、GPSモジュールが非搭載なのでナビアプリの多くが非対応です。その他にもマイクやSMSがないため『LINE』も利用できなかったり、カメラ非搭載のためカメラアプリも利用できません。

 

Twitter』や『Facebook』などのSNS系は、アプリをダウンロードしてインストールすれば楽しむ事ができます。アプリは通常のAndroid端末のものなので、画面や操作もまったく同じです。

 

「Kindle Fire HD」はこう活用しよう!

ダウンロードできるアプリのラインアップの数が限られている、『YouTube』やナビ、『LINE』が使えないことを除けば、「Kindle Fire HD」は立派なライトユーザ向けのAndroidタブレットとして活用できるでしょう。

 

例えば、自宅のWi-Fi環境下でWebを楽しんだり、メールの返信を書いて送る程度であれば、パソコンの電源をONにする機会もグッと減ると思われます。

 

またアプリを追加する事により、PDFファイルやOffice系のファイルを見ることもできるので、外出先での書類の確認や画面を見せながらのプレゼンテーションなどにも利用できそうです。

 

GPSや音声入力を必要としない限定的な使い方を主と考えているユーザには低価格でよいAndroid端末なのではないでしょうか。

 

最後に「Kindle Fire HD」のスペックは下記です。参考までにチェックしてみてください。

 

<「Kindle Fire HD」スペック一覧>

液晶サイズ 7インチ
解像度 1,280 x 800 (216ppi)
プロセッサー デュアルコア1.5GHz
RAM 1GB
内部ストレージ 8/16GB
オーディオ Dolbyオーディオ デュアルステレオスピーカー
カメラ 前面、背面ともになし
サイズ 191 x 128 x 10.6mm
重量 345g
実勢価格 ¥16,280

 

タブレットの運用を考えている方はこちらをチェック