どれを選べばいい!?格安SIMサービス主要12社をまとめて比較してみた

2014年10月17日 10:30 by ホセ
どれを選べばいい!?格安SIMサービス主要12社をまとめて比較してみた
格安SIMサービス主要12社をまとめて比較してみた

格安SIMサービス主要12社をまとめて比較してみた

ここ最近、家電量販店にてにぎわいを見せている格安SIM。NTTドコモやKDDIの通信キャリアが提供するデータ専用プランよりも、手頃な料金で利用できるのが最大の特徴です。

 

さらに、おおよそ半年に1回ペースで料金プランの改定があり、競争の激しいジャンルとも言えそう。逆に、選ぶ側からは「何を選べばいいの?」となってしまいそうですよね。

 

そこで、主要12社の格安SIMをサービスを比較してみました。ぜひとも、格安SIMを選ぶ保存版になればと思います。

 

ちなみに、格安SIMサービスの中には、いくつかプランが存在します。今回は、最も手頃な料金で契約できるプランで比較をしてみました!

 

こちらもオススメです!

 

格安SIMサービスを比較

 

こんなに違う!各種格安サービス

今回選ぶ格安SIMは12種類。それぞれを紹介していると膨大な分量になってしまいますので、スッキリと表にしてみました。

 

サービス名 プラン 月額料金 データ通信上限 最高通信速度(下り) SMS 通話 Wi-Fiスポット
BIC SIM ミニマムスタートプラン 900円 2GB/月 最大150Mbps ○(+140円/月) ○(+700円/月) ○(無料)
WirelessGate Wi-Fi+LTE 480円プラン 444円 - 最大250Kbps ○(+138円/月) - ○(無料)
U-mobile データ専用1GB 790円 1G/月 最大150Mbps ○(+150円/月) ○(+790円/月) -
b-mobile X SIM プランI 900円 1.01G/月 最大150Mbps - - -
mineo シングルタイプ1GB 980円 1G/月 最大150Mbps -(通話機能付き契約のみ○) ○(+610円/月) -
BIGLOBE LTE・3G エントリープラン 900円 1G/月 最大150Mbps ○(+120円/月) ○(+700円/月) ○(無料)
OCN モバイル ONE 70MB/日コース 900円 70MB/日 最大150Mbps ○(+120円/月) - -
So-net「PLAY SIM」 プラン80M/day 880円 80MB/日 最大150Mbps - - -
楽天ブロードバンドLTE エントリープラン 834円 300MB/月 最大150Mbps - - -
ServersMan SIM ServersMan SIM LTE 467円 - 最大250Kbps ○(+143円) ○※IP電話(+300円) -
IIJmio SIM ミニマムスタートプラン 900円 2GB/月 最大150Mbps ○(+140円) ○(+700円) -
イオンSIM 音声通話スタートプラン 1,560円 使い放題 最大200kbps ○(契約内) ○(契約内) -

※料金は全て税別です

※別途ユニバーサルサービス料(3円/月)が発生します

※上記プランは2014年10月8日現在のものです

 

表にしただけでも、それぞれが大きく違うのがよくわかると思います。

 

手頃なものでは500円未満の格安SIMから、900円で2GBまでの高速通信に対応したプラン、さらにWi-Fiスポットの契約が入っているものなど様々です。

 

料金や通信速度、データ容量はサービスごとに様々ある

料金や通信速度、データ容量はサービスごとに様々ある

 

しかしながら、ただ表にしただけでは「ふ~ん」となってしまいがちです。そこで、タイプ別にみるおすすめのプランを紹介してみましょう!

 

タイプ別にみるオススメ格安SIMプラン

auのスマートフォンを使っている方

SIMフリーではなくKDDIのネットワークに対応したモデルを使っている方向けとなりますが、「mineo(マイネオ)」のみとなります。他の格安SIMがNTTドコモのネットワークを使うのに対して、この「mineo」はKDDIのLTEネットワークを使います。

 

したがって、auのスマートフォンに格安SIM使いたいという場合は、こちらのサービスを利用してください。

 

とにかく安く維持したい!

「WirelessGate」の480円プランが良いでしょう。ワンコイン(500円)でもお釣りが来る、税込で480円のプランです。

 

通信速度こそ、最大250Kbpsと低速ですが『LINE』でのやりとりなど、ごく簡単なSNSであれば問題なく使うことができます。さらに、無料でWi-Fiスポット契約もついてくるのがポイント。高速通信を利用したい場合はWi-Fiスポットで行うことができます。

 

コストパフォーマンスの良いプランがいい

「BIC SIM」がおすすめ。900円で高速データ通信量は2GBまで利用できます。さらに、無料のWi-Fiスポットもついてきますので、コストパフォーマンスは抜群でしょう。

 

機能の充実したプランが良い

BIGLOBE LTE・3G」がおすすめ。120円の追加でSMSが、700円の追加で音声通話に対応するほか、無料Wi-Fiスポットが利用できるうえ、専用アプリで自動切り替えができる、Androidスマートフォン向けウィルスチェックアプリが無料で利用できる(最長12カ月)など、とにかく至れり尽くせりなサービスです。

 

今回は12のサービスを比較してみましたが、格安SIMはおおよそ半年から1年という短い期間でサービス内容を改定(しかも値下げの方向!)しています。今回紹介したサービス、プランを踏まえた上で、格安SIMデビューしてみても良いかもしれませんね!

 

格安SIMサービスについては、こちらもチェック

【楽天はこちら】