チャリ旅に最適なナビアプリを使って、サイクリングしよう『自転車NAVITIME』

2014年07月13日 12:00 by ホセ
自転車NAVITIME

自転車NAVITIME

『自転車NAVITIME』は、その名の通り自転車向けのナビアプリで、ナビアプリ大手の『NAVITIME』の自転車版です。

 

ルート検索以外にも、Googleマップナビなどでは伝えてくれないサイクリングロードなどを道案内してくれたり、走行ログ(走行したルートの確認)を記録できるなど、自転車好きにはたまらないアプリです。

 

スポーツ自転車を趣味としている人や、自転車でちょこっと冒険をしたいなという人、自転車で初めての場所に行きたいなという人におすすめです。

 

※端末によって、アプリをダウンロードできない場合があります。

 

『自転車NAVITIME』でできること

このアプリでできることは以下のようになります。

 

自転車NAVITIME:シンプルで使いやすい「ルート検索」

自転車NAVITIME:シンプルで使いやすい「ルート検索」

「ルート検索」…自転車に特化したルートを検索できる他、「サイクリングロード優先」など好きなルートを選べます。

 

自転車にとってバイパスなど大通りは怖いもの。そこで「サイクリングロード優先」や「裏通り優先」はうれしいですね。

 

自転車NAVITIME:「走行ログ」を記録してくれる

自転車NAVITIME:「走行ログ」を記録してくれる

「走行ログ」…自分がどのようなルートを通って走ったのかなと後で見返せる記録機能です。ナビ機能を利用せずにログ取得のみも可能です。

 

自転車NAVITIME:よく行く場所を登録可能

自転車NAVITIME:よく行く場所を登録可能

「履歴/MY地点/自宅」…好きな場所を登録できます。

 

よく行く場所、行きたい場所、行った場所、自宅などを登録可能。あらかじめ調べた場所を設定しておくと便利ですね。

 

自転車NAVITIME:全国の「サイクリングロード」情報をチェック!

自転車NAVITIME:全国の「サイクリングロード」情報をチェック!

「サイクリングロード」…おすすめの全国サイクリングのルートを12ルート紹介してくれます。

 

自転車NAVITIME:現在地周辺の地図を表示

自転車NAVITIME:現在地周辺の地図を表示

「マップ」…現在位置を含めた周辺地図を表示します。スマホが向いている方向もわかるので、道に迷ってしまった場合に便利です。

 

上記以外にも、周辺検索として「食事」や「コンビニ」以外にも「自転車ショップ」を検索できるのは本アプリならでは。また、自宅の住所を設定しておくと、すぐに自宅へ帰るという機能も利用できます。

 

ここまで読んで気になったら、ダウンロード

アプリをダウンロード

 

実走行でマルチな性能を発揮!

それでは、具体的に使ってみましょう。まずは出発地点を選びます。

 

自転車NAVITIME:出発地を指定

自転車NAVITIME:出発地を指定

基本は現在地からのスタートで、それ以外にも「自宅」「登録した場所」「周辺」「距離」から選択できます。

 

自転車NAVITIME:往復の距離を考えて設定

自転車NAVITIME:往復の距離を考えて設定

「距離」では指定した場所から○○km離れた場所あたりにあるものを選択できます。

 

例えば「今日は100kmぐらい走りたいな」という場合、50km先の目的地を選ぶと便利ですよ。

 

自転車NAVITIME:経由地も設定できる

自転車NAVITIME:経由地も設定できる

また「経由地」も選択できるので、自宅から目的地の間に食事ポイントをとりたいな、という場合に役立ちますね。

 

自転車NAVITIME:指定した距離が円で表示される

自転車NAVITIME:指定した距離が円で表示される

それでは、「東京駅」から30km程度離れたラーメン屋を目指します!「距離」で選択した場合、赤い円でおおよその場所がわかるので、行きたい方面を選べます。

 

自転車NAVITIME:平均速度やルートを選択

自転車NAVITIME:平均速度やルートを選択

さらに「詳細設定」では、平均速度や7種類のルートからどれを検索するかを選べます。

 

ママチャリなどのシティサイクルは時速10~15km/h、クロスバイクやマウンテンバイクは15~20km/h程度、ロードバイクは20km/h~がよさそうです(スピードの出しすぎに注意しましょう)。

 

自転車NAVITIME:地図を見ながらルートを決められるのは便利

自転車NAVITIME:地図を見ながらルートを決められるのは便利

次の画面に出てくるルート詳細では、実際に地図を見ながらルートを決められます。

 

「ここは通りたくないな」や「こんなに大回りはいやだな」という場合に、好きなルートを選べるのは便利だと思います。

 

自転車NAVITIME:ログが記録できるが、その分バッテリーも消費する

自転車NAVITIME:ログが記録できるが、その分バッテリーも消費する

ナビを開始する際に「ログ記録も開始する」か、どうか聞かれます。後で見返したい場合には記録しましょう(バッテリーの消費が増えます)。

 

自転車NAVITIME:高低差のグラフも見やすい

自転車NAVITIME:高低差のグラフも見やすい

ルート中には高低差グラフも表示できます。自転車で走っているとちょっとした坂でもキツイ場合があります。その際に、「ここで休憩しようかな」などの目安になりますね。

 

自転車NAVITIME:画面OFFでも音声ナビをしてくれる

自転車NAVITIME:画面OFFでも音声ナビをしてくれる

スマートフォンのバッテリー消費は抑えたいもの。特に自転車で利用している際のスマホバッテリー状況は非常に気になります。

 

ナビ中の画面をOFFにする節電モードでは、「画面オフ」「更新頻度低下」をしてバッテリー消費を極力減らします。しかし、音声ナビはそのまま継続するので、安心できます。

 

自転車が趣味な方にも、ちょこっとポタリング(自転車を使った散歩)に行くにも最適なアプリとなっています。なお、すべての機能を利用するには、ケータイキャリア決済月額200円(税別)、GooglePlay決済月額300円(税別)となっています。

 

スマホと自転車ならこちらが相性バツグン!

 

『NAVITIME』はこちらのアプリもチェック!

<総括>

Googleマップナビなどでは伝えてくれないサイクリングロードなどを道案内してくれる、自転車に特化したナビアプリ。自転車が趣味な人にはうれしい高低差確認や、画面OFF機能を利用できるアプリはなかなかない上に、音声ナビや走行ログを取得できるマルチなアプリに仕上がっています。

自転車NAVITIME
NAVITIME JAPAN CO., LTD. 自転車NAVITIME 無料

『自転車NAVITIME』~チャリ旅に最適なナビアプリを使って、サイクリングしよう~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ