容量制限、大丈夫?スマホ・タブレットの通信量を知る方法

2014年07月27日 12:00 by せう
容量制限、大丈夫?スマホ・タブレットの通信量を知る方法
スマホ・タブレットの通信量を知る方法

スマホ・タブレットの通信量を知る方法

スマホのパケット通信量の調べ方はご存知ですか?

 

各キャリアは、複数の携帯電話・スマホ・タブレットで通信容量を共有・贈与できる料金プランをスタート。通信量を抑えて安価にスマホを維持できる仮想通信事業者(MVNO)も多数出てきました。

 

コンテンツ面では、動画、電子書籍、クラウドストレージと、通信を多用するものが多くなってきています。

 

私たちも、環境の変化に合わせて通信量への意識を高めなくてはいけない訳ですが、肝心の「通信量の調べ方を知らない」という方も少なくないでしょう。

 

そこで、「確実」、「簡単」そして「比較」の3つの観点でスマホの通信量を調べる方法をご紹介します。

 

格安SIMサービスをチェック

 

確実:キャリアの通信量確認サイト・アプリを使う方法

通信量を調べる際、一番確実なのは、各キャリアが用意している通信量確認サイトを利用することです。とりわけ、ほかの回線(家族)の利用分も把握する必要があるドコモとソフトバンクの新プランでは、サイトでの確認が一層大切となります。

 

ドコモ・au・ソフトバンクのLTEスマホ・タブレットのWebブラウザから確認する方法は以下の通りです。

 

<ドコモ>

dmenuにアクセス→「お客様サポート」→「ご利用データ量確認(当月分)」→ネットワーク暗証番号入力(spモード接続中)またはdocomo IDでログイン(spモード以外)

 

<au>
auスマートパスにアクセス→「お客さまサポート」「昨日までの利用料金 / データ通信料の確認」→au IDでログイン→「月間利用ギガバイト数の内訳はこちら」

 

<ソフトバンク>
My SoftBankにアクセス→「契約内容の確認」→「データのご利用状況を確認する」

 

ドコモとソフトバンクは、ほぼリアルタイムで通信量をチェックできますが、auでチェックできるのは前日までの通信量となります。ソフトバンクのサイトは厳密には通信速度制限がかかるまでの残容量を表示するものですが、引き算をすれば、現在までの通信容量を算出できます。

 

ドコモ(左)au(右)の通信量確認サイトの画面

ドコモ(左)au(右)の通信量確認サイトの画面

 

MVNOを含めた他のキャリアでも、通常、オンラインで通信量をチェックするサイトやアプリなどを提供しています。ご自身がお使いのキャリアの通信容量チェック方法はしっかり把握しておきましょう。

 

ソフトバンク(左)MVNOサービスのひとつ「IIJmio高速モバイル/Dサービス」のバンドルクーポン(高速通信可能容量)の通信残量表示画面(右)

ソフトバンク(左)MVNOサービスのひとつ「IIJmio高速モバイル/Dサービス」のバンドルクーポン(高速通信可能容量)の通信残量表示画面(右)

 

簡単:端末の通信量計測機能を利用する方法

AndroidやiOSには、OS単体でモバイル通信(LTE/3G/GSM)の通信量を計測する機能が付いています。端末に備わっている機能なので、単純にその端末の通信量を簡単に計測できます。

 

<Android>
Androidでは、端末設定から確認できますが、メーカーや機種によって名称や項目が置いてある場所が異なります。

 

例えば、富士通の「ARROWS NX F-05F」では、「データ通信・機内モード」の項目に「データ使用」という名称で、LG電子の「isai LGL22」では、「ネットワーク」タブに「モバイルデータ」という名称で存在しています。

 

「F-05F」(左)と「LGL22」(右)のデータ通信量確認画面。見た目や名前は若干は異なるが、機能は同じ

「F-05F」(左)と「LGL22」(右)のデータ通信量確認画面。見た目や名前は若干は異なるが、機能は同じ

 

名称等が異なっても、機能は概ね同じです。端末全体での通信量、アプリ・機能ごとの通信量を確認できるだけでなく、あらかじめ設定したしきい値で警告を発したり、モバイルデータ通信を強制的にオフにする機能も付いています。

 
<iOS>

iPhoneのデータ通信量表示。アプリごとにモバイル通信をオフにすることも同じ画面から可能

iPhoneのデータ通信量表示。アプリごとにモバイル通信をオフにすることも同じ画面から可能

iPhoneやiPadでは、設定の「モバイルデータ通信」項目から端末全体の通信量、アプリ・機能ごとの通信量を確認できます。ここから、アプリごとにモバイルデータ通信を無効にする機能も付いています。

 

Androidと異なり、期日を定めて自動的にカウントをリセットすることはできませんので、リセットしたい時は項目の一番下にある「統計情報のリセット」をタップしましょう。

 

比較:アプリでWi-Fiの通信量と比較する方法

端末での通信量計測では、基本的にモバイル通信を対象(※Wi-Fiの通信量を計測できる機種もあります)としています。Androidでは、アプリを使うことで無線LAN(Wi-Fi)の通信量も一緒に計測できます。

 

Google Playで「通信量」をキーワードにして検索すると、すごくたくさんのアプリが出てきますが、筆者としては『簡易通信量チェッカー』と『通信量・通信速度モニター』がおすすめです。

 

筆者がおすすめする『簡易通信量チェッカー』(左)と『通信量・通信速度モニター』(右)モバイル通信だけでなく、Wi-Fiの通信量もチェックできる

筆者がおすすめする『簡易通信量チェッカー』(左)と『通信量・通信速度モニター』(右)モバイル通信だけでなく、Wi-Fiの通信量もチェックできる

 

前者は、ちょっと古めのアプリですが、数字でシンプルに通信量をチェックできます。後者はグラフなどを使って分かりやすく通信量を比較できます。

 
最初に述べた通り、通信量に対して意識を高める必要が高まっています。自分のスマホ・タブレットの通信量を知ると料金プランの見直しもしやすくなります。ぜひ、今回の記事を参考に自分の通信量を把握できるようにしましょう。

 

スマホの通信量については、こちらの記事もチェック

【楽天はこちら】