スマホの設定でよく目にするHDやフルHD何がどう違うの?

2014年11月20日 12:00 by ホセ
スマホの設定でよく目にするHDやフルHD何がどう違うの?
HDとフルHDの違いは?

HDとフルHDの違いは?

ケータイのカタログや、スマートフォンの設定でよく目にする「HD」や「フルHD」はいったい何が「フル」なのでしょう。その違いについて解説してみます。

 

ケータイの性能カタログや、スマートフォンの設定画面で「HD」の文字を目にした人も多いと思います。

 

だいたいのニュアンスで、「HD」は綺麗なのだろうなぁ、ということがわかりますし、おおよそ間違ってはいません。

 

さらに最近では、「フルHD」という言葉も出てきました。いったい何が「フル」なのでしょう。「振る」のかな、と、流石に思っている人は居ないと思いますが、両者の違いを解説していきましょう。

 

「HD」と「フルHD」はここが違う!

まず、そもそも「HD」というのは何でしょう。これは、「High Definition(ハイ ディフにッション)の略で、直訳すると「高い 精細度」ということ。

 

つまり、高解像度ということになります。実際に使うのは、写真の時の設定だと思いますが、短いほうを720個のドット(点々)で写真を表すものを「HD」画質、さらに短いほうを1080個のドットで写真を表すものを「フルHD」と表現しています。

 

つまり、「フルHD」は、「最高な高精細」という表現方法なのです。(厳密には全てのハイビジョンコンテンツを表示できる精細度)。

 

つまり、「HD」よりも「フルHD」のほうが高精細なのかな、と思うと良さそうですね。なお、スマートフォンで言う「HD」と「フルHD」は以下のようになります。

 

  • 「HD」→1280 x 720
  • 「フルHD」 →1920×1080

 

数字が大きいほうが高精細だと思って下さい。写真にすると、その差が歴然となります。まずは写真で比べてみましょう。

 

HD画質の写真(上)フルHD画質の写真(下)撮影:AQUOS PHONE SH-06E

HD画質の写真(上)フルHD画質の写真(下)撮影:AQUOS PHONE SH-06E

 

いかがでしょうか。ぱっと見よくわからないですよね。それでは中心付近を拡大してみます。

 

HD画質の写真(上)フルHD画質の写真(下)撮影:AQUOS PHONE SH-06E

HD画質の写真(上)フルHD画質の写真(下)撮影:AQUOS PHONE SH-06E

 

中心付近を拡大処理しています。どうでしょうか。ケータイの「5」のキーを拡大してみました。HDのほうが四角いギザギザがよく見えると思います。

 

写真は、この四角いギザギザが細かければ細かいほど、「高精細」と言えるのです。この違いが、「HD」と「フルHD」の違いなのです。

 

「HD」と「フルHD」のメリット・デメリットはこれだ

ここで、「HD」と「フルHD」のメリット・デメリットを比較してみましょう。

 

「HD」

  • メリット : データの容量が少なくて済む
  • デメリット : 最近の最新モデルではディスプレイがフルHDなので、拡大すると粗さが目立つ

 

「フルHD」

  • メリット : 写真を拡大しても比較的綺麗
  • デメリット : データ容量が大きくなる

 

という差があります。実際、先ほどの写真では、「HD」よりも「フルHD」のほうが2倍容量を使います。写真でこうですから、動画ですともっと顕著です。

 

SNSへ投稿、自分で観る用では「HD」を、誰かにあげるよう、壁紙用では「フルHD」で撮影するのが良さそうですね。

 

次回はワンセグとフルセグの違いについて解説します。