マイクロソフト純正! リモートデスクトップアプリ『Microsoft Remote Desktop』

2014年07月01日 15:00 by いのたしん
Microsoft Remote Desktop

Microsoft Remote Desktop

PCに接続し、スマートフォンやタブレットを使って、いつでもどこでもPCを利用できるようにしてくれるリモートデスクトップアプリ。

 

仕事で使うにしろ趣味で楽しむにしろ、さまざまな利用方法を考えられる便利なアプリです。

 

今回はそんなリモートデスクトップアプリの中から、『Microsoft Remote Desktop』をご紹介。その名の通り、マイクロソフト純正のアプリです。

 

まずはOSバージョンを確認

本アプリの紹介の前に、注意点です。このアプリで接続できるのは、Windows OSを搭載したPCなのですが、OSバージョンにも制限があります。接続可能なOSバージョンについては以下の表で確認してください。

 

Windows 8/8.1 Windows 8.1 Pro
Windows 8.1 Enterprise
Windows 7 Windows 7 Professional
Windows 7 Ultimate
Windows 7 Enterprise
Windows Vista Windows Vista Business
Windows Vista Enterprise
Windows Vista Ultimate

 

PCのリモートデスクトップ接続を許可

本アプリの使い方ですが、まずはPC側の設定から行います。PCをリモートデスクトップ接続可能な状態にしておく必要があります。

 

Microsoft Remote Desktop:PC側のリモートデスクトップ接続を許可する

Microsoft Remote Desktop:PC側のリモートデスクトップ接続を許可する

 

コントロールパネル→システムとセキュリティ→システムから「リモートの設定」を選び、「リモートデスクトップ」の接続を許可しましょう。

 

Wi-Fiとインターネット経由で異なる設定

続いてアプリ側の設定ですが、「1.同一Wi-Fiネットワーク上にあるPCに接続する場合」と「2.インターネットを介してPCに接続する場合」では、設定方法が異なります。

 

また、インターネット経由の場合は追加でPC側の設定も必要です。それぞれの場合について説明していきます。

 

1.同一Wi-Fiネットワーク上にあるPCに接続する場合

同一Wi-Fiネットワーク上にあるPCに接続する場合は、比較的簡単に設定できます。本アプリ左下の「+」アイコンをタップし、リモートデスクトップ接続追加画面を開き、必要な情報を入力していきます。

 

Microsoft Remote Desktop:Wi-Fi経由の接続設定

Microsoft Remote Desktop:Wi-Fi経由の接続設定

  • (1)はリモートデスクトップ接続の名称です。自分にとってわかりやすい名前を自由につけましょう。
  • (2)にはPCのローカルIP、もしくはPC名称を入力します。ローカルIPはコマンドプロンプトのipconfig等で調べることができます。
  • (3)、(4)にはWindowsにログインする際のユーザー名とパスワードを入力します。入力が終わったら右上のチェックマークをタップします。これで設定完了です。

 

あとはスマートフォンがPCと同一ネットワークにWi-Fi接続されている状況で、リストから接続名称をタップすれば、PCに接続できます。

 

ここまで読んで気になったら、ダウンロード
アプリをダウンロード

 

2.インターネットを介してPCに接続する場合

インターネット経由でPCにリモートデスクトップ接続する場合、まず接続に利用するポート開放を行う必要があります。

 

ポート開放はお使いのルータによって方法が違いますので、ルータのマニュアル等を見て設定してみてください。リモートデスクトップ接続用のポートは、デフォルトでは3389となっていますので、このポートを解放してみてください。

 

また、セキュリティソフトを利用されている場合は、セキュリティソフトのファイアウォールでもポート開放を行う必要があります。こちらもお使いのセキュリティソフトのマニュアルを参照しながら開放してみてください。

 

続いてアプリの設定です。同一Wi-Fiネットワークの時と同様にリモートデスクトップ接続追加画面を開き、必要な情報を入力します。

 

Microsoft Remote Desktop:インターネット経由の接続設定

Microsoft Remote Desktop:インターネット経由の接続設定

  • (1)は同じくリモートデスクトップ接続の名称です。
  • (2)にはPCのグローバルIPアドレスを入力します。グローバルIPアドレスの調べ方ですが、検索すれば確認できるサイトなどがいくつも見つかると思います。
  • (3)、(4)にはやはりWindowsにログインする際のユーザー名とパスワードを入力します。入力が終わったら右上のチェックマークをタップし、設定を保存します。

 

あとは保存した接続をタップすれば、PCに接続できます。

 

安定した操作感キーボードはAndroid側を利用

リモートデスクトップでの操作ですが、マウスポインタはスワイプ操作で動かすことができます。Windows 8ならばタップ操作にも対応しています。

 

画面上部の半透明の黒いバーをタップすると、各種キーや画面拡大等のボタンを表示できます。

 

Microsoft Remote Desktop:Android端末側のキーボード

Microsoft Remote Desktop:Android端末側のキーボード

 

黒いバーに表示されているキーボードアイコンをタップすると、Android端末側のキーボードが表示され、文字入力が可能となります。

 

他にも便利なアプリが揃っています!

<総括>

マイクロソフト純正リモートデスクトップ接続アプリ。音声伝送や、Windows 8・8.1のタッチ操作にも対応。動画を視聴するにはややストレスを感じますが、ちょっとしたPC作業程度なら十分行うことが可能です。話題のゲーム「艦隊これくしょん~艦これ~」も、外出先で遊ぶことができますよ!

Microsoft Remote Desktop
Microsoft Corporation Microsoft Remote Desktop 無料

『Microsoft Remote Desktop』~マイクロソフト純正! リモートデスクトップアプリ~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ