Twitterに特定フォロワ―のつぶやきを非表示にできる「ミュート機能」が追加!これって便利なの?

2014年06月11日 12:00 by mi2_303(Mi2)
Twitterに特定フォロワ―のつぶやきを非表示にできる「ミュート機能」が追加!これって便利なの?
Twitterに特定フォロワ―のつぶやきを非表示にできる「ミュート機能」が追加!これって便利なの?

Twitterに特定フォロワ―のつぶやきを非表示にできる「ミュート機能」が追加!これって便利なの?

2014年の5月から『Twitter』に特定のユーザを非表示にする「ミュート」機能が公式の機能として実装されました。

 

公式以外のクライアントアプリにはすでに実装されていたものもあったため、待っていた方も多いと思います。

 

本記事では、ミュート機能の活用シーンを紹介します。知らなかった方はぜひ使ってみてください。フォロー数も増えてきてタイムライン(以下、TL)が読みづらくなっている方には特におすすめです。

 

Twitterのミュート機能はどんな時に使う?

特定のユーザのツイートを見たくない場合フォローを外せばよいのですが、例えば「興味のない話題が多くて見たくはないけれど、会社の同僚だからフォローを外すのはちょっと気が引ける…」なんてこともありますよね。

 

また、ツイートはおもしろくて見たいんだけど時々実況やチャット的な使い方でツイートを連投し、一時的にTLがその人だけで埋まってしまって困るなんてこともあるかもしれません。

 

相手はミュートされたことはわからない

相手はミュートされたことはわからない

そこでユーザのフォローを外さず、ツイートを非表示にできるミュート機能の出番となるわけです。

 

ミュート機能はフォローを外すのとは違い、見たくなったらいつでもミュートを解除できます。

 

しかもミュートされたことは相手には伝わりませんのでご安心ください。

 

ミュートの手順

ミュートの方法は、TL上からミュートしたいユーザのツイートをタップしてメニューを開き、「ミュート」をタップします。またユーザページからミュートすることも可能です。

 

ミュートしたいユーザのツイートもしくはユーザページからミュートが設定が可能(左)ミュートアイコンをタップで解除ができる(右)

ミュートしたいユーザのツイートもしくはユーザページからミュートが設定が可能(左)ミュートアイコンをタップで解除ができる(右)

 

この操作でミュートは完了しますが、ミュートされるのは以降のツイートからとなりTL上にはそのユーザのツイートは残ったままです。

 

アプリケーションの管理からTwitterのデータを削除するとTLをクリアできる

アプリケーションの管理からTwitterのデータを削除するとTLをクリアできる

TL上に残っているツイートを非表示にしたい場合は、Twitterアカウントをログアウトして再度ログインする方法と、Androidの設定の中のアプリケーションの管理からTwitterアプリのデータを消去する方法があります。
 

アプリケーションの管理からデータを消去した場合、アカウントの設定はそのまま残るので、ミュート以外のTL、メンション、DMなどを再取得することになります。タイミングによっては取得できないデータもあるかもしれませんのでご注意ください。

 

使い方次第で便利になる

ミュート機能は見たくないユーザのツイートを非表示にするため、少し悪いイメージがあるかと思いますが、工夫すると便利に使えます。

 

フォロー数が多くTLの流れが速い場合、特定のユーザでリストを作り個別にチェックという使い方ができます。この時リストに加えたユーザをミュートするとTLの表示数が減るため、TLを整理できます。

 

TLがスッキリして、尚かつリストでミュートしたユーザのツイートをチェックできる、まさに一石二鳥というわけです。

 

リストに入れるユーザをミュートしてTLをスッキリ!(左)ミュートしてもリストならツイートを確認できる(右)

リストに入れるユーザをミュートしてTLをスッキリ!(左)ミュートしてもリストならツイートを確認できる(右)

 

もうひとつミュートの使い方を紹介しておきましょう。公式Twitterではユーザのリツイートを非表示にできます。

 

例えば、友人のリツイート情報は役に立つ情報もあるけれど、興味のないサイトや面識のない友人の情報を決まってリツイートしていて、見たくない情報まで見えてしまうことがありませんか?

 

ここでは「andronaviをフォローしていて、ニュースのリツイートは役に立つけれど、TLに出るAさんのリツイートだけ興味ないんだよな」と思った場合を仮定します。

 

リツイートは情報の拡散に役立つが、興味がない情報も流れてくる(左)リツイートしたユーザのリツイートを非表示にすると、全リツイートを非表示にできるが、ためになる情報を見逃す場合がある(右)

リツイートは情報の拡散に役立つが、興味がない情報も流れてくる(左)リツイートしたユーザのリツイートを非表示にすると、全リツイートを非表示にできるが、ためになる情報を見逃す場合がある(右)

 

そんな時はandronaviのリツイートを非表示にするのではなく、リツイート元のAさんをミュートすることでリツイートを非表示にできます。

 

リツイートされたユーザをミュートすることで、必要な情報だけ得よう

リツイートされたユーザをミュートすることで、必要な情報だけ得よう

Aさんをフォローしていなくても、AさんをミュートすることでTLにリツイート表示されなくなるので便利ですよ。

 

ミュート機能は一時的にユーザを非表示にできる機能です。この機能を上手く使ってTwitterをもっと楽しんでみてください。

 

あまり神経質にならず、できればミュートをせずに様々な人とコミュニケーションをすることも大事です。

 

 

Twitterの使い方の詳細は、こちらも合わせてチェック

【楽天はこちら】